IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

未経験でも医療事務になれる?面接で気をつけること・ポイント

職種研究

医療事務のお仕事に興味があり、是非やりたいと思っているけれど未経験だしどうすれば良いかわからない。しかし、未経験でも可という募集を出している病院やクリニックもないわけではありません。そして医療事務のお仕事は必ずしも資格重視というわけでもないようです。

更新日時:

未経験・無資格だけど医療事務になれるのか

医療事務の仕事内容

医療事務とは病院や歯科、調剤薬局などの医療機関で初診・再診の受付をしたり保険証を確認して診察券を発行したり。大きな病院では入退院の受け付けもありその業務は幅広いですが、一般事務との大きな違いは初診料・診察料・検査料・注射や薬代などを1点10円として点数で計算する「診療報酬明細書(レセプト)」を扱う専門性のある仕事です。

医療事務に求められるスキルを知る

医療事務は国家資格ではないため、資格として取得する場合には民間の学校主催であったり通信教育などでの認定試験を受けることになります。転職を考える人などは社会人向けの医療事務のスクールなどに通う方もたくさんいます。 しかし、実際には実務を経験しながら身につけて行くという場面も多く、医療事務の点数計算のみならず患者さんとのコミュニケーションや接遇態度などのスキルも必要になってきます。未経験で仕事を始めるという場合でも医療事務について学んでおくことはとても大切です。

未経験の場合の医療事務の面接で気を付ける事

基本的には医療事務を仕事として始めるに当たって資格は必要ありません。未経験者でもOKという求人も多く見られます。 しかしいざ仕事を始めてみると専門性が高く、挫折したという声も少なくありません。そのため次のようなことに気をつけることをおすすめします。

医療事務未経験可なら面接してみる

どんな職種でも誰もが最初は未経験です。女性が多く働く医療現場では結婚や出産などで入れ替わりが激しい場合もあり、医療事務の募集というのは比較的多いと言えるでしょう。その際、若い人の育成を考えている医療機関ならば未経験でも積極的に募集をかけるでしょう。 この場合、10~20代前半が有利かもしれません。他院での経験がある人よりもまっさらな状態から教えることを望む病院もあるようです。 しかし、年齢であきらめてしまうのも良くありません。年齢の枠にとらわれず働きたいことをアピールしても良いでしょう。まずは求人に応募してみましょう。

医療事務未経験のアピールポイント

面接ではなぜ未経験で医療事務という職種を選んだのかや、病院の顔でもある医療事務という仕事内容を真面目に全うできる人材であるかどうかなどが見られます。その際忘れずに伝えたいのは医療事務の資格取得に向けて勉強しているということをしっかりとアピールすることが大切です。医療事務の要であるレセプト業務はとても正確性を求められる仕事であり、責任感のある人を求めています。そしてほとんどコンピューター化されているため基本的なパソコン操作が出来ることは必須です。 また、病院という職場に入った以上は守秘義務を守り患者さんに愛情を持って接することのできる優しさや強さのある人かどうかなどの接遇のスキルなども面接から判断します。未経験でもコミュニケーション能力ややる気を評価されて採用されるケースは多いようです。 人柄の良さと基本的な事務能力の高さ、医療事務について勉強中。という前向きな姿勢が評価されます。

未経験ならば医療事務を学ぼう

では具体的に医療事務を学ぶにはどうすれば良いのでしょう。 ・インターネットなどで調べて知識を得る(基本的な仕事の流れ、必要な書籍などを調べる) ・専門学校に通う ・通信教育で学ぶ そしてその際に忘れてはならないのは「医療事務は資格よりも実務経験」ということです。そのため長期で学ぶのではなく、短期間で習得できるものあるいは働きながら学ぶというスタイルもオススメです。未経験で採用された場合にも勉強と並行してスキルを上げていく方がベストです。

離職中ならば職業訓練校の医療事務

未経験でいきなり現場に出るのは不安という方はこのような短期間で通える学校などに行き、病院での仕事についての情報などを得ながらスキルを身につけて行くという方法もおすすめです。専門学校だけでなく職業訓練校のような場所でも医療事務資格が取得できます。しかし、無料で講座を受けらるためその競争率は激しいようです。 ・募集期間 4月や10月開始のところが多く、その1~2か月前くらいから募集が始まります。各地のハローワークに所定の申込書があるので記入して申し込み書類選考されます。資格を取得したいけれど、勉強する資金が足りない離職中の方には嬉しいシステムと言えるでしょう。

未経験で医療事務という仕事に就くメリット・デメリット

医療に貢献でやりがい。募集も多い

医療事務という仕事は、事務室に入って事務仕事をする内勤のみということではなく病院の顔として受付業務をこなし患者さんを案内したりという接客のような部分も多数あります。未経験の方でもまず患者さん看護師とのコミュニケーションをとる場面が多く驚かれる方も多いようです。そんなコミュニケーションを通じて事務だけではなく、現場の医療に貢献できるというメリットや、全国各地に病院があるため結婚・出産・配偶者の転勤などがあった場合でも比較的仕事が見つかりやすいという大きなメリットがあります。 実務経験を積んで経験者ということになれば働く時間を選べたり、医院を掛け持ちして働くなどそれぞれ自分に合ったスタイルで働ける場合も多いようです。そのため少ない人数枠にたくさんの面接希望者が集まる人気の職種と言えるでしょう。

医療事務未経験でパートの面接はどうか

医療事務未経験者でパートで仕事をするという方も、面接の時にはやる気や医療事務を学んでいるかどうかを問われるでしょう。時間の長い短いに関わらず、医療現場で責任感を持って取り組む仕事には違いありません。パートであれど医療に貢献したい気持ちや仕事を覚えて頑張りたい意気込みをしっかりと伝えましょう。パソコンのスキルや異業種での経験なども生かせるところはアピールしましょう。

医療事務は楽な仕事ではない

病院での仕事は病気の患者さんを相手にする仕事であり、毎日楽しいことばかりという明るさだけの部分の職場ではありません。体調の悪い人と接したり、健康保険などを始め広い知識を持って問い合わせに対応する必要があり、受付業務などではメンタル面での強さが求められます。 また、女性が多いということから職場での人間関係が大変という声も聞かれます。そのような面はコミュニケーション能力の高い人ならばさほど苦痛に感じない人もいるでしょう。診療報酬明細書を始めとした病院での事務は、一度覚えればそのまま楽に続けて行けるというわけではなく細かい改正もあり勉強は仕事を始めてからも必要です。 レセプトが間違っていて返戻されるなどのトラブルなどから残業も多い職種でもあります。給与面でも一般的な事務とさほど変わりません。しかし、資格所有者には手当を出す病院も増えているようです。 女性が長く続けられる職業として、デメリットよりもメリットを感じる方が多く人気の高い職業です。

医療事務なら調剤薬局事務という選択肢も

調剤薬局事務とは何か

調剤薬局事務とは医師が書いた処方せんを患者さんが調剤薬局に持ってきた際の受付・オペレーター会計・請求事務などの事です。医療事務で行う診療報酬明細書に対して、調剤された薬に対して出される調剤報酬明細書(レセプト)を取り扱うため、使用する範囲は薬剤の分野だけになります。 薬の飲み方の説明や調剤薬局内の清掃なども行います。

調剤薬局事務の勉強の仕方

医療事務資格が1.5~3ヶ月程度の期間をかけて資格取得するのに対して調剤薬局事務は1か月程度で学ぶことが可能です。前記したように薬剤に関しての点数計算になるため、医療事務に比較して学習の範囲が狭いためです。また、最短3日で調剤薬局事務の資格を取得できるスクールもあります。未経験で調剤薬局事務に就いた場合マンツーマンで教えられる環境にある職場ならばスクールなどに通わずとも現場でスキルを身に着けられるという場合もあります。いずれにせよ、未経験の場合には前もってどんな仕事をしているのかについては知っておくようにしたいものです。

未経験で歯科の医療事務はどうか

未経験者が多い歯科の医療事務

医療事務・調剤薬局事務とありますが、歯科での診療報酬請求事務もあります。医療事務に比べると範囲は歯科部門だけになるためレセプト業務の量は病院に対して少な目になります。歯科にもよりますが、受付や歯科助手として歯科医師の治療のサポートも兼ねるところもあります。また、掃除や器具の消毒・滅菌などの雑用も行います。 患者さんと実際に触れあう距離も近く、人と接するのが好きな方に向いています。医療事務に比べて未経験者の採用が多いのも歯科医院の特徴ではありますが、募集年齢の枠が10~20代までと若年層をメインにしているところが多いでしょう。

医療事務は人気の職業

よほど問題のある職場(病院・歯科医院・調剤薬局)でない限り長く続けられてやりがいもあり、働きやすい仕事だと感じる方が多い人気の職業です。そのため求人数が思ったより少ないと感じられる方も多いでしょう。

未経験者こそ自分から問い合わせてみよう

求人広告を出しているところは「即戦力」を求めている確率も多いのですが、医療事務で働きたい意志を伝えて働かせてもらうことは可能であるのかを病院やクリニックなどに自分で問い合わせてみるいわゆる飛び込みという方法も未経験者には有効です。 女性の多い職場のため、結婚出産や夫の転勤などでの出入りがあるため補助的に人材が欲しいというケースもあるからです。その際未経験者を育成するという方向性で採用する病院もあるからです。補助人員やパートなどに関しては紹介や問い合わせから面接を行うことによりコストを減らせるので求人が出ていないからといって躊躇せず問い合わせてみましょう。

未経験者で医療事務になりたいなら早めの行動を

実務経験がものを言う医療事務ではありますが、未経験者の場合始める年齢はできるだけ早い方が良いでしょう。経験がないから、資格がないからと考えあぐねているよりもあらかじめ仕事内容を把握した段階でなんらかのアクションを起こすようにしましょう。ハローワークへ行き求人を探したり相談をするのも良いでしょう。始めは誰でも初心者なのです。

関連タグ

アクセスランキング