IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

芸術家タイプの人の10の特徴・診断・向いている仕事

初回公開日:2017年03月14日

更新日:2020年05月12日

記載されている内容は2017年03月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

就活

突拍子もない事を言い出し、そしてさらっとやりのけてしまう。恐ろしい程に発想力が豊かで感受性が強い、いわゆる「芸術家肌」と言われる人たちに共通する傾向や、芸術家肌の人たちが持つ強さなど、今回はそんな「芸術家肌」の人たちについてまとめます。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

芸術家タイプとは

人はそれぞれ、さまざまな個性、強み、性格を持っています。自分はどのようなタイプなのか、どんな強みや特徴があるのかを調べようと、占いや性格診断を行った経験がある方も多いのではないでしょうか。   今回は数多く存在するタイプ分けの中でも、感性が優れていて直観的、発想力に優れた「芸術家タイプ」についてご紹介します。

芸術家タイプの人の特徴10コ

一言に「芸術家タイプ」と言っても、さまざまな顔を持ち合わせています。アート関連の仕事をされている人全てが「芸術家タイプ」ということではもちろんありませんし、よく使われる言葉でありながら、その意味は意外と感覚的で漠然としています。   そこで、基本的にどのような人たちが「芸術家タイプ」と呼ばれているのか、10個の特徴についてご紹介します。

特徴1:感受性が強い

「感受性が強い」ことは芸術家タイプの一番の特徴と言えるのではないでしょうか。人の行動や言葉だけではなく、美術品などにも共感し、みんなが気にも留めない小さなことで涙したり、嬉しくなったり、心動かされることが多いのが特徴です。頭ではなく心で物事を判断するので、客観性よりも主観性が強くなります。   また、周囲の気持ちにも敏感で、相手のちょっとしたしぐさや反応から気持ちを察知し、言葉や行動に移すことできます。

特徴2:ひらめき力がある

感受性が高く直観が磨かれている芸術家タイプは、ひらめき力があるのも特徴です。   小さな刺激からたくさんのことを感じられる芸術家タイプは、常に心のアンテナが張っている状態です。日々の生活の中で多くを感じ、それを自分の中でストックしています。それにより、何か意見や解決策が求められたときにポンと解決策がひらめくことがあります。   芸術家タイプの思いつきで素晴らしい結果がもたらされることも珍しい話ではありません。

特徴3:自分を持っている

芸術家タイプは独自の感性を持ち、独特な世界観で生きているため、しっかりとした独自の価値観をもっています。「世間的にはこうだけど、自分はこうする」という引き出しを常に作り出し、また実行する術を持っていたりもします。   「みんなこう言うからそうする」「みんながそうしているから同じように行動する」といった「右へならえ」の考えは、芸術家タイプには理解が難しいです。

特徴4:繊細

感受性豊かな芸術家タイプは、とても繊細な心の持ち主です。心優しく人の気持ちに敏感で、相手が何も言わなくても心を察することができますが、その反面小さなミスや他人のささいな言動にもショックを受け、心が傷ついてしまうことがあります。他の人よりも考えすぎて、小さなことを大きく捉える傾向があります。   思いやりや気遣いに溢れ、他人に優しく接する一方で、必要以上に細かいことを気にして落ち込みやすいのが特徴です。

特徴5:自分の世界を大事にしている

独自の感性を持つ芸術家タイプは、自分の世界をとても大切にします。自分の世界を他者に侵されることを嫌うため、大勢の人に囲まれるより、一人でいる時間を大切にする人が多いです。   自分の世界に没頭する姿は周りから見ると内向的な人と映ることが多く、本人も他人の価値観や生き方にはあまり興味がありません。「人とは違う世界観を持っている」ことに誇りを持っているので、周りからなかなか理解されない状況を作りがちです。

関連タグ

アクセスランキング