IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

商社の仕事内容|一般職と総合職・事務/経理/営業・女性向けの仕事

職種研究

いつの時代も人気な職業商社。そんな商社マンの仕事内容をご存知でしょうか。今回は仕事内容を詳しくご紹介いたします。他にも「商社の仕事内容がよくわかる本」、「一日の仕事内容・流れ」、「商社マンが人気な理由」をご紹介いたします。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

商社の仕事内容

商社マンとは

商社マンとは要するに物を仕入れて、売る、ということを大きな役割としてやっていることです。まず、どんな仕事をしているのか、といいますとまずは輸出入貿易になります。そして、それのみならず、国内における物資の販売を業務の行います。商業の一つの形態であり、非常に幅が広い取扱をすることが多く、それらは総合商社と呼ばれています。特定の分野に特化した専門商社というのもあります。 ある意味では 広義の卸売業ともいえるでしょう。実は総合商社というのは、日本特有の形態であり、英語でも特定の文言がなく、そのままSogo shoshaと呼ばれています。そうしたところで働いているのが商社マン、となります。商社マン、ですから男性なわけですが、別に商社ウーマンもいます。仕事内容として、主に世界中を飛び回り、商品、製品、生産物の確保をするような人が商社マンと呼ばれます。

一般職は?

商社にも当然、一般職が存在しているわけですが、要するにこれらは事務仕事になります。商社マンが世界中を飛び回ることにより、様々な伝票、入出金が必要になることでしょう。それを担う、ということになりますから一般職も非常に人気がありますし、需要もあります。ちなみに女性がとにかく多いです。これはどんな業種にもいえることですが、一般職はとにかくそうした傾向があります。 そして、正規雇用として確保していないことも多くなっており、派遣という形態で商社も一般職の確保をするのが多くなっています。

総合職

商社マンがこれに該当することになります。総合職なのであちらこちらにいくことになります。所属するところもそうなのですが、出先が相当に変わることになりますから、一箇所にとどまることが少ないとされているタイプの雇用になります。但し、給料がよく、また功績を挙げやすいところでもありますから、非常にお勧めできます。 男性が圧倒的に多いですが、女性がいない、というわけではないのです。世界的に活躍している商社ウーマンもいるわけですから女性でも総合職はいるのです。問題となるのは仕事内容が非常に過酷になることが多い、ということです。仕事内容として、かなり大変なことが多く、女性も男性もない、というのが実情になりますから、さすがに女性には厳しいことが多いからです。

事務について

当然ですが総合職であろうと一般職であろうと事務はあります。しかし、事務の仕事としては、なんといっても一般職の人が多くを担う、ということになっています。取引先とのやり取りやその工程に関しては総合職であろうとやるわけですが、細かい伝票処理などは基本的に一般職がやるようになっています。これが商社の事務に対するスタンスであるといってよいでしょう。

経理について

経理の仕事というのは、要するにそこそこえらい部分でもない限りは一般職扱いになります。事務、経理畑で出世する商社マンがいないわけではないのですが、この分野については花形とは言いがたいです。しかし、とても大事な商社の仕事になります。仕事内容としてはどこも同じになりますから、これは特に違いがあるといえるわけではないです。商社であろうとなんであろうと経理は仕事内容としては同じでしょう。

営業の仕事

商社に限ったことではありませんが、営業の仕事内容としては要するに売ること、買うことです。海外のみならず、国内の業者に仕入れたものを売る、ということがありますから、そちらのほうの営業もあります。その営業の仕事内容としてはそんなに珍しいことではないのです。何も総合商社であろうとなんであろうと営業自体のやるようなことは同じになりますから、不安がることはないです。

女性向けの仕事とは

商社における女性向けの仕事とは一般職になります。つまりは、経理事務などがその一つになることでしょう。営業もないわけではありませんが、そんなに多いわけではありませんから、注意しておくとよいでしょう。応募するときに男性のみ、としていることはありませんがそれでも男性しか総合職は取らない、ということがありますから、覚悟しておくことです。

商社の仕事内容がよくわかる本

ふたつの方向性

商社の仕事内容を知りたいのであれば話を聞くなり、本を読むなりしたほうがよいでしょう。世の中にはいくらでも商社に関する本がありますから、それを読むことです。一つは実用書、参考書的なものです。もう一つは小説です。小説なんて役に立つのか、と思うかもしれませんがこれが意外と面白いです。そこから商社への興味を強くする、というのはありでしょう。

実用的な知識の本

まさにそのままですが、『商社マンの「お仕事」と「正体」がよ~くわかる本』がお勧めできます。七大商社のカラーから、商社マンに求められる資質、そして、面接対策なども書いてあります。仕事内容のみならず、商社の特色、採用面接に関してまで情報がある、というのはなかなか役に立つことでしょう。特に業界研究などを就職活動前にやりたい、というのであればこの本がまずはお勧めできるようになっています。 価格も安く、まず、取っ掛かりとしてお勧めできるといえるでしょう。 他にも『図解入門業界研究最新総合商社の動向とカラクリがよ~くわかる本』がお勧めできます。この図解シリーズというのは、わかりやすいものが多いですから、非常に良いです。 商社の歴史もありますし、各社のビジネスモデルの情報、そして、主要総合商社の特色などが書いてあります。もちろん、どんな仕事をしているのか、ということもそうです。このような本がお勧めできるのは間違いないでしょう。

商社関係のの小説

小説でいえば山崎豊子『不毛地帯』、松本清張『空の城』、高任和夫『商社審査部25時』なども名作ですからチェックしておきましょう。これは面接で問われる可能性すらある不朽の名作になります。当然、基本的にはフィクションではあるのですが、それでも十分に読むメリットはあります。その雰囲気を堪能することができるようになりますから、是非とも読んでみるとよいでしょう。金額的にはそんなに大したこともないでしょうし、興味があるのであれば購入してみることです。 まさに名作ばかりですから、図書館などで借りることもできるでしょう。この本がない図書館なんて無い、といえる程度には有名な小説といえます。商社マンを目指すならば読んでみましょう。

一日の仕事内容・流れ

メールチェックから

要するに何か連絡事項は無いのか、ということです。出張があれば向かいつつ、ということになります。面談があればそれに合わせて、資材の手配などもやることがあるでしょう。はっきりいって多様すぎてこれが商社の一日の仕事内容だ、流れだ、ということはかなり厳しいといえるでしょう。 しかし、まずはメールチェックから始まり、各種、関係各所に連絡をして、手続きが必要なものはどんどん済ませていく、というのが仕事の流れになります。資料作りも必要になるでしょうし、プレゼンも必要になります。その手の準備で徹夜ということが商社マンにはよくあるのです。仕事内容は非常に充実しており、なかおつ過酷といえます。少なくとも9時5時の仕事ではありませんから、覚悟しておきましょう。それでも人気があるのはとにかく給料が高いからです。

いつの時代も人気職

商社の仕事はいつの時代も人気があります。理由はいくつかありますが要するに給料が高く、バリバリ働いている、というように見えますし、また実際にそうなのです。そして、男性はモテます。実際には忙しくてそれどころではない、というのが本音である人が多いのですが、それでもとにかく働くということに関して強い充実感を得られる仕事であるのは間違いないことでしょう。なかなか採用されること自体、難しい仕事ではありますが、目指す価値は十分にあるでしょう。

転職すると給料・年収が上がるってホント?

入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング