IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

通勤経路の書き方|略図の書き方と手書きをする際の注意点は?

ビジネスマナー

通勤経路とは何でしょうか。通勤経路の届け出を提出したことがある人は多いと思います。通勤経路の書き方が良く分からないという人もいるかと思います。バスや電車、車通勤によって書き方が変わるのか。ここでは通勤経路の目的を書き方を詳しく見ていきましょう。

更新日時:

通勤経路について

会社まで通勤するときに、皆さんはどんな交通手段を使いますか?都会で暮らしている人は、電車やバスなど公共機関を使用している人が殆どでしょう。地方に住んでいる人は大体車を持っていて車で、通勤する人が多そうです。運よく徒歩や電車で通えるぐらい会社が近い人もいるでしょう。 通勤経路とは家から会社に通うまでの経路のことです。会社に行くときにバスや電車などの公共機関を使う人もいれば車や自転車で通う人もいて、距離も人によって様々ですね。会社に通う人なら「通勤経路の届け出」という書類を提出したことがある人が殆どでしょう。でも書き方がいまいち分からないという人も多いと思います。ここでは、通勤経路の届け出を提出する目的や、通勤経路の書き方を詳しく調べていきたいと思います。

通勤経路の届け出

通勤経路の届け出を提出したことがある人は多いと思いますが、何の為にこのような書類を提出するのだと思いますか?大体想像つくのが、「通勤手当」の為だと思います。通勤手当が出る会社だと、その人がどのような手段で通勤しているのか、通勤するのに費用はどのくらいかかるのか、を算出してから妥当な通勤手当の金額を決定します。車で通勤してるのあれば、距離に応じてガソリン代を計算します。そのためには通勤経路の届け出が必要となってきます。 通勤手当の為だということは、多くの人が知っているかと思います。「そういえば通勤労災にも関係しているのでは?」と思い浮かんだ人もいるでしょう。「通勤労災」とはなんでしょうか。通勤時にも労災保険が適用されるのでしょうか。

通勤労災

仕事中にケガを負った場合、「労災保険」が給付されますよね。この労災保険は、仕事中だけではなく、通勤中にケガをした場合にも適用されます。それが「通勤労災」です。通勤時にケガを負ってしまった場合、「労災保険」か「健康保険」のどちらを使用するかは選択できません。「労災保険」を使用すると決まっています。 「ケガは軽かったので、健康保険で大丈夫」「自損事故だったから健康保険を使う」という風に考える人もいるとは思いますが、基本的にケガの程度や自損事故であっても「労災保険」の適用になるので、健康保険の使用は認められていません。仕事中にケガをしたけど、健康保険を使用して欲しいと会社の人から言われたことがあるという人は、きちんとその旨を伝えましょう。「労災隠し」に関しては、労働基準局が対策を推進しており、会社側が司法処分されます。

通勤経路と違う道で通っていたら?

通勤労災に関して分かっていただけたかと思いますが、もし通勤経路の届け出とは違う道で通勤していたり、電車通勤だと記入していたのに実は車で通っていた場合、労災保険は適用となるのでしょうか。答えは「適用される」です。会社側からすれば聞いていた通勤経路とは違うのに、ケガしたら労災保険が適用されるなんておかしいと思うでしょう。 しかし「通勤経路の届け出」とは本来「通勤手当」を算出する目的の書類なのです。「通勤労災」にも関係しているという誤解が広まっていますが、通勤労災は、通勤経路の届け出とは関係なく、通勤時にケガを負ったときには必ず適用されるのです。

労災保険の手続き方法

労災保険は、業務上の負傷・疾病・障害・死亡等や通勤上の災害による負傷・疾病・障害・死亡等の保険事故に対して敵用されます。労災指定の病院で治療を受ければ、その場でお金を払わずに済みますが、それ以外の医療機関で治療を行った場合は、一旦自分で治療費を立替えておいて、後から請求するという形になります。原則労災保険は、被災労働者から請求をします。 請求書は厚生労働省のHPからダウンロード出来ます。書き方もそのサイトで分かります。それを印刷して会社の証明の押印を貰い、労働基準監督署に提出します。そこで労災ではないと判断されると労災保険の適用は認められません。

通勤経路の書き方

通勤経路の届け出の書き方がよく分からないという人は多いと思います。通勤経路を書くときに、どう書けば良いのか悩みますよね。通勤経路の届け出は、書式が会社によって異なると思います。書き方も書式によって異なります。電車で通勤しているなら電車通勤用の書式、車で通勤しているなら車通勤用の書式があったりします。それぞれ書き方も変わってくるのでしょうか。地図を書かないといけない場合もあります。地図はどうやって書いたら良いのでしょう。 通勤経路の届け出を書く目的は「通勤手当」の為であると上記で述べました。企業側が欲しい情報が分かっていれば、どう記入していけば良いのか分かってきたと思います。企業側は「費用」と「時間」がどれくらいかかるのかが知りたいのです。具体的にどういう風に書いていけば良いのか確認していきましょう。

通勤経路の書き方 電車編

電車通勤の書き方はどうすれば良いでしょうか。電車の場合は、「自分の家の最寄り駅」と「会社の最寄り駅」を記入しないといけません。途中で乗り換えがある場合はそれも記入します。所要時間と金額を記入も忘れてはいけません。間違えてはいけないのは「行き」「帰り」の合計です。行きだけの分を記入してしまうと半分の通勤手当しか貰えなくなってしまうので注意しましょう。 一か月の合計費用参考にて、通勤手当が貰える額が決定します。大体書式があるので、書式に書いてある通りに記入していけば間違いないと思います。書き方も事務の人に聞く教えてくれるでしょう。ただ、私鉄を書く欄がなかったりした場合、書式通りに記入すると通勤手当が少なくなってしまいます。会社によって決まりがあるので、事務の人に詳しく聞いてから記入した方が良いでしょう。

通勤経路の書き方 バス編

バスで通勤してる場合の書き方ですが、基本的に電車通勤の書き方とあまり変りません。「自分の家の最寄り駅」と「会社の最寄り駅」を記入し、通勤にかかる時間と費用を記入します。乗り換えがる場合も記入します。もし、バスと電車を乗り換えて利用している場合は、その書式を会社から貰いましょう。会社によって異なると思いますが、場合によっては2枚書かないといけないかもしれません。通勤手当に関わることなので、面倒くさがらずにきちんと記入しましょう。通勤手当に上限がある会社もあります。 しかし、全額支給してくれる会社なら、全て書いておかないと自分が損することになります。バスで通う時間や費用はそんなにかからないから省略しようと考えてる人もいると思いますが、月々支払われるお金です。年単位で考えると大きい金額になります。

通勤経路の書き方 車編

車通勤の人の通勤経路の届け出の書き方はどうでしょうか。地方で暮らしている人だと車で通勤する人が多いと思います。電車やバスのように、決まった所要時間や通勤費用がハッキリ分かりません。会社側としては時間と費用が知りたい訳です。車で通勤してる人の時間と費用は、通勤経路の距離によって決められます。自宅から会社までの距離を記入して、所要時間を記入する必要があります。時間なら分かりやすいですが、距離はどうやって算出すれば良いのでしょうか。 車のメーターで図るのもありです。ネットで距離を算出してくれるサイトもあります。自宅の住所と会社の住所を入力すれば、その最短距離や所要時間まで分かります。距離については最短距離を通ってないという人もいるでしょうが、会社によっては最短距離と決まっている場合もあります。事務の人に相談してから、通勤経路を記入していきましょう。

通勤経路の書き方 自転車編

通勤経路の届け出は基本的には「通勤手当」の為に提出する書類ですので、自転車で通勤している人にとっては、必要のない書類です。しかし、自宅から会社まである程度の距離があり、公共機関を使用していてもおかしくない場合、自転車通勤を禁止して公共機関を利用することを義務付けている会社もあります。 安全面で自転車通勤は危ないと判断するところから、自転車通勤を禁止している会社もあります。距離によっては公共機関を利用するという決まりがある会社もありますので、自転車通勤を考えている人は、一度会社に相談して方が良いでしょう。

自転車通勤を隠してた場合

通勤経路の届け出には、公共機関を利用すると記入していたにも関わらず、実際は自転車で通勤していて隠していた場合、ばれてしまったときにどうなるのでしょうか。会社としては交通費を労働者に支払う義務はないので、当然交通費はなくなるでしょう。それだけで済めばいいのですが、法的にみると詐欺罪に該当する恐れがあります。過去にさかのぼって、通勤手当の料金を返還する事態になりえます。 まず会社側から過去の通勤手当の請求をされることは考えにくいです。自転車通勤しているということで、今後は通勤手当が出ないという風に変更されるだけだと思われます。しかし、法に触れることだということを覚えておいた方が良いでしょう。

通勤経路の書き方 徒歩

さて徒歩も自転車通勤と同じです。費用は全くかからないので、通勤経路の届け出を提出する義務はありません。徒歩であるということから、自宅から会社までも距離は短いと考えられます。 しかし、公共機関を使用してもおかしくない距離で、徒歩で通う場合も自転車と同じで、公共機関を使用するように会社から言われる場合もあります。交通費に関しては、会社側が労働者に支払う義務はないのですが、会社によっては距離に応じて支払う決まりがある場合もあります。近ければ問題ないのですが、一度会社に相談して、徒歩にするか公共機関を利用するか決めた方が良いでしょう。

地図の書き方

会社によっては通勤経路の届け出の書式は違います。書式によっては地図を書かないといけないものがあります。主に車通勤している人は地図を書く場合が多いでしょう。地図の書き方なんてわからない!地図を書くなんて難しそうですよね。地図はネットにあるマップを利用すると書きやすいです。 地図を書くときに、北を上にして書くというのがルールですが、通勤経路の届け出に関して言えば、分かりやすければ北を上にしなくても大丈夫です。会社や書式によって書き方も異なると思いますので、詳しい書き方は会社に一度確認した方が安全でしょう。 しかし、ネット上のマップも北を上にしているので、見ながら地図を書くのなら北を上にして書いた方が書きやすいでしょう。マップのサイトはたくさんありますが、「出発地」と「目的地」を入力できるサイトが見やすいでしょう。「出発地」と「目的地」に自宅と会社の住所を入れれば、両方にマークが付きます。住所で検索して、自宅を会社を目視で確認し、地図を書く範囲を決めてから、記入していっても大丈夫ですが、マークがついている方が、二つの距離感も分かり、地図を書く範囲も決まるので書きやすいでしょう。

略図の書き方

通勤経路の届け出に書くときに、どのくらい綿密に書けば良いのでしょうか。地図もどのくらい詳しく書けば良いのでしょう。ここでは略図の書き方を見ていきましょう。そもそも「通勤経路の届け出」は、会社側からすれば「通勤手当」を算出する為に必要なのです。 地図を書くにしろ、詳しい地理や周囲の状況を必要以上に書く必要がありません。「費用」と「時間」が分かれば良いのです。地図も距離がどのくらいあるのか分かれば問題ないのです。電車やバスで通勤しているのであれば、駅と費用が時間分かれば大丈夫です。車通勤者であるなら、自宅と会社までの距離が分かるような地図を書けばOKです。途中の距離間の分かる目印になるような場所があれば、それを記入しておいた方が良いでしょう。地図の略図の書き方に関しては会社によって変わる場合もあるので、一度会社に確認しておきましょう。

保育園までの送り迎えがある

小さいお子さんがいる人であれば、会社にいく途中に子供を保育園まで送る人が多いと思います。また帰りも帰宅途中に保育園までお迎えでにいくでしょう。このような場合、通勤経路の届け出に記入しても良いものなのでしょうか。実は法律上は決まりがありません。自宅~保育園~会社の経路の場合、就業先の決まりにそれぞれ従う形なのが現状です。なので、勤め先に聞いてから通勤経路の届け出を書いた方がよいでしょう。 会社としては、労働者の通勤経路を詳しく把握しておきたいので、保育園までの送り迎えの分も記入してもらうことが多いとは思います。ですが、通勤手当が適用されるのは、あくまで自宅から会社までの経路に限る場合が多いようです。その場合書式も異なったり、書き方も異なる場合もあります。書き方も含めて会社に一度確認をしましょう。

保育園の送り迎えのときの労災

保育園の送迎時にケガを負った場合、労災保険は適用となるのでしょうか。答えは、適用できます。通勤経路の届け出に保育園の送迎部分を記入してなくても関係なく適用されます。労災法上の「合理的な経路」に含まれる為に、通勤手当の支給の有無関係なく、労災保険が適用されます。

通勤経路の届け出の重要性

今ではほとんどの企業が「通勤経路の届け出」を労働者に提出するようにしています。通勤手当を支給する際にも重要な役割を果たします。記入するのが面倒だと感じる人が多いでしょう。しかし通勤手当も必要ですよね。実際にいくらかかるのか正当に算出してもらう為にも、通勤経路の届け出は、正しく書きましょう。

転職したいなら「レバテックキャリア」!

独自の求人を持つことで多くの企業の紹介が可能

人事担当者やプロジェクトマネージャーとのMTG中に「そういえば、今度◯◯やるから、実はこういう人が欲しいんだよね」といった非公開の求人が出てくるのも、レバテックの強みです。また、競争が激しいWebサービスでは秘密裏に開発を進めるプロジェクトも多いため、予想外の珍しいポジションも存在します。 さらに、求人がクローズしている企業とも日頃からコミュニケーションをとっているため、企業担当者に「実は最近、こんな人が転職を検討しているのですが・・・」という紹介をきっかけに急遽ランチやMTGが設定され、採用に至るケースもあります。

企業との絶対的な信頼関係を実現

転職エージェント以外にフリーランスの参画サポートサービスを8年以上に渡り運営しており、数多くのIT・Web系企業と取引があります。そのコネクションを活かして、現場プロジェクトマネージャーとの情報交換MTGを年間累計3000回以上実施しています。そのため企業から絶対的な信頼を得ています。この信頼関係があるため、通常より短い期間での面接設定→内定を可能としています。

転職のために設計されたフォローアップ体制で転職を有利に

エンジニア・クリエイターに特化したフォローアップ体制で転職を有利に進めることができます。企業別の対策が詰まった面接詳細や模擬面接、客観的に強みを引き出すカウンセリング、また驚くほど企業の評価が変わる職務経歴書の添削など、あなたにあった方法で転職をスピーディーかつスムーズに行うことができます。

関連タグ

アクセスランキング