IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【履歴書】人事の心を掴む「趣味・特技」の書き方・例文20個

初回公開日:2016年11月21日

更新日:2020年05月12日

記載されている内容は2016年11月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

書類選考・ES

多くの採用担当者は、あなたの「人となり」を判断する材料として「趣味特技」欄までチェックしています。だから、適切に趣味・特技をアピールすることが、選考を通過するために大切です。ここでは履歴書の「趣味 特技」の書き方と例文を紹介します。履歴書を書こうとしているみなさんはぜひ参考にしてください。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

履歴書での「趣味・特技」の書き方が分からない

履歴書を書く際に「趣味・特技」を書く欄がありますが「どのように書けば人事の方の目に止まるか分からない」という方は多いのではないでしょうか。しっかりと要点を抑えなければ「趣味・特技」でアピールすることはできません。 そこで今回は履歴書での「趣味・特技」の書き方についてご紹介していきます。

履歴書、ES(エントリーシート)の「趣味・特技」の書き方・注意点

履歴書やES(エントリーシート)で書き方や表現の仕方に悩む就活生が多いと思います。
書き方としては次のような流れで決めていくのが良いかと思います。

自分の趣味・特技をノートなどに全て書き出す
履歴書を送る企業の業界、業種、求めているスキルや特徴を書き出す
1と2で近そうなものを選ぶ
人事の視点を踏まえて、具体性を持たせた文章を書く

毎回同じ「趣味・特技」で履歴書やエントリーシートを書いている方はもったいないです。なぜなら、3に挙がってるような工程があるように、その企業に合ったものを選び抜かないと、人事の評価に刺さらない内容になってしまうからです。

4の「人事の視点を踏まえる」工程では次の章で詳細に説明させていただきます。
人事の視点には大きく4つありますので、それらのうちの1つ以上を表現できていると、就活の面接でとても強い武器になります。

人事の視点を踏まえて履歴書の「趣味・特技」を書こう

面接などでの短時間のうちに、その就活生の全てを把握することはできません。そこで、学生の特徴がよく現れる「趣味・特技」について、人事は面接で深ぼって聞き、効率よく情報を収集します。

趣味や特技はその人の頑張りや、意欲、普段の生活の様子が顕著に現れます。趣味・特技を知ることで、人事はその人が自社の社風や職場環境にふさわしいか、人間関係を上手くやっていけるかの判断をしていきます。

具体的に「趣味・特技」欄では以下のような点を見られています。

好きなことに対する集中力や創意工夫、具体的な実績
習慣や性格の傾向
今後の仕事に活かせるかどうか
人間的な面白み・魅力

「音楽鑑賞」「読書」など表面的な事柄を書くだけでは、人事の視点からすると、その人の性格などを知る手がかりが少ないため、何も書いていないのと同様です。ですので、履歴書の「趣味 特技」欄はしっかり人事側の視点も意識して書くと、面接時の会話のきっかけになり、自分の良いところを見せていくことができます。

履歴書の「趣味・特技」欄で書きやすいテーマ

「自分は面白くない人間だから引きつける趣味は書けない」と思ってしまった人も大丈夫です。
何もないように見えても、他の人にはない評価される特徴が何かしらあるものです。
例えば、サークル活動や個人的に続けていることがあるでしょう。
そこからその会社にとって求められるスキルと整合性を持たせて、アピールしていきましょう。
応募者・採用者の両方からアプローチしやすいテーマは次のようなものがあります。

・スポーツ
・健康管理
・食べ物(料理)
・ダイエット
・旅行
・ファッション
・音楽
・パソコン
・習慣

担当社員の個人的な関心や興味を惹くこともあります。
記入する際には質問されたときに備え、詳しい知識やそれに対しての事実やエピソードがあるものを厳選しましょう。

履歴書の「趣味・特技」欄で避けたほうがいいテーマ

反対に、記入を避けるべきカテゴリーとしては

・ギャンブル
・犯罪を想起させるもの
・ゲームやアニメ、漫画、アイドル系(関連業種は除く)

などは書かないことです。ゲーム系は今や日本の一大文化となって海外からも人気を呼んでいますが、一般的なビジネスの世界ではまだ市民権を得ているとは言えないので、誤解を招かないよう、記入は控えるのがベターです。

しかし、本当に熱中して、自己アピールとして使いたいテーマがある場合もあります。

アニメなどを記入する際には、ただの趣味で終わるのではなく、例えば「アニメとそのキャストを全てエクセルにまとめて、自分が次に見るべきアニメをソートで見つけられるレコメンド性を付け足した」といったような、少し深ぼった内容を書けるといいでしょう。

意識したい最大のポイントとしては、それを読んだ担当者が「この人にはあの業務をお願いできるかも」と想起させるような具体的に何ができるのかアピールすることです。 具体的なアピールが思いつかない!と感じたら、就職エージェントに相談するのがおすすめです。趣味や特技のアピールの仕方を一緒に引き出してくれます。

履歴書「趣味・特技」の例文18個

履歴書「趣味・特技」の例文1:記憶力

関連タグ

アクセスランキング