IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【新卒/既卒】就職エージェント別の評判|リクナビ/ネオキャリアなど

就活サービス・サイト

読者の皆さんは就職エージェントというサービスをご存知ですか?はじめに伝えておきますが、就職エージェントを知らないで就職活動をするのと、知って就職活動をするのは雲泥の差と覚えておくと良いでしょう。今回は、就職エージェントについて解説していきます。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約

転職エージェント選びを失敗すると、無理やり求人を紹介されたり、入社前と入社後で聞いていた話と違う、といったトラブルが発生します。そのようなトラブルを避けるために、転職エージェントは「求人数・サポート力・口コミ」で比較しましょう。 まずは、圧倒的な求人数を誇る「リクルートエージェント」から登録していきましょう。 転職に失敗して、転職回数を増やさないためにも「エージェントは複数登録」を忘れないでくださいね。

就職エージェントとは

就職活動で需要が高まっている就職エージェント

「就職エージェント」という言葉を聞いたことはありますか?「就職エージェント」とは、人材を募集している企業と、就職先を探している人との間で、マッチングをするサービスのことです。「転職エージェント」と呼ぶこともあります。 就職エージェントは基本的に仕事を探している求職者は無料で利用することができます。また、就職エージェントでは就職活動をするうえで、適切なアドバイスをする人がサポートしてくれます。 履歴書の書き方やキャリア相談、面接対策など、さまざまな相談をしてもらえるので、ハローワークよりも就職エージェントを活用する、という人も増えています。 ハローワークと就職エージェントの大きな違いは、ハローワークが広く求人を公開して、求職者がみずから会社を選んで応募する形であるのに対し、就職エージェントではあまり一般に求人情報を公開せず、担当のアドバイザーが求職者に合う条件の求人をマッチングしていくというスタイルにあります。 求職者と担当者との距離が近く、相談しやすい雰囲気があります。

就職エージェントはどこから収入を得ている?

就職エージェントを利用するにあたって、求職者は料金は発生しません。 では、どこから収入を得ているかというと、企業から就職エージェントに求人を掲載するための掲載料が挙げられます。求人1件に対して月額いくら、といった料金体系になりますので、安定した収入を得ることができます。 もうひとつは、企業が望むような人材を得たときに支払われる「成功報酬」です。これは非常に大きな金額となっていて、おおよそ就職した人の年収の3割といわれています。 就職が成功すれば大金に結び付くわけですから、担当者も求職者を就職させるためにかなり力を入れてくれます。

就職エージェントを活用するメリット

無料で利用できる就職エージェントには、履歴書の添削や模擬面接、セミナーや詳細な求人情報など、メリットがたくさんあります。自分ひとりで就職活動をしていると、自分を客観的に見る事が難しく、不採用通知をもらっても、何がいけなかったのかと悩むことがあります。 そんなとき、多くの就職成功例を見て来た担当のコンサルタントからアドバイスをもらえれば、ずいぶん心強く感じます。すでに就活サイトや派遣会社などで就職活動をしている方でも、視野を広げて就職エージェントを利用してみるのもいいかもしれません。

おもな新卒・既卒の就職エージェント一覧

キャリアパーク

新卒で就活にお悩みの方は、経験豊富なプロのキャリアアドバイザーがサポートしてくれる「キャリアパーク」がおすすめです。たった1分でエントリーでき、選考免除で当日内定の実績がある人気エージェントです。 エントリーシートの書き方や人事の目を留める自己PRの作り方など、就活準備に欠かせない情報を知っておくことができます。 就活は今後の人生を決める重要な選択です。納得の行く就職活動にするために是非「キャリアパーク」を活用をしましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント」は、業界実績1位を誇る就職エージェントです。企業からの求人数が圧倒的に多く、2017年3月時点では、公開求人30,000件、非公開求人140,000件です。日本各地に拠点がありますので、面談にも通いやすくなっています。 また、医療関係・第二新卒・外資系・UターンIターンなど、幅広い求人を扱っています。 独自のサービスとして、面接力向上セミナーを開催しており、面接の必勝ノウハウや面接官の立場から企業が求める人物像を学べます。

ランスタッド

「ランスタッド」は1960年にオランダで設立された会社です。世界第2位の人材サービス会社から始まった就職エージェントで、外資系や上場企業の転職求人が多いのが特徴です。現在世界39か国、4400以上の拠点があります。 オフィスワーク、エンジニア、製造工場、留学生、短期アルバイトなど、多種多様に対応しています。世界的に有名な企業でありながら、日本では知名度がそれほど高くないので登録者数が少なめであり、競争率という点では有利といえます。

dodaエージェントサービス

リクルートに次いで業界第2位の転職エージェントです。企業から採用計画を直接聞いている採用プロジェクト担当者と、カウンセリングや面接のアドバイスをするキャリアアドバイザーの二方向からの支援が受けられます。 2017年3月時点での非公開求人だけでも130,000件と、リクルートに迫る求人数の多さが魅力です。また、転職のためのセミナーやフェアを行っており、職務経歴書の書き方や面接でのアドバイスなどは高い評価を得ています。

マイナビエージェント

日本最大級の規模を誇る転職サイトです。人材紹介サービスの「マイナビエージェント」、エグゼクティブ層の人材紹介に特化した「マイナビEXECUTIVE AGENT」、就職情報サイト「マイナビ2018」、転職情報サイト「マイナビ転職」など、幅広い人材情報サービスを提供しています。 業種別ではITとメーカーからの求人が多いのも特徴です。とくに20代~30代の転職を得意分野としており、エージェントに進められた案件に応募すれば、半分以上の確率で書類審査に通過すると公表しています。

各就職エージェント別の評判

リクルートエージェントは圧倒的な求人数

日本最大の転職サイトリクナビネクストを運営しているため、求人数では圧倒的です。最初の面談で多くの求人を提示しますが、登録情報をもとに提示してくるので、前職よりも収入が高いものが多いです。 採用を急ぐ企業も多く、就職活動開始から短期間で就職が決まったという話も多いのがこの「リクルートエージェントです。また、正社員求人他に契約社員の募集もあり、そのぶん選べる幅が広くなっています。紹介される求人数では他と比べてもかなり多いところです。

ランスタッドは寄り添い型

スタッフの対応が親身になってくれるという評判が多いです。また、どんどん求人を紹介して就職させる、というスタイルではなく、求職者の希望に沿って一緒に考えると言うスタンスのようです。 外資系のせいか、就職エージェントにありがちなノルマが緩く、残業も少なめの会社なので、担当のキャリアアドバイザーとスケジュールを合わせるのが大変という人もいます。求人紹介は最初の面談をしてからなので、じっくりと時間をかけて転職したい人に向いています。

DODAエージェントサービスは担当者と直接会ってからがスタート

一般的な就職エージェントでは、エージェント会社に出向いて最初の面談をするところがほとんどですが、「doda」では、最初は電話での面談から始まります。 ここで経歴や今後の希望などを担当者と話しあって、条件が合う求人があれば、あらためてオフィスで面談という流れになります。 このときに事前に送った履歴書・職務経歴書の添削を受けられるので、書き方など迷っているところがあれば相談してみるといいでしょう。また、丁寧な模擬面接にも定評があります。

マイナビエージェントは担当者を変えられる

マイナビエージェント」の特徴的なサービスといえば、担当エージェントを変えられる、という点です。やはり人間同士ですので、求職者と担当者との相性はあるものなので、担当者を変更できない就職エージェントが多いなか、担当者の変更可というのは嬉しいサービスです。 紹介する企業は、大手企業よりも中小企業が中心の求人になっています。学校卒業後3年目以内の第二新卒の方のサポートを得意としているのも特徴です。

それぞれに特徴のある就職エージェント

記事のまとめ

就職エージェントはこの他にも数多くありますが、エージェントそれぞれに得意分野などの特徴があります。また、担当者しだいな点はありますが、どのエージェントでも履歴書や職務経歴書の添削相談ができます。 求人を出す場合、たいていの企業では最初に書類審査を行いますので、この書類審査で落されないように、魅力的な応募書類作りを担当のコンサルタントと相談するといいでしょう。 最初に就職エージェントに登録する場合、面談のために通える範囲内にあるかどうかを最初に調べておくのも大切です。模擬面接やセミナーに通う場合、そのたびごとに交通費がかかってしまいます。 また、各就職エージェントには得意とする年代や分野があるので、事前に自分に合った求人があるかどうか、それぞれの就職エージェントのホームページを見てみることで予測できます。 無料で利用できる就職エージェントなので、うまく活用してキャリアアップできたらいいですね。

関連タグ

アクセスランキング