IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

建設営業の仕事内容と実態について|資格・給料・志望動機など

初回公開日:2017年05月10日

更新日:2020年03月10日

記載されている内容は2017年05月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

職種研究

建設会社で主に営業を担当する「建設営業」という仕事。建設会社といっても建物を建てる業務しかないわけではなく、そこには建設営業という仕事もしっかりと存在しています。では建設営業という仕事はどのような仕事なのでしょうか。今回は建設営業についてご紹介致します。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

建設営業の仕事内容とは

建設営業の仕事内容とは
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

まずは建設営業の基本的な仕事内容から確認していきましょう。

【建設営業】仕事内容

建設営業の仕事内容は営業というだけあり、クライアントから「建設などの仕事を獲得してくること」が主なものになります。とはいっても仕事を受注できると判断してクライアントを訪ねていくわけではなく、近況などについて話を伺いに行くだけというようなことが多く有ります。 訪ねていくクライアントは、既に顧客であったり新規の場合があります。新規のクライアントを獲得することも建設営業の仕事の一つであり、重要な部分となります。さらに現場訪問なども行い状況を確認することもあります。そして営業の最後に日報の作成なども行います。 また、自分から何かを提案できる場合、クライアントに対して事業計画書を作成して相談することもあります。このように、建設営業は基本的に所謂「外回り」というような仕事を多く担当します。

【建設営業】営業方法とコツ

【建設営業】営業方法とコツ
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

ここまでで建設営業の基本的な仕事内容を知ることができました。 では、建設営業では具体的にどのような営業方法で仕事を行い、またそれにはどのようなコツがあるのでしょうか。以下で詳しく確認していきます。

建設営業の営業方法

建設営業の営業方法の一つは、既に顧客であるクライアントにアポイントメントをしっかり取った上で訪問することです。先の通り、ただ現状についての会話をするだけになることも多いですが、これも建設営業においては重要なことになります。 次に営業方法としてあるのは「既に顧客であるクライアントからの紹介」です。新規のクライアントを獲得するための手段として多くなるのが紹介と言われています。すぐに仕事の受注が無かったとしても、これから訪問していくことが可能になります。

建設営業のコツ

上記の建設営業の営業方法を確認した上で、次はそれらのコツの解説を致します。 既に顧客であるクライアントを訪問した際、例え仕事の受注が無く現状などの会話だけであったとしても即切り上げるべきでは有りません。何故なら、しっかりと話すことがコツの一つであるためです。ではしっかり話すことがコツとはどういうことなのでしょうか。 しっかり話をすることによって、顔を覚えてもらうということはポイントでは有りますがコツと言うほどのことではありません。しっかり話をすることによって大事なのは、より深い話ができる関係になることです。それによって「そういえばこの間Aさんが」「実は相談がありまして」といったようなことも有りえることです。 さらに、信用してもらうことによって新規のクライアントを紹介してもらえる可能性を広げることが可能です。新規のクライアント獲得は紹介によるところが大きいので、仕事受注の確率の底上げのためにも心がけておきたいポイントです。 ここで「アポイント時の電話で済むのではないか」という疑問を持たれた方もおられると思いますが、やはりあって話す方が関心を表現できますし、信頼も得やすくなるため、結果的に深い話も聞くことができやすくなります。 また、クライアントとの会話によって自分からプラン提案の必要性を感じた場合は、事業計画書を作成しアピールすることもコツと言えます。クライアントにとっても有益になるということが示せれば、仕事受注に繋がる可能性も高くなります。 このときの授業計画書作成時には、税金や法律についての知識が必要になりますので、それらについて勉強しておくことも建設営業のコツの一つと言えます。 さらに、関係ある資格も持っていると必要な知識がスムーズに出てきやすく、同時に説得力を強めることも可能です。 関係のある資格については次の見出しでご紹介致します。

建設営業で役立つ資格

建設営業で役立つ資格
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

それでは、以下に建設営業において役立つ資格をご紹介致します。

関連タグ

アクセスランキング