IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

社会人におすすめの資格人気ランキング|働きながら勉強するコツ

ビジネスマナー

少しずつ景気が良くなっていますがこれからどうなるかはいまだにはっきりしませんね。ここではそんな中で社会人におすすめの資格、転職に有利な資格・人気ランキング、社会人が働きながら勉強するコツなどを踏まえてお話をさせていただきたいと思います。

更新日時:

社会人におすすめの資格(転職に有利な資格・人気ランキング)

中途社会人採用で求められる資格は多くありますが、その中で最も必須条件とされている資格は「普通自動車免許第一種」です。顧客を訪問するスタイルの営業職や、建設現場に足を運ぶケースが多い建築/土木系は、自動車免許を必須の資格となります。 医療系ですと、 ・「薬剤師」 ・「MR(医薬情報担当者)」 ・「臨床検査技師」 などの資格を要求されることが多いようです。 建築系ですと ・「建築士一級」 ・「建築士二級」 ・「建築施工管理技士1級」 などが多いようです。 「宅地建物取引主任者」も営業系や不動産系の専門職などで需要が多いようです。 「日商簿記検定2級」も企画管理系や事務アシスタントで求められるようです。

社会人転職に資格は必須?

社会人にとって資格とは、そのスキルの習熟度や許可・ライセンスをわかりやすく示せるものです。危険を伴う仕事やより専門的な仕事では、資格を取得してからでないとその仕事に就けない場合があります。 そういった資格がないと業務ができない専門的な仕事ではないからといって、資格がなく簡単に転職できるわけではありません。むしろ、必要ないからこそ大きなアピールポイントとなります。

社会人で資格を持っていると転職に有利な場合

社会人の転職に資格は必須ではありませんが、あった方が有利になる場合が多くあります。 社会人の資格を取得は、 ・資格がその仕事と関係が深い場合、実績に箔が付く。 ・資格は習熟度の証明になりますので、浅い経験を資格の権威付けでカバーできるスキルの客観的な評価が職務経歴書でわかりやすく表現できる というように、転職に有利になることが多くあります。 社会人の資格の取得にはエネルギーも時間とお金が掛かります。もしやりたい仕事があるのなら、社会人としての自分の経験・経歴をもう一度確認し、本当にその資格が必要なのか考えることが大切です。 しかし、中には資格の有無を求人の応募条件にしている企業もあります。そういった場合はどうしても資格の取得が必要になります。

資格が必須な職種

下記は資格必須職種です。下記のものに関係する職種を検討している方は資格内容を調べましょう。

専門知識が求められる職種

法律・会計・税などの専門領域において高い知識が求められる職種は資格必須です。 ・弁護士 ・公認会計士 ・税理士 ・行政書士 ・司法書士

危険がともなう職種

危険がともなう職種は仕事をする上で危険を回避する専門知識・実技(スキル)が必要です。 ・警察官 ・消防士 ・危険物取扱者 ・パイロット

医療系職種

医療は命を扱う仕事ですので、専門知識・実技(スキル)必要です。 ・医師 ・看護師 ・薬剤師 ・臨床検査技師 ・管理栄養士

建設系職種

建設系の職種は、安全管理が重要な仕事です。そのため設計・施工・管理のフェーズごとに専門知識・スキルが必要です。 ・建築士 ・監理技術者 ・施工管理技士 ・電気主任技術者

社会人キャリアを活かす資格

日商簿記検定2級

簿記に関する知識について、社会人の経営管理に役立つレベルを持つことを証明する資格です。社会人女性の受験者が多いですが、社会人男性が取得しておいても有利になります。財務諸表が読めるなど、大手・中小問わずに経理面に強いことが証明できるほか、営業職などでも数字に強いなど汎用性の高さがポイント。 商業簿記と工業簿記の二種類を勉強する必要がありますが、合格率は70%以上でしっかり勉強すれば数ヶ月の勉強で取得することができます。またここから上級の資格である公認会計士などにつなげていくなど資格、職業としても幅が広がっていきます。 ・受験料:4,630円

TOEIC・TOEFL

日本における人口の減少や不況から、これからますます企業は、国際化の波にのまれて合併化する可能性が高いといえます、そんな中でTOEICは有用な資格です。さまざまな企業ですでに公用語が英語となっています。 さらにこのような企業が増えるはずですし、上司が外人ということも珍しくなくなるでしょう。TOEICは転職する上で必須のスキルになりつつあります。TOEICは、ビジネスでよく使われる単語や、フレーズ、文書のやりとりなどが問題にあって、比較的すぐにビジネスに生かし易いようになっています。履歴書に書けるレベルだと650点からが一般的です。TOEICのスコアが良くてもしゃべることが出来ない人が多いので面接でそういったところをつつかれる場合もあります。 そんな場合英検などと組み合わせると有効です。英検は2次試験として英語での面接があります。読み書きとリスニングだけではなく、スピーキングの能力が試されます。特に外資系企業に対して、アピールになります。 TOEICだと600〜800点以上、TOEFLだと213点以下の場合はアピールポイントにはなりません。日本国内での知名度はTOEICの方が高いですが、世界的にはTOEFLの結果のほうが評価が高いですので日本企業に転職する社会人ならTOEIC、外資系企業に就職する社会人ならTOEFLを受けるのがおすすめです。 <受験料> ・TOEIC 5,725円 ・TOEFL 230ドル

MOS(Microsoft Office Specialist)

社会人にとってExcelやWord、PowerPointなどのマイクロソフトオフィスのスキルを証明するための資格です。年齢や性別を問わず活用しやすい資格の一つです。 ExcelなどのほかAccessやOutlookなど、ソフトに合わせて計5種類の資格があります。一般的にはExcelやWord、PowerPointの3つで十分です。Excel・Wordについては、一般レベルのスペシャリストと、上級レベルのエキスパートの2種類があります。 <受験料> ・スペシャリスト Word・Excel・PowerPoint 各バージョン2013 10,584円 ・エキスパート(※) Word 2013 エキスパート Part1・Part2 各10,584円 Excel 2013 エキスパート Part1・Part2 各10,584円

調理師

調理に関する知識や衛生法、栄養に関する知識を証明できる資格です。飲食業ではよく知られた資格で、調理師免許を持っていないと調理に関する仕事に就くことができない場合が多くあります。飲食業以外でも、介護施設の調理現場や工場の食堂などでも使える資格です。 <受験料> ・実技試験のみ受験 18,800円 ・学科試験のみ受験 3,700円 ・実技と学科試験を受験 22,500円

介護初任者研修

介護士に欠かせない資格です。多くの介護施設では、介護初任者研修の取得を就職の最低条件にしているところが多いです。訪問介護員になるための必須資格ととして挙げているところも多いです。 <受験料> 40,000円〜150,000円程度。

アロマセラピスト

健康維持などのために、アロマテラピーを利用するための知識を証明する資格です。アロマテラピーというと、趣味の資格と考えている人も多いですが、近年は医療や介護現場、スポーツジムなど、様々な場所で取り入れられており、資格活用の幅が広がっており1級と2級があります。 <受験料> 5,140円

ファイナンシャルプランナー

経理や事務の仕事にファイナンシャルプランナーは有利です。FP2級を条件としている会社もあります。ファイナンシャルプランナーは金融機関、保険会社、会社の経理が活躍の舞台になります。 ファイナンシャルプランナーは社会人に必要な全体的な金融商品の知識、タックスプランニング、住宅についての基本部分が含まれているので、会社のお金のだいたいの流れなども決算書や金銭出納帳、帳簿などを理解することが出来ます。年々受験者は増えておりファイナンシャルプランナーは、金融業界に勤める社会人にとっては必須な資格といえます。 3級は、金融業界に勤務していなくても、受験可能です。特に1級は、起業できるレベルのファイナンシャルプランニングの知識の証明となるため、キャリアアップとしてはもちろん、未経験でも転職に有利な資格です。 <受験料> ・3級 学科と実技:6,000円(税抜) ・2級 学科と実技:8,700円(税抜) ・1級 実技:20,000円(税抜)

インテリアコーディネーター

住空間をデザインする住まいのスペシャリストです。活躍できる職域が広いところが特徴です。住宅メーカー、建設会社、デパート、デザイン事務所など、住生活に関連するさまざまな業界や企業からインテリアコーディネーターの需要があります。 インテリアのプロフェッショナルとして、内装から住宅設備、照明やファブリックに至るまで、住宅に関する幅広い知識を証明できる資格です。住宅メーカーやデザイン事務所などで求められる資格です。 現場で求められるのは、実務経験を積んだ人であることが多いため、これまで住宅業界などで働いてきた人が、キャリアアップのために取得する場合が多いです。 <受験料> 14,400円

通訳案内士

「通訳ガイド」のことで海外からの観光客に対して、外国語で日本の文化や歴史などを紹介することができる知識を有することを証明する資格です。登録者は増加傾向にあり、外国人観光客の数は年々増加傾向にあるため、今後の需要に期待できる資格です。フリーランスとして独立もしやすい資格の1つです。 <受験料> 11,700円

社会人未経験でも転職が有利な資格

秘書検定

秘書検定は秘書に社会人に必要とされる幅広い知識やビジネスマナー、技能を持っていることが証明できる検定です。 「秘書」と名前がついていますが、ビジネスシーン全般で使える、幅広い社会人ビジネススキルを網羅した検定内容なので、業種を問わず、事務系全般で使える資格です。2級以上がアピールになります。秘書を目指したいのであれば、さらに準1級、1級を取る必要があります。 <受験料> ・1級:6,100円 ・準1級:4,900円 ・2級:3,800円 ・3級:2,600円 ・準1・2級:8,700円 ・2・3級:6,400円

サービス接遇検定

その名の通り、サービス業で求められるスタッフの資質や心構え、社会人としての対人スキルや言葉遣い、スタッフとして望ましい振る舞いなどを証明する検定です。 級が上がるにつれて、実務に応じたスキルを問われるものもあるので、サービス業だけでなく、金融や不動産、営業など、社会人としての対人スキルが必要な業種・職種でも役立ってくれます。 <受験料> ・1級:5,500円 ・準1級:3,800円 ・2級:3,500円 ・3級:2,300円

販売士

販売に関することだけでなく、店舗運営の仕組みや販促企画の打ち方、マーケティングや経営計画に関する知識を証明できる資格です。流通・小売業業界の公的資格としては唯一の資格です。1級まで取ると、店長クラスの専門知識があることが証明できます。 <受験料> ・1級:7,710円 ・2級:5,660円 ・3級:4,120円

医療事務

レセプト業務や医療従事者のサポート、カルテの管理など、医療機関の事務員として働くために必要な知識の証明になる資格です。病院だけでなく、検診センターや損害保険会社、健康保険組合など、幅広い職場で可能性があります。 <受験料> 40,000円〜120,000円程度

歯科助手

歯科医の助手として、受付から診療のお手伝いまで幅広く対応できる証明の資格です。歯科医は全国的に増加傾向にあるため、再就職が有利で未経験での取得者も多く、通信講座でも可能です。 <受験料> ・3級:4,200円 ・2級:5,300円 ・1級:6,300円

宅地建物取引士

不動産業界で必須の資格といえば宅建士です。宅建士は不動産を買う際に必ず重要説明事項を説明、契約書の作成が必要で、不動産業界では宅建士の資格がある人が有利なのは間違いありません。 宅建士の受験資格は無く、宅建士の試験に合格して必要な講習(登録実務講習)を受講して必要な手続きをして宅建士の資格を得ることができます。不動産業界にいた社会人であれば宅建士の受験前に登録講習を受講しておくと免除される科目があります。 不動産業界ではこの資格を持つ社会人しか携われない仕事も多いほか、不動産業を経営するにあたり、従業員の5人に1人の割合で、必ず宅地建物取引士を置かねばならないという法律があります。 <受験料> 7,000円

証券外務員資格

有価証券の売買など、金融商品の勧誘の際に必須とされる資格です。金融だけでなく、財務や経済に関する幅広い知識が必要とされ、財務や金融の仕事は、比較的収入も高いので、年収アップに繋がりやすい資格です。 一種外務員資格試験と二種外務員資格試験がありますが、未経験で金融業界への転職を目指すなら、二種で十分です。その後、キャリアアップを図るために、一種というのが一般的です。 <受験料> 8,704円(税込)

管理業務主任者

マンションの契約時に必要な重要事項の説明や、一定の書面に対して記名押印ができる国家資格です。 マンション管理業では必須の資格であるとともに、マンション管理業者では一定数の管理業務主任者が必要です。実績を積めば、マンション管理のコンサルタントとして独立の可能性もあります。 <受験料> 8,900円

CAD利用者技術者試験

設計支援ツール「CAD」を使い、設計図の作図を行えることを証明できる資格です。CADは多くの建築業界をはじめ、自動車や電子機器など、様々な業界で使用されています。ソフトを使った仕事のため、在宅で仕事ができる求人もあります。 <受験料> ・1級、2級どちらも15,000円(税抜)

危険物取扱者

ガソリンや石油、化学薬品などの危険物を取扱うことができることを証明できる資格です。 ガソリンスタンドや大学、工事現場や工場など、資格取得者でないと取り扱えないものや、現場に一人資格取得者が必要な場合に生きてきます。取り扱う危険物によって、甲種、乙種、丙種の三種類に分かれているため、目的に応じた資格を取得する必要があります。 <受験料> ・甲種 5,000円 ・乙種 3,400円 ・丙種 2,700円

旅程管理主任者

企画旅行の主任添乗員に求められる資格です。女性が多く活躍している仕事ということもあり、女性取得者が多いのが特徴です。添乗員として、旅程の管理などを行うことができることを証明になります。 また、この資格がなければ、主任添乗員として仕事をすることができません。国内旅程管理と総合旅程管理がありますが、より幅広く活躍したいなら、総合旅程管理を取得をお勧めします。 <受験料> ・国内旅程管理 26,000円 ・総合旅程管理 36,000円

必須条件の資格 (社会人)

1 普通自動車免許第一種 2 薬剤師 3 MR(医薬情報担当者) 4 建築士一級 5 臨床検査技師 6 建築士二級 7 日商簿記検定2級 8 建築施工管理技士1級 9 電気工事施工管理技士1級 10 宅地建物取引主任者 11 日商簿記検定3級 12 管工事施工管理技士1級 13 電気主任技術者第3種 14 管理栄養士 15 技術士(建設部門) 15 建築施工管理技士2級 17 電気主任技術者第2種 18 公認会計士 18 電気工事施工管理技士2級 20 管工事施工管理技士2級

あると好ましい資格 (社会人)

1 宅地建物取引主任者 2 日商簿記検定2級 3 建築士一級 4 薬剤師 5 建築施工管理技士1級 6 日商簿記検定1級 7 公認会計士 8 普通自動車免許第一種 9 MR(医薬情報担当者) 10 建築士二級 11 電気工事施工管理技士1級 12 米国公認会計士 13 管工事施工管理技士1級 14 税理士 15 電気主任技術者第1種 16 電気主任技術者第3種 17 電気主任技術者第2種 18 臨床検査技師 19 栄養士 20 第1種電気工事士

人気資格ランキング(社会人)

10位 証券アナリスト

最近では証券アナリストの所属する業務が大きく広がるとともに、一層専門化しています。リサーチアナリストが証券会社や資産運用会社などで産業・企業調査を基に、個別証券の分析・評価をします。 資産運用会社や銀行・保険会社などの機関投資家には、様々な投資目的に適合した証券を組み合わせて、総合的な資産運用に携わるポートフォリオマネージャー(ファンド・マネージャ)がいます。 このほか、投資ストラテジスト、投資アドバイザー、マーケットアナリストなどと呼ばれる職種の方がいます。証券アナリストは、こういった社会人プロフェッショナルを総称するものです。

9位 ファイナンシャルプランナー(FP)

日本における代表的なFP試験には、国家資格のFP技能検定と日本FP協会が認定するAFP・CFP®があります。 それぞれのレベルにあわせて3→2→1級、AFP→CFP®とステップアップできますが、この両資格は相互に関連しているのが特徴です。特に2級FP技能検定においては従来より実施されていたAFP試験が2級と同等レベルとみなされ、2級試験はAFP試験も兼ねて実施されています。

8位 TOEIC® L&R TEST 

TOEIC® L&R TESTとは、英語コミュニケーション能力を測る指標として開発された世界共通の試験で、相当数の企業が採用、昇進、海外出張、海外赴任など幅広い目的で活用しています。

7位 情報処理 、情報処理安全確保支援士

IT系の中で唯一の国家試験である情報処理技術者試験は「情報処理の促進に関する法律」に基づき経済産業省が、情報処理技術者としての「知識・技能」が一定水準以上であることを認定する国家試験です。 「技術者」から「エンドユーザ(利用者)」まで、ITに関係するすべての人が活用できる試験として実施されています。またサイバーセキュリティ分野における初の国家資格となるのが「情報処理安全確保支援士」です。 サイバーセキュリティ対策を担う専門社会人人材を確保するため、サイバーセキュリティに関する知識を問う国家資格制度です。

6位 宅地建物取引士

不動産の取引に関わるプロフェッショナルの資格です。「独占業務」があることに加え、「設置義務」が法律で定められており、安定した社会的ニーズにつながるメリットがあります。

5位 教員

教員という仕事は、教育面で国を支える「社会貢献」に加え、子ども達の未来を預かるという、非常にやりがいのある仕事です。さらに公務員(公立の場合)としての安定性しており、誇りを持って取り組める職業です。

4位 税理士

税金のスペシャリストとして、納税のアドバイスや申告書の作成を行う職業が税理士です。税務・会計業務の他に、「企業の安定・成長」につながるコンサルティング業務を通じ、顧問企業の発展に貢献出来ます。税理士は、その専門性の高さから税金に関する業務については税理士の独占業務です。

3位 公認会計士

この世の中に「会計」のない会社は存在しません。その「会計」に携わる資格の中で、最高峰の資格が「公認会計士」です。公認会計士とは、会計の専門家であり、その業務としては監査をはじめ、財務、経理など仕事内容は多岐にわたります。 内部統制監査(J-SOX)の義務化や、グローバル化に伴う今後の国際財務報告基準(IFRS)の導入など、会計のプロフェッショナルである公認会計士の可能性はどんどん広がっています。

2位 簿記検定

会社やお店のお金の流れを帳簿に記録するためのルールを学びます。会計知識は社会人の「ビジネスの共通語」といわれています。新聞の経済記事も理解しやすくなり、世の中の流れがわかるようになるため、社会人としての仕事や生活へ直接結びつきやすい資格です。

1位 公務員

公務員とは、全体の奉仕者として地方自治体(都道府県・市町村など)や国(1府12省庁・税務署・裁判所・国会など)の機関に勤務する職員で、人と社会のために幸せなを支える仕事を担います。 全体の奉仕者として重責を担う公務員という職業には、多種多彩な職場や仕事があります。民間企業にはできない、日本や社会全体を考える仕事をしたい人に向いています。

社会人の働きながら勉強するコツ

社会人の中心にあるのは「仕事」です。社会人の仕事を中心にした「自由」な時間があるのです。社会人になって「勉強したい」と考えても時間が無いなどという理由で後回しになり着手できないということが多々あります。ここではそういったときの社会人の勉強のポイントをご紹介いたします。

目指す職種必要な資格か?

何かを始めるとき具体的な目標があると士気が高まります。ただ単に英語を勉強しよう、というよりはTOIECで○○点を目指すや1年後の海外旅行で喋れるようといった具体的なイメージです。 ITの場合は、「IT系の○○資格を取る」「○○言語で~なソフトを自作する」などです。また社会人として具体的な期日と目標が定まれば、それに向けた社会人としてのスケジュールの立案が可能です。こういった目標の手助けとして資格試験を利用することもできます。 社会人として資格を取ることは目的ではなく、社会人としての知識を体系的にインプットする手段です。もちろん目標を立てる上で、自分の社会人としての将来像やビジョンを考えることがもちろん前提です。 転職のために資格を取得する場合、先にどんな仕事に転職したいかを具体的に考え、希望の職種や業界で本当に必要なものだけを取得しましょう。 社会人としての資格取得にはお金も時間もかかります。転職活動に有利にならない資格を取るために労力や時間をかけるのは、転職活動を長引かせるだけでなく、社会人としての機会損失になる可能性もあります。

社会人の勉強はスキマの時間を利用する

社会人がいざ勉強しようと意気込めば意気込むほど途中で挫折する可能性が高くなります。社会人は仕事が本業となるとなかなか続けて行うことが難しくなります。そうなると社会人の勉強の方法としては、スキマの時間を利用することが重要になります。 社会人のスキマと聞いて真っ先に思い浮かぶのは「通勤時間」「休憩時間」だと思います。通勤時間は案外することもなく音楽を聴いたり、スマホを何気なくいじっていたりと時間を持て余している人が多いでしょう。 満員電車でも勉強できるようにノートにまとめる、スマートフォンに勉強する内容詰め込む、など工夫をすると通勤時間を有効的に使うことができます。限られた時間しかない社会人は勉強するにもアイディアが必要になります。 「休憩時間」は、ランチを注文して運ばれてくるまでの間や、食べ終わった後の時間を活用し勉強します。短い時間で集中して勉強を行うほうが頭に入ります。人の集中力の限界は15分と言われています。 社会人のお昼の休憩時間を活用するには丁度良い時間と言えるでしょう。長時間勉強するのは時間がない社会人には向いていません。社会人として働いているスキマの時間を上手く利用することで効率的に社会人として勉強することができます。

試験内容に沿ったテキストを選ぶ

対策テキストを購入する場合、試験内容に沿ったものを選ぶことが大切です。ほとんどの資格には、合格のためのテキストが用意されています。中には公式テキスト以外にも、対策用の教材が販売されているものもあります。 こうしたテキストの中には、試験傾向に沿っていないものやポイントがずれているもの、昔の試験に対応したものなど、試験対策用として向いていないものが多々あります。 より効率的に勉強するためには、最近の試験の傾向に合わせた内容のもの、対策ポイントがわかりやすいテキストを使用する必要があります。

過去問題を解く

資格対策テキストや公式サイトに過去問題が掲載されている場合は、試験前に必ず一度は取り組む必要があります。資格によっては、過去とほとんど変わらない内容の問題が出題されることがありますが、出題傾向は変わらないという資格がほとんどです。 過去問題からは様々な回答の手がかりが得られます。過去問題が公開されている資格は、必ず確認しておきましょう。

期間を区切って資格取得

社会人転職活動を長引かせないためにも、資格取得のために使う期間を区切っておくことが大切です。 期間を区切らず資格の勉強に励んでいると、社会人として資格取得自体がうまくいかず、転職活動も長期化する可能性があります。社会人として転職活動を長期化させないために、資格取得の期間を区切り、メリハリのある転職活動を心がける必要があります。

通信講座の資格試験対策

通信講座の資格試験対策を利用することは大きな意味があります。。市販の参考書や試験対策本でも、必要な勉強はできますが通信講座の場合は、さらに深い知識を身に付けることができたり、DVDなどを通じて視覚からの記憶にアプローチが可能で合ったりと多くの利点があります。

勉強する仕組みを作る

社会人として目標を決めた後に重要になるのは、社会人としての勉強をする仕組みを作ることです。時間や場所を決めて習慣づけしたり、スクールに通ったり、モチベートする仕掛けを作ったり。何かしら自分をコントロールする仕組みを作っておかないなかなか続かず目標を達成することが出来ないものです。

社会人勉強仲間を作る

最も重要なのが仲間を作ることです。勉強を続けるには、勉強を楽しくするのが一番です。社会人にとって根本的に勉強自体は楽しくならないので、勉強に付随するものを楽しくして、勉強する時間や場を楽しむ必要があります。 その最も簡単な方法が社会人勉強仲間を作ることです。同じ勉強内容が出来て、チェックし合ったり出来るのがベストですが、多少内容が違っても、勉強の場を共有するだけで、長続きします。

短い時間で集中する

短い時間しか確保できないからこそ集中が必要です。人間が集中して勉強できる時間は、30分~1時間くらいです。1日8時間続けて勉強をするより、60分の勉強時間が1日に2つ3つ確保できるほうが、濃い内容になります。

勉強する時間と場所を決める

社会人にとって夜は安定して時間を作るのが難しいので、朝がお勧めです。近くの喫茶店をめぐって、お気に入りのカフェを見つけそこで勉強するのもモチベーションの維持に効果があります。

無理をしない

社会人は無理をしないこと、無理をするとどうしてもどこかにほころびが発生するものです。無理祖せず末永く継続する、これは勉強を継続するためにとても重要な事です。

自分にあった資格を取ろう!

BrushUP学びには資格に関する色々な情報を提供しています。対策講座では資格のレベルごとに的を絞って対策ができたり、必要な教材や過去問を一度に手に入れたりすることができます。資格を取ろうと考えている方には非常におすすめです!

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング