IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

男性医療事務の平均年収・求人の需要・結婚率・辞めたい割合

就活

男性の医療事務スタッフについて書いています。平均年収や男性医療事務スタッフの需要について触れ、男性医療事務スタッフの結婚率についても調べています。医療事務の仕事をする男性が辞めたいと思う割合と理由や医療事務として働く人の年齢層と男女比を紹介いたします。

更新日時:

男性医療事務の平均年収ってどうなの?

男性医療事務の平均年収ってどうなの?

男性医療事務の平均年収はどれほどなのでしょうか、気になりませんか。今回の記事では、平均年収を中心に解説していきます。まず、平均年収は、250万円から350万円未満(平成26年度調べ)といったところです。 地域によっては、年収180万円~250万円のところもあります。業種別でいうと、大学病院の医療事務は平均年収250万円ほどで、クリニック病院の医療事務は平均年収200万円に下がります。

給料

初任給は、10万円台後半~20万円程度が最も多いです。勤続3年で16万円~20万前後にあがります。20万円で頭打ちになっています。しかし、地域にとっては全く給料が上がらないところもあるようです。 大学病院の医療事務の給料は17~20万円です。時給でいうと、1,100円~1,300円です。クリニック病院の医療事務は16万円からになります。時給でいうと、1,050円です。

医療事務の男性の求人の需要は?

医療事務の男性の求人の需要は?

医療事務は女性の仕事というイメージが強いです。街のクリニックでは医療事務はほどんど女性です。しかし、総合病院などの比較的大きい病院では、男性スタッフも働いています。 男性スタッフが少ない理由は、年収の低さがあります。派遣会社による契約は、直接雇われる場合よりもさらに低くなります。一家の大黒柱の給料としては決して高いとは言えません。医療事務と言えば女性のイメージが強いことも関係しています。

需要増加の理由とは?

しかし、近年では男性スタッフの需要は増えています。女性に人気の職業である医療事務ですが、離職率が高いことが問題になっているからです。男性だから、辞めないとは限りませんが、女性に比べると離職率は低くなっています。 現場では残業が多く、救急センターの当直など夜間や休日の出勤に対応する必要もあり、家庭を支える主婦や育児中の女性などにはハードな仕事です。そこで男性スタッフの需要が出てきます。 このほか、防犯上の理由もあります。特に総合病院など大きな病院では、いろいろな患者さんが訪れます。モンスターペイシェントと呼ばれる困った患者に詰め寄られたり、精神科の患者が突然パニックになってとびかかってくる、ということもあり得る現場です。男性スタッフがそれらの抑止力として期待されています。

未経験

40歳を過ぎてから未経験で医療事務に転職した方がいます。新卒から20年くらい勤めていた会社辞めて転職しました。全くの異業種で異職種からの転職です。 転職した理由は、リーマンショックにおける売り上げ激減に伴うものだそうです。40歳という年齢でも、医療事務スタッフになることはできます。

転職

医療事務で男性スタッフの募集も増えてきています。理由は下記7つです。 ・病院はパラハラが横行するため、女性がすぐに辞めてしまう ・当直勤務や長時間労働があり、女性には厳しい ・いじめなどもあり、打たれ弱い女性は辞めてしまう ・女性は結婚での退職がある ・男性は警備員の代わりとなるクレーム対応ができる ・救急車の運転や患者送迎ができる ・女性は集団を作り、いじめをしやすい 男性の利点をそれとなく武器にして、面接に臨むと医療事務員になることもできます。転職活動もうまくいきます。男性医療事務スタッフの需要は確実に増えています。

男性医療事務のメリット

男性医療事務のメリット

男性医療事務のメリットは、2つあります。まずは、長く働けるということです。男性であるという点から、結婚を迎えても、長く仕事を続ける可能性が高いというメリットがあります。 女性スタッフの場合、結婚・出産・ご主人の転勤など、本人の意思だけではどうにもならない状況で仕事を辞めざるを得ないというスタッフがでてきます。 次は、トラブル防止になるということです。やはり男性がいることでトラブルの抑止になるという効果は考えられます。 特に医療機関はさまざまな方が出入りするため、患者さんの中にモンスターペイシェントと呼ばれる困った患者さんがいないとも限りません。こういった方々とのトラブルを未然に防ぐという役割も少なからずあるのだと考えます。

医療事務の仕事をする男性の結婚率

医療事務の仕事をする男性の結婚率

医療事務の方は少し未婚率が高い傾向があります。女性は理想が高いので、給料が低い医療事務の方を選ばないという声もあります。 しかし、最終的には人柄が重要なので、職業が結婚に直結するわけではありません。結婚率は高くなりませんが、それは個人の問題もあるでしょう。

医療事務の仕事をする男性が辞めたいと思う割合と理由

医療事務の仕事をする男性が辞めたいと思う割合と理由

医療事務の仕事をする男性が辞めたいと思う割合は少なくありません。その理由は、5つあります。なぜ辞めたくなるのか、さらに将来性についてはどうなのでしょうか。ひとつひとつみていきます。

1.女性ばかりの職場で居づらい

どうしてもまだまだ女性スタッフが多い医療事務です。女性に嫌われてしまったら仕事がやりにくくなります。やはり男性の同僚も欲しくなるのが正直なところでしょう。

2.給料が安い

はじめから分かっていたことではあるのですが、給料が安いという課題があります。主婦パートであれば1,000円を切る求人もあります。ただし、大きな病院では経験を積み重ねると給料が上がっていく職場もあります。小さな病院だとなかなかあがらないことが多いです。職場選びも重要になってきます。

3.お局様がいる

こればかりは職場によって異なりますが、陰湿なお局様がいる職場もあります。特に男性には厳しい可能性もあります。精神的に弱い方は我慢できずに辞めていく方もいます。お局に嫌われない工夫が快適な仕事環境に繋がってきます。

4.責任感に耐え切れない

医療事務の仕事は、医療費に携わる重要な仕事をしています。患者様の医療負担を決める大事な作業を手作業でパソコンに打ち込んでいくので、間違ってしまうと、窓口での医療費負担が大きく変わってきます。医療費のミスはあってはなりません。その責任は大きいです。

5.新しく変わる内容に対応できなくなる

医療事務の仕事は覚えることが多く、入力に関する内容も細かく変わってくるため、だんだん対応できなくなりミスが増えて辞める方がいます。常に最新の情報を頭にインプットすることが大切です。それに対応できなくなった方は辞めていきます。

将来性

医療事務は長く続けやすいことから、勤続20年と言ったベテランも多く活躍しています。そのため、職場によっては新規で人を雇う必要がほとんどなく、新卒者にとっては競争が激しくなってしまっているところもあると聞きます。 業務の効率化を目指し、医療のIT化が進んでいます。IT化によって、医療事務の業務であるレセプト作成も電子化されてきています。そのため、事務処理スキルの一環として、よりパソコンの扱いが得意な方が求められるようになっています。 男性・女性問わず、介護施設は勢いよく増加しており、それに合わせて医療事務のニーズが増えることが予想されます。現状では、専門知識やスキルを備え、患者さまに対してきちんと対応できる人材が多方面で求められています。

医療事務として働く人の年齢層と男女比

医療事務として働く人の年齢層と男女比

現在、医療事務員として働いてる方は、20代~60代までと幅広いです。実際の現場で新人として採用されている未経験者の年齢を見ると、40代前半くらいまでの人が多いでしょう。しかし、50代で未経験者であっても、医療事務の資格を取ることで、正職員として採用されたという例もあります。 医療事務の男女比が1対9ほどです。ただし、この男女比の割合は医療機関の規模によって多少異なってきます。小さな病院では、ほとんどが女性スタッフです。しかし、総合病院といった規模の大きな医療機関になると、男性職員の割合が高くなります。 それでも男性の割合が女性を超えることはほとんどありませんが、中には、男女比が5対5と、ほぼ半々となっている病院もあります。男性が多い職場を選びたければ、大きな病院を選択しましょう。

医療事務の専門学校の男女比

医療事務の専門学校での男女比となると、現場とはまた違った割合になってきます。ある医療事務の専門学校に通う男女比は、1対3といった割合だそうです。 想像以上に男性の割合が高いと思いませんか。一般的なイメージよりも、医療事務の勉強を志す男性は結構います。女性の割合の方が多い世界だけに、男性だと医療事務の専門学校に通いにくい、男性でも医療事務として就職できるか、といった不安な気持ちになっているのでしょうか。

男性でも目指せる医療事務

男性でも目指せる医療事務

まだまだ女性の医療事務のイメージが強いですが、今後は男性も増えてくる可能性が高いです。ほとんどの専門学校の募集要項の募集枠にも「男女20名」と、男性の募集もしていることがしっかり書かれています。 大きな病院になればなるほど男性職員の需要が多くなる傾向にあるので、そういった就職先を選ぶといいでしょう。30代を中心とした比較的年齢層が高い職場環境であることが多いです。経験を積み重ねてスキルアップできる仕事なので、定年までしっかり働くことができます。今後は、男性にとっても女性にとっても働きやすい環境になることでしょう。

関連タグ

アクセスランキング