IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

経済学部の主な就職先一覧・有利な就職先と有利な資格

初回公開日:2017年01月31日

更新日:2020年05月28日

記載されている内容は2017年01月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

就活

経済学部は一般的に就職に強い学部といわれていますが、決してそうとは言いきれません。就職する業界の幅は広いですが、大学生活遊んでばかりいると就職で大変苦労します。そんな経済学部の学生が就職活動で内定をもらうためにやっておくべきことをまとめました。

1分でわかるこの記事の要約
  • 経済学部の就職先は多方面にわたる
  • しっかりと勉強しつつ、バイトなどでいろいろな経験をしましょう
  • JAIC」の個別サポートで就活を始めませんか?

経済学部は文系学部ですが、比較的就職に強く、人気がある学部です。経済やお金の流れを学ぶため、就職先は幅広く志望できます。とはいえ、志望企業に入れるのは当然在学中の勉強や、就職の対策があってこそです。 また、選択肢が多いからこそ、しっかりとしたアドバイスを受け、対策をすることが大切です。まだ迷っているなら一度実績豊富な「JAIC」に相談してみてはいかがでしょう。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

経済学部の就職事情

経済学部は文系学部の中でも就職率が高く「つぶしのきく」学部として知られています。ビジネスや社会の知識を履修するため、就職後も大学で学んだ学問が役に立つからであり、平均年収も文系の中では高い水準です。 主にお金の流れを勉強するため、銀行や保険などの金融業界に就職する卒業生が多い傾向にありますが、実際の就職先となる業種は多方面にわたっています。

就職における経済学部のメリット

一般的に経済学部は就職に有利と言われていますが、内定を得るのは出身学部よりは個人の資質によるものが大きいです。 経済に興味がないのに就職に強いという理由で経済学部に入学しても、つまらないことを勉強して過ごす怠惰な4年間になるでしょう。 それで就職活動でアピールできることがなければ元も子もありません。メリットばかりに目を向けるのではなく、本当に自分が学びたい分野で学部を選ぶことが大切です。

1.勉強に数学が用いられる

文系の学生は数学に苦手意識があり、受験勉強でも数学を避けてきた人が多いです。経済学部も例外ではありません。 しかし経済学部は講義で数学の知識が必要になってきます。経済学は数字を用いて社会に流通するお金の流れを計算する学問ですので、微分や積分といった数学的な思考法が求められています。 そのため、企業からも「理数系ができる」という評価を受けやすくなります。ですが、数学が苦手で社会科で受験した学生は入学後単位取得で苦労することになります。 経済学部に入学したからには、数学もしっかり勉強すると期待はずれで終わらないでしょう。 余談ですが、文系の学部でも社会科より数学で受験した人の方が年収が高いというデータも存在します。

2.実学を学んでいる

経済学は国際的なお金の流れや社会の動きを見るため、ビジネス的な視点が養われているという印象を受けやすくなります。 会社の業務は大学で学んだことと直接は関係しないため一から学んでいく必要がありますが、上記の理由から経済学部の学生は吸収が早く指導がしやすいため就職で有利になります。 どのような仕事でも「お金」に関わってきますからね。また採用試験では経済問題が出題されることも多く、経済学部の学生は経済分野を学んでいるため解答に苦労しないもメリットです。

3.幅広い企業で求められている

経済学部の就職先は銀行などの金融業をイメージしやすいですが、実際はどのような業界の企業でも一定の割合で求められています。その理由はどの企業にも経理部門や財務部門があり、お金の流れを学んでいる経済学部の学生はそれらの部門で働けるスキルを持っていると判断されるからです。 経理の業務は細かい数字を扱うため、文系の中でも数学を学んでいる経済学部が有利であることは前にも述べた通りですが、経済の動向を見極める分析力も求められているところも強みとなります。

経済学部の主な就職先

経済学部の就職先は多種多様な業界にわたっています。会計やお金の知識はどこの企業で働くにしても求められているからです。 選択肢が多い弊害として、やりたいことが見つからない学生さんも多いと思われます。自分が本当に就きたい業種は何であるか大学生活で明確化させた方がいいでしょう。

金融業

大学でお金の動きを学ぶ経済学部の就職先として、人気の業界といったら金融業界でしょう。大学生の就職希望人気一覧の上位はメガバンクが名を連ねています。 大手となると年収が高く安定しており、多くの企業と関わりを持つため社会への貢献度も高く、やりがいがある業務と言えます。融資担当になると企業の存続に関わってくるため責任は重く、経済学を学んで培った判断力が求められてきます。 金融業は非常に激務であり、ノルマがあるため非常にプレッシャーがかかる業界でもあります。数値目標を達成できないと上司に詰められ、職場の人間関係も悪くなります。 そのため離職率も高いです。精神面でタフでないと到底続かない業界です。

商社

世界中の資源や商品を輸出入する商社は人気のある業種で、大手総合商社は非常に高給であり名門大学卒のエリートがひしめき合う世界となっています。基本的に学部は不問ですが、貿易や物流を担うため経済学部出身者が多い傾向にあります。 国外に出張、または長期間赴任して商談をするため英語は必須となっています。英語ができるのは当たり前であり、中国語やスペイン語も話すことができればベターでしょう。 商社マンというと世界をまたにかけて活躍するカッコいいイメージがありますが、治安が悪い国や政情不安な国へ赴任することもあり危険が伴う仕事でもあります。 また言葉が通じなくとも気合で商談を成立させるくらいのコミュニケーション能力、行動力、そして屈強なメンタルが求められています。そのため体育会出身者が重宝されている業界です。

地方公務員

地方自治体の行政サービスを担当する地方公務員は現在とても人気が高い職種です。地方公務員試験では経済学の分野の出題が大きなウェイトを占めています。 また、数学の分野も出題されるため他の文系学部より経済学部はアドバンテージになります。ただ現在は倍率が非常に高く、専門の予備校に通いながら勉強する人も多数います。 都道府県や政令指定都市にあたる地方上級は、地方活性化のため幅広い業務を行います。治水事業や公共施設の管理、総合開発計画など自治体ごとに政策は異なりますが仕事のスケールは大きくやりがいがあるでしょう。 政令指定都市未満の市町村であると主に窓口サービスを担当し、より地域の住民に密着した業務を行うことができます。

国家公務員

国家の中枢として活躍する国家公務員も経済学部の学生に人気の職種です。国民の生活を支えるため大きなやりがいがある仕事です。 かつては法学部が多数派を占めていましたが、現在は逆転し経済学部が多数派となっています。 国家公務員は総合職と一般職があり、前者は官僚として国の施策を実行するエリート中のエリートです。東大や京大といった最難関大学の出身者がほとんどであり、学閥社会であるため他の大学の人が入庁できたとしても出世の見込みはほとんどありません。 後者は総合職の補佐を行う縁の下の力持ちというポジジョンです。こちらも人気は高く狭き門となっています。経済学部は幅広い知識を学んでいるため、入庁できる省庁の幅も広がります。

就活は一人で悩まず「エージェント」に相談しよう!

就職先にお困りの方におすすめなのが「キャリアパーク」です。 なんと、たった1分!エントリーするだけで特別選考枠へ登録できます。 人気企業の内定者候補になれる確率の高い方法でエントリーできるので、就活に対して不安を感じていたり、うまくいっていないと感じている方は「キャリアパーク」に相談してみてはいかがでしょうか? 就活は今後の人生を決める重要な選択なので、納得の行く就職活動をしましょう。

経済学部生が就職のため取得すべき資格

銀行業務検定

銀行業界を目指す経済学部生は取得しておきたい資格の一つがこの銀行業務検定です。多くの金融機関で昇進の要件となっているため、金融業界では非常に重要な資格となっています。 就職後に取得する人が多いため、在学中にすでに取得していれば金融への熱い想いをアピールできること間違いなしです。4級から1級まであり、2級を持っていると一目置かれるレベルです。 もちろん就職後もスタートラインで差がついているので早いうちから専門的な業務を任されるというメリットもありいいことづくめです。

ファイナンシャルプランナー

経済学部出身者でも経済の何を学んだかと言われると答えられない人が多いです。大学によりますが経済学部は簡単な勉強で単位を楽に取れるため、真面目に勉強する人が少ないからです。 そのためお金の勉強をしてきたことを確実にアピールするためにはファイナンシャルプランナーの資格を取得することをおすすめします。 金融業界や不動産業界に就職する場合は大いに有利に働く資格ですが税金や保険、ローンなど生活に密接に関わる知識を学ぶため、業務に関わらず取得しておいて損はありません。3級は入門者向けであり、実務で役に立つのは2級以上となります。

宅建士

不動産業界に就職するのであれば宅建は在学中に取っておきたい資格です。不動産業界では従業員5人のうち1人が宅建取得者でなければならないので、大きなアドバンテージとなります。 宅建取得者でしか行えない業務もあり、取得するメリットも大きいです。宅建業務に関係ない業界でも、知名度が高い資格なので勉強したことをアピールできるでしょう。 国家資格の中では簡単とはいわれますが、それでも合格率は15%ほどです。しっかり勉強しないと受かりません。勤勉な経済学部生は重宝されますから取得すると好印象かもしれません。

日商簿記検定

簿記の知識はお金の動くところではどこでも役に立ちます。経理や総務の仕事はもちろん、企業の管理職を目指す人も取得しておきたい資格です。 簿記の検定は複数ありますが、一番受験者が多いのは日商簿記です。この検定は4級から1級まであり、2級は企業が求める資格一覧の1となるほど人事ウケがよいです。1級は税理士資格の受験資格にもなっているので、さらなるステップアップが望めます。

秘書検定

特に女性に人気の資格がこの秘書検定です。電話応対やビジネスマナーなどの能力を示す資格であるため、中高年から「常識がない」と思われてしまいがちな今の世代の大学生はこの資格を持っていれば人事から不安視されることもなくなります。 ビジネス実務マナー検定などビジネスマナーの資格は他にもあるので合わせて取得していればデキる人であると思われるでしょう。準1級を持っていると高いビジネススキルを持っていると認められます。

マイクロソフトオフィス検定(MOS)

オフィスでPCを使う業務ではワードやエクセル、パワーポイントのスキルは必ずと言っていいほど求められてきます。ビジネスでは欠かせないこれらのソフトウェアですが、使えない人も案外多いのも事実です。 そのため、ソフトウェアの利用スキルを保証するMOSを取得していると業務を効率良く進められるアピールにもなります。 文系の学生はネットリテラシーが低いという印象を持たれることがあるのでお勧めの資格の一つです。合格率が高いので学生生活の片手間でも取得できるのもプラスです。

通関士

経済学部で学問の一つに国際貿易があります。内需に影響を与える輸入品には関税をかけるなど貿易の理論を学びますが、国際的な物流の手続きを行う資格がこの通関士です。 合格率は10%前後と低いですが、受験資格は無く誰でも試験を受けられます。流通業や貿易会社など国際間でビジネスを行う業界では非常に需要が高く、就職活動では絶大なアピールとなるでしょう。 また、ネットショッピングが拡大し個人でも輸出入が行われているため今後のニーズは高まっていくと予想されます。

TOEIC

英語力を測る資格としては定番中の定番ですね。現在は英語が使えて当たり前の時代となってきており、社内公用語が英語の企業もあるくらいです。 英語を使わない業務でもTOEICのスコアが内定に影響する企業も多数存在します。TOEICのスコアを就職活動でアピールするのであれば最低でも600は欲しいところです。大手企業の海外事業部に就職するのであれば800が最低ラインでしょう。 入社後でも昇進や昇給の基準となる企業もあり、継続的に勉強する必要もあります。

証券アナリスト

金融商品のスペシャリストとして活躍できる証券アナリストも金融機関に就職を目指している人におすすめの資格です。合格率は半分程度ですが、受験者全体のレベルが高いため見かけの合格率より難しいと言われています。 証券投資や市場分析の基礎知識が問われるため、大学の講義で学ぶ学問と直接結びつく部分が多いです。 証券会社に就職するのであればこの資格は大きく有利に働き、銀行などほかの金融機関でも証券アナリストの取得が推奨されていることがあります。

公認会計士

非常に難関といわれる資格ですが、それだけに見返りは大きいです。会計のスペシャリストとして実に多様なフィールドで活躍できるほか、企業が作成した財務諸表が適正かどうか判定を下す監査業務は公認会計士の独占業務となります。 そのため仕事に困ることはほとんどないでしょう。安定性が高く高給であるほか、独立開業することができるのも魅力です。 しかし三大国家資格(他二つは医師、弁護士)のひとつであり、勉強時間や費やす労力が非常に大きいです。この資格を取りたいのであれば、勉強漬けの学生生活を送ることになる覚悟が必要でしょう。

経済学部生が就職のためにしておくべきこと

勉強

大学は学問を修めるために入る教育機関であり、遊ぶところではありません(笑)。 経済学部は比較的チャラい人が多く、特に都内の私立大学だと遊びや飲み会、合コンが大好きなチャラ男くんが幅を利かせています。遊ぶことはいいんです、ただ勉強もしましょう!! 勉強をしないと単位を落としてぽろぽろ落として留年します。もちろん就職でも「遊んでいたから単位落としたの?」と人事からつっこまれてしまいます。 就職で成功するのは遊びも勉強もしっかりやった人だけなのです。取得すれば就職に有利な資格もたくさんありますし、スカスカの時間割を有効活用するためには勉強をするのはいかがでしょうか?

アルバイト

大学生は遊びたいことも欲しいものもたくさんあります。もういい大人ですから親のスネをかじるわけにもいきません。そのためアルバイトでお金を稼ぎましょう。 一つのお店で働き続けるのも良いですが、社会を広く知るためにはたくさんの業種のバイトを経験することをおすすめします。 特に将来の目標がない学生もバイトを通して自分の好きなこと、向いていることがわかってくると思います。つらかったことも終わってみればいい思い出となります。 アルバイトの経験はもちろん就職活動でも話のネタになります。ただお金を稼ぐためにアルバイトをするのではなく、「売上を上げるため工夫したこと」「顧客のニーズを考え、提案したこと」などお店にとってプラスになるため主体的に動くとよりアピールポイントも増え自分の成長になるでしょう。経済学部は利益や損得を勉強する学部ですので。 アルバイト経験の就活での活かし方がわからない人はプロに相談しましょう

旅行

大学生活は自由が多い時間です。社会人になるとまとまった休みが取れなくなることがあり、長期旅行に出かけられるのも大学生の特権と言えるかもしれません。 時間はあるけどお金がないので貧乏旅行を楽しむことができます。おすすめはヒッチハイクです。 見知らぬ人に声をかけて車で乗せて欲しいと頼むことって勇気がいりますよね?そんなハラハラドキドキの体験から目的地にたどり着いたときの達成感はこの上ないです。もちろん、面接でアピールもできるでしょう(笑) 国内旅行に飽きたら、海外にも旅立ってみましょう。きっと日本にいるとわからない世界の常識を実感してカルチャーショックを受けるでしょう。それもまた経験です。外国紙幣を両替するとき少しでも安いレートを探してしまうのは経済学部あるあるかもしれません!!

経済学部でも気を抜かず就職に向けて準備しましょう!

チャラチャラした遊び人というイメージをもたれがちな経済学部ですが、勉強もしっかりやらないと就職で地獄を見ることになるでしょう。 経済学部の学生の傾向として、経済学には興味がないけど看板学部でネームバリューがあるから経済学部を選んだという人が多いです。 就職活動では大学で学んだことをアピールする場なので、興味のない学問を履修しても身に付かず無駄な4年間になってしまいます。 経済学は私たちの生活に密接した学問であり、ビジネスの基礎でもあります。それを踏まえた上で、学生生活を価値のあるものにしていくことが大切です。

経済学部生はほかにもこちらの記事を読んでいます

文系の仕事一覧

文系の仕事とは、具体的にはどのようなものがあるのでしょうか?具体的な文系の仕事や給与をはじめとして、理系の仕事との違いなどについても詳しく紹介していきます。就職を前にした文系の人はもちろん、転職を考えている文系の人も是非チェックしてみてください。

理系/文系の学歴フィルター

最近の就職活動では、学歴フィルターというものが話題になっています。つまり、一定以上の大学を卒業していなければ、説明会や面接を受けさせてもらえないように申し込み時点で設定されているのです。この学歴フィルターの詳細について、詳しく説明します。-

就業未経験・既卒・大学中退の就活なら

この記事のまとめ
  • 経済学部の就職先は多方面に渡ります
  • しっかりと勉強しつつ、バイトなどでいろいろな経験をしましょう
  • JAIC」の個別サポートで就活を始めませんか?

「4年の夏でまだ内定ゼロ…」 「大学中退したけど就職できるかな…」 「フリーターから正社員になれる…?」 そんな方はJAICと一緒に就活を始めてみませんか? ・就業未経験・既卒・中退の就職率80.3%! ・就職した企業への満足率94.3%! ・企業選びから就職後までずっと安心の個別サポート! 実績豊富なJAICがあなたの就職活動をサポートしてくれます。まずは簡単無料登録をしてみましょう。

就活を有利に進めるなら

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

関連タグ

アクセスランキング