IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【ゴム業界研究】現状・今後の動向・将来性から業界を考察する

更新日:2022年09月13日

就活

ゴム製品を開発・生産しているゴム業界は、日常生活や日本経済に深く関わっている産業ち言えるでしょう。今回は、ゴム業界に注目して、現状や動向、将来性などをご紹介していきます。ゴム業界への就職を考えている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

ゴム業界研究:現状

まず始めに、ゴム業界の現状をご紹介していきます。暮らしに必要なゴムを日々生産・販売し続けているゴム業界ですが、現在はどのような状況なのでしょうか?基本的な情報や業界シェアといったデータから読み取っていきましょう。

ゴム業界の現状:基本情報

以下は、平成25年~平成26年のゴム業界の各情報を元にしたデータです。 市場規模:6兆3232億円 労働者数:41644人 平均年齢:41.3歳 平均勤続年数:16.4年 平均年収:577万円 引用元:「業界動向SEARCH.COM(※1)」 ゴム業界の基本情報で特筆すべきは、市場規模の大きさと労働者数の多さです。いずれも、他の業界と比較すると、やや大きい数字となっています。一方で、平均年齢、平均勤続年数に関しては、標準的な数字と言えそうです。 平均年収は、標準~やや高め。参考までに、業界や職業に関係なく統計された労働者の平均年収について見てみたところ、2015年の労働者の平均年収は440万円というデータがありました(※2)。今回は、この金額を標準と考えます。その場合、ゴム業界の平均年収577万円は、標準よりも100万円以上高額ということになりますね。

ゴム業界の現状:業界シェア

続いて、ゴム業界の業界シェアをご紹介していきます。ゴム業界の市場が、どのような内訳になっているのか見ていきましょう。以下は、平成25年~平成26年のゴム業界企業の売上高を元にしたデータです。 業界シェア1:ブリヂストン 業界シェア2:住友ゴム工業 業界シェア3:横浜ゴム 引用元:「業界動向SEARCH.COM(※1)」 ゴム業界において、高い業績をおさめているのは、ブリヂストンでした。シェア率は56.4%、売上高は3兆5680億円。なんと1社で、業界全体の市場の半分以上を占める売上高となっています。 続いて、業界シェア2に輝いたのは、住友ゴム工業。シェア率12.3%、売上高7806億円となっています。1のブリヂストンの業績が独走状態と言っても過言ではないものですが、住友ゴム工業もまた、業界全体の市場の1割以上を占める、高い業績です。 続いて、シェア率9.5%、売上高6016億円の横浜ゴムが、業界シェア3となりました。1~3までの企業の売上高だけで、ゴム業界全体も市場の78.2%を占めていることから、ゴム業界の市場はブリヂストンを中心とした好業績の企業数社が独占していると考えられます。

ゴム業界研究:動向

世界の情勢や景気は刻々と変化しますし、消費者のニーズや好みも、常に移り変わっていくもの。変化が激しい現代社会においては、業界の状況もころころと変わっていきます。それは、ゴム業界も例外ではありません。ゴム業界企業に今、訪れている変化の波とは?業界が抱えている課題や市場動向などから、ゴム業界の動向を追っていきましょう。

ゴム業界の現状:課題

まずは、ゴム業界が現在抱えている課題や問題点を見ていきましょう。業界研究をしている方は、それぞれの課題の解決方法などを考えてみることをします。ゴム業界の将来性が見えてきたり、新たな気付きを得られたりするかもしれませんよ。

ゴム業界の課題1:新興国における売上の低下

新興国では、自動車の普及率が高まり、それに伴いタイヤの需要も高まり続けています。しかし、中国・韓国などの海外メーカーのシェアが拡大しており、日本のタイヤメーカーやゴム業界企業の売上は減少傾向。今後は、新興国において、海外メーカーと戦っていく戦略を考え直していく必要があるでしょう。(※3)

ゴム業界の課題2:技術革新

各業界でグローバル化が進んでおり、ゴム業界でも上記のように、海外メーカーとの市場競争が激化しています。日本のゴム業界企業がグローバル化を進めていくには、技術革新が欠かせないと言われています。日本国内でもまた、少子高齢化によって売上が低迷し続けている反面、消費者のニーズに変化があらわれました。健康や介護に安心して使えるゴムや、物事や作業の自動化・省略可に有効に使えるゴムの需要が高まっています。このようなニーズの変化に応える為にも、技術革新は欠かせないと考えられており、今後はいかに技術を高め、新たな商品を生み出していくかが、ゴム業界の国内外での運命を左右するでしょう。(※4)

次のページ:ゴム業界の現状:市場動向
初回公開日:2016年11月17日

記載されている内容は2016年11月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング