IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

家族がインフルエンザに感染したときの「出勤停止」の判断基準

ビジネスマナー

もしも家族がインフルエンザに感染してしまったら、出勤停止するべきなのでしょうか?このぺージでは、家族や同居人がインフルエンザに感染した場合の対処法をご紹介しています。また、出勤停止をする場合、どのように気を付ければ良いほか、ポイントなどをまとめました。

更新日時:

出勤停止!?家族がインフルエンザに感染してしまった場合の対処法

毎年、冬を中心に猛威を振るうインフルエンザ。予防注射などで事前に対策することも可能ですが、それでも完全に予防することは難しいようです。職場や近所といった身近な所でも、毎年誰かしらがインフルエンザに感染しているのではないでしょうか? インフルエンザは、他人に感染する可能性がある為、もし感染したりその疑いがある場合は、職場や学校などの人が集まる場所に行くことはできません。本人がインフルエンザであると確定した場合は、出勤停止などの処置を取ることになります。 では、もし自分の周りの身近な人…例えば、家族が感染した場合は、どうなるのでしょうか?家族のように生活を共にしている人がインフルエンザに感染した場合、症状などは出ていなくても、自分もインフルエンザに感染している可能性は考えられますよね。 今回は、上記のように、家族などの身近な人がインフルエンザに感染した場合、出勤停止になるのかどうかについて考察していきます。また、家族がインフルエンザに感染した際に、仕事などはどうするべきか、対処法などもご紹介していきますので、万が一の時に備えて、ぜひ目を通しておいて下さいね。

家族がインフルエンザに感染した場合、出勤停止になるかどうかは企業次第

結論からお話しすると、家族や同居人などの生活を共にしている人がインフルエンザに感染した場合、出勤停止になるかどうかは、各企業の規定や判断によって異なります。 中には、どんなに重要な会議があったり、締め切りが迫ったりしていても、家族や同居人が感染した時点で出勤停止の処置を取るなど、徹底した対応を行っている会社もあります。特に最近は、このような対応を取る企業も増えているそうです。 一方で、その時の状況によって出勤停止にするか判断する企業もあるようです。また、出勤停止などの処置を取らない企業もあるのだとか。 本人が感染した場合は、どのような企業でも出勤停止となる所が多いようですが、その家族や同居人となると、感覚や捉え方の違いによって、企業側の対処法もさまざまなのです。

家族がインフルエンザに感染した際、なぜ出勤停止になるのか

インフルエンザは確かに警戒するべきですが、家族は感染しても本人は体調万全ということもあります。そのような際、徹底して出勤停止などの処置を行っている企業は、なぜそうまでして徹底した対応を取ろうとするのでしょうか? 企業としては、なるべく人手は欲しいですし、給与を支払っているのであれば、少しでも多く働いてほしいはずですよね。 例え本人が元気でも、家族や同居人がインフルエンザに感染した時点で、企業側が出勤停止を命じる理由は、以下のようなものが考えられます。 1つ目の理由としては、本人も既に感染しているリスクを警戒している為です。例えその時点では本人に異常はなくても、生活を共にしている人がインフルエンザに感染しているわけですから、本人もいつ感染するか分かりません。また、その時点では症状が出ていないだけで、既に感染している可能性を警戒しているのです。 2つ目の理由は、職場や会社全体がインフルエンザに感染するのを防ぐ為です。1つ目の理由にも繋がりますが、インフルエンザに感染している可能性がある人が出勤することで、職場や会社全体がインフルエンザに感染する危険性があります。そのようなことになれば、ビジネスに大きな影響を与えます。時には、大損害へと発展するかもしれません。 これらのリスクを考えれば、インフルエンザに感染しやすい環境にいる社員には、多少人手が足りなくても、自宅で待機してもらった方が会社側としても安心なのです。

会社から出勤停止が命じられなかった場合

では、家族がインフルエンザに感染したことを職場に伝えても、職場から出勤停止や指示を特に出されなかった場合、どのように対処すれば良いのでしょうか? 会社側から何も言われなかったから、出勤しても良いのかというと、そうではない場合もあります。本人に異常がないからと出勤し続け、後からインフルエンザに感染していることが判明し、職場の人々にインフルエンザをうつしてしまったというケースも報告されています。 企業から指示や出勤停止が命じられなかったからと言って、出勤しても良い、また出勤しなければならないというわけではありません。 家族や自分の症状、また状況などから自己判断で出勤停止するのも、マナーのある行動の1つですよ。

自己判断で出勤停止をするか決める場合の基準

家族がインフルエンザに感染した場合、自分は感染しないという保証はありません。もし、企業や職場から出勤停止を命じられなくても、状況次第では自己判断で出勤停止することが大切です。 とはいえ、仕事とはそう簡単に休めるものではありません。状況に応じた判断をし、しっかり理由を説明して出勤停止するようにしないと、会社側に「甘えている」「こんなことくらいで休むなんて」と、誤解されてしまうリスクもあります。 家族がインフルエンザに感染した為に、出勤停止するべきか自己判断で決める際は、以下のようなポイントに注意して考えましょう。 ・インフルエンザの症状に当てはまる症状が出ているか? ・インフルエンザに感染した家族とずっと同じ部屋にいる ・食事やベッドを共にしている ・インフルエンザに感染した家族が、子供や高齢者で、重症化の可能性がある 上記のような状況であれば、自分自身がインフルエンザに感染している可能性がありますし、また家族としても苦しい状況ですので、会社側から命じられなくても、自己判断で出勤停止をした方が良いでしょう。

出勤停止する際に気を付けておくべきこと

会社から命じられたり、自己判断をして会社側も納得したりして出勤停止になる場合、出勤して働いている同僚や上司に、迷惑を掛けないような対応をすることが大切です。 例えば、出勤停止になったからと言って、業務を出勤している社員や同僚たちに丸投げするのでは、あまりにも無責任ですよね。 出勤停止中も、仕事の電話や連絡はすぐに取れるようにしましょう。また、急なトラブルなどがあった場合は、迅速に対応できるようにしておくことも大切です。 更に、重要な業務などを抱えている場合は、引き継ぎをしっかりするようにしましょう。

家族がインフルエンザに感染したら、出来る限り出勤停止

いかがでしたでしょうか?今回は、家族や同居人がインフルエンザに感染した場合の対処法をご紹介しました。 結論から言うと、自分も感染している可能性がないとは言いきれない以上、出勤停止をした方が良いでしょう。 休みを取ることで、同僚や上司に迷惑を掛けてしまうことを心配する方もいらっしゃるかもしれませんね。しかし、もし職場の人々にインフルエンザをうつしてしまったら、被害は更に深刻です。 これ以上インフルエンザの流行を拡大させないためにも、思い切って休む勇気が大切なのです。 また、会社側から出勤停止や指示が出なかった場合も、同様です。自己判断となると、ますます休みにくく感じるかもしれませんが、後々のリスクや被害を考えると、休んでおいた方が安全でしょう。 その場合は、引き継ぎをしっかり行い、連絡などがすぐに取れるようにしましょう。 インフルエンザに感染しない工夫を普段から行い、もし感染してしまっても、周囲に拡大させない行動を取ることが重要なのです。

地味な仕事の連続。全然スキルが付かない。

ビジネスマナーを身につけて先方や上司に気を使い、誰でもできる事務処理を「ハイ」と引き受ける毎日。雑用や地味な仕事の連続で、本当にやりたい仕事をやらせてもらえないビジネスマンは多いです。 「ほかにやりたい仕事がある」「幅広い経験・知識を積みたい」という気持ちは、特に多い転職のきっかけになっています。転職はタイミングや時期の影響でも、有利・不利が大きく別れるので、転職予定がなくても「転職を考えること」「転職を知っておくこと」は重要です。 ほかの人の転職のきっかけ、ベストな転職タイミングが気になるかたは、下記の記事も合わせて読んでみてください。 ■記事タイトル 20代の転職成功方法|転職理由3つ・新卒入社3年以内の転職割合・20代の強み

転職をしようと考えている人は、自分に合った転職サービスを選ぶことから始めましょう。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング