IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ガス会社への就職/転職の志望動機と例文・見られるポイント

就活ノウハウ

毎日の生活を安定した物にしてくれているガス会社。その高い社会貢献性から仕事に魅力を感じて、ガス会社の職員を目指している人もいるのではないでしょうか。志望動機の書き方や職種別の志望動機を書くポイントなど、気になる就活ノウハウをご紹介します。

更新日時:

ガス会社の就職・転職での志望動機の書き方

ガス会社に就職する際の志望動機の書き方には苦悩する方は多いでしょう。ガス会社は社会全体を支えるエネルギーインフラの職種の為、なかなかガスエネルギーというものに関心がないと興味を持たない人も多いのではないでしょうか。

どんな人がガス会社に向いている?

ガス会社に就職するには適正も確認することが大切です。やはり、適正もありますし、どんな人がガス会社に向いているかといいますと『公共性が高い仕事がしたい』『チャレンジ精神の強い人』『チームで仕事がしたい人』などです。

特にガスエネルギーは公共の物なので、止まるだけでも多くの人の生活に大きな影響を及ぼします。だからこそ、誰かに必要とされたい、誰かのために頑張りたいという気持ちを持っている人には向いているのではないでしょうか。 また、エネルギーについての興味も強い人でインフラ系の仕事に就いてみたいという人にとっては、まさに天職ともいえるでしょう。

エネルギーやインフラの仕事に関心があるだけでなく、なぜガス会社というエネルギーに興味をもったのか、ただ「面白そうだと思ったから」「安定な仕事ができそうだから」といったありきたりな理由では志望動機の理由としては弱く、採用担当者の心には響かないでしょう。

エネルギーやインフラの仕事に興味があることを伝える

ガス会社の仕事は裏で社会を支える大きなインフラ系の仕事です。インフラというのはインフラストラクチャーという言葉の略称のことで、日本語に訳すと下層部構造という意味になります。この意味は時代とともに転じて、生活や産業の基盤として整備されている施設ということを指すように成りました。 ガス会社の仕事は特に私たちの生活の基盤であり、日頃から社会全体を支えている大切な仕事です。その仕事に就いた時、『自分がしっかりと社会全体を支えて役に立ちたい』 『ガスエネルギーの仕事に興味がある』ということを志望動機では動機とともに伝えたほうがいいでしょう。

特にガス会社の仕事は社会貢献が高くやりがいを感じるという面ではとても書きやすい志望動機にはなりますが、それではありきたりな内容となってしまうので、いかに志望動機のオリジナリティを出せるかが勝負となってきます。

ガス会社を選んだ理由となるきっかけやエピソードを志望動機に盛り込む

基本的に社会貢献としては大きく、会社の安定性が高いため、志望動機に書いてしまいそうになりますが、そういった理由だけでは採用担当者の目には入りづらいです。この様な理由ばかりで採用していたら人材の募集が追いつかないでしょう。

ガス会社の志望動機を書くポイントとしては、数あるエネルギーの中でも『なぜガスというエネルギーを選んだ』のか『ガス会社の事業のどんなところに魅力を感じたのか』など自分の過去の体験や経験などから理由付をして、志望動機向けのエピソードを盛り込んでいくといいでしょう。

ガス会社社員で必要な資格やスキル

ガス会社の社員になるのはいいけれど、特別な資格やスキルが必要なのか気になルところです。驚くことに入社前の段階では、特に資格は必要ありません。なぜなら、資格は大半が入社後に取得できるようになっているからです。 各職種によって必要な資格は違ってきますが、ガス会社の営業職であれば、コミュニケーションや営業力などが求められますが、同時にガスについての知識や技術の知識などを勉強しておく必要があります。

ガス会社や志望動機で書けるような資格ですと「ガス主任技術者」やプロパンガス会社でも活かせる「高圧ガス販売主任者第2種」、「液化石油ガス設備士」など基礎的な資格があれば志望動機や自己PRで書けるはずです。 また、会社によってですが、営業、保安、保全などで車を扱う場合があるので、自動車免許も必要の場合があります。事務に関しては、MOT(マイクロオフィストレーナー)のビジネス系の資格やExcelを扱える上級情報処理検定などを受けておくと、志望動機や資格欄に書けるので、良いアピール材料にはなるでしょう。

ガス会社の志望動機例文

ガス会社の仕事内容や志望動機の書き方は何となく分かりましたでしょうか?志望動機を書くヒントとして活用してみてください。さて、いざ志望動機を書くぞ!と思っても、なかなか理由や形式が見つからず、困ったことはありませんか。そこで、履歴書や面接カード、面接時の時に参考になりそうな、志望動機の例文をご用意しました。

ガス会社の志望動機例文:家庭営業の場合の履歴書

『私は●●ガスの魅力を社会を支えるインフラ業界である貴社の会社の舞台裏で、全てのお客様や社会に安全なガスをお使い頂けるよう、精一杯貢献したいと考えています。私自身、昔から影で人をサポートすることが得意で、人と話すことも好きなので、アルバイトは接客業でした。 学生時代には、テニスサークルのマネージャーとして3年間影で部員たちを支えていました。どうしたら県大会へ行けるような体力がつくのか、食事メニューや練習方法など懸命に考え、サポートしてきた結果、昨年の県大会で2位を取ることができました。この経験を通して、全てのお客様へ安心で安全なガスを使用していただけるよう、頑張ってまいります。』

ガス会社の志望動機例文:企業営業の場合の面接カード

『今まで学生インターンとして、私はバイオエネルギーの研究開発に従事するベンチャー企業に勤めました。インターンを通して、様々なことを学びながら、ガスやエネルギーの成長の可能性、潜在市場規模の大きさ、社会的価値の高さなどが今回私が望んでいる理由の1つでもありました。 私たちは、私たちの生活、ガス、会社、そして社会全体を支えている会社に大きな関心を持っています。 私は自分のキャリア範囲を拡大し、自分の過去の経験をガス会社ビジネスの拡大に貢献したいと思ったので、営業職に応募させていただきました。』

ガス会社の志望動機例文:生産業の場合の面接

『人々の社会生活に欠かせないインフラとしての役割と、ガスエネルギーを通して人々の生活を豊かにする役割の両方を担うガス産業において最も誇り高い役割を果たしている自分の仕事に誇りを持っていると思ったからです。私の強みは『何事も人の為に動く』という信念を持って責任のある作業に集中できることです。そして大学で学んできた知識や技術の経験を最大限に活かしていきたいと思い、志望いたしました。』

ガス会社の志望動機例文:供給の場合の履歴書

『ガスの供給という製造業を通じて社会に広く貢献したいと考えています。私が貴社で働きたいと思った理由は、ガスという製品を通じて人々の生活を豊かにするメーカーとしての役割と、人々の社会生活を支えるインフラストラクチャーとしての役割を結びつけることで、これは私が活躍できると思った社会貢献度が高い誇り高い仕事です。その中でも貴社の「人間の尊重」という考え方に非常に興味を持ちました。 会社見学の際にお話を聞かせていただいた従業員の方には本当に感銘を受け、ガスというエネルギーの社会貢献度が高いことに感心しました。私の強みは粘り強く、諦めないことが信念です。一度決めたことはやりきるまで諦めません。以前していたアルバイトでも諦めない心がユーザの皆様から感謝されるきっかけでした。今までの経験と知識を活かし、力の限り頑張りたいと思います。よろしくお願いします。』

ガス会社の志望動機例文:事務の場合の面接カード

『私は昔から「縁の下の力持ち」と言われるような人間になりたいと思っていました。日頃よりコツコツとしたことが好きで、パソコンのスキルを学生時代からコツコツと上げていった結果、前職では様々なプロジェクトをサポートで支えたり、成功するように影で支えてきました。 ガスエネルギーという社会の縁の下の力持ちである貴社は毎日の生活で使うガスを支えていて、環境についての配慮も大きく社会貢献できると感じ、私の前職での事務スキルとコツコツとした努力をぜひ貴社で大きく活かしていきたいと思いました。』

ガス会社の志望動機例文:管理・企画の場合の面接

『前職では工場系の営業事務をしていたため、事務作業はもちろん営業としてのコミュニケーションも自信があります。特にお客様からは「あなたのおかげで良くなったよ」と感謝の言葉を頂くこともありました。また、常に様々なことに疑問点を持つようにしているため、幅広くアンテナを張り、何が今必要なのかを分析することもできます。 そして、問題点を見出し、解決へと実行することができます。御社ではガスエネルギーという環境にも関わるようなインフラストラクチャーの業務なので、一見表立っては見えづらいですが、私のスキルや経験を活かして、より多くのお客様へガスエネルギーの提案ができるのではないかと思いました。』

職種別のガス会社の志望動機で見られるポイント

いかがでしょうか。ガス会社の志望動機の書き方で感覚は掴めましたか?特にガス会社は営業や供給、生産だけでなく、保安、保全、調達などの職種もあります。それでは、職種別にガス会社の志望動機で見られている志望動機のポイントを職種別にご紹介しましょう。

ガス会社の事務職の志望動機ポイント

ガス会社での事務職の主な仕事内容としては、営業のサポートや顧客対応、伝票管理など一般的な一般事務の仕事としてはほとんど同じです。企業には必ず一般事務はありますので、なぜ数ある会社の中でガス会社を志望したのかを志望動機では書いていきましょう。 また、影で支えるという意識を強く持っていることと、環境やエネルギーに配慮した貢献がしたいなど、社会全体の役に立ちたいという熱意が志望動機では必要になってくるでしょう。

ガス会社の営業職の志望動機ポイント

営業職といっても、ガス会社では様々なお客さんを対象としていることが特徴です。私たちが多く知っているガス会社の営業は、一般家庭の顧客を対象にしたガスのサービスや商品をハウスメーカー、マンションなどに提案する営業です。 最近では電力自由化に伴い、ガス会社でも電力エネルギーを扱うようになりました。そのためガスとしてのエネルギーと電力を供給するというエネルギーに関しての関心を向けた志望動機を書くことがいいでしょう。また、一般向けのマンションハウスメーカーだけでなく、各企業、病院、飲食店、商業施設などの産業の方面にも営業を行うため、比較的高いコミュニケーション力を求められます。

そして、お客さんへのニーズや環境に合わせた商品や機器の最適化運用ができるような提案力と知識、コンサルティング力を志望動機としてはアピールしていきましょう。

ガス会社の保安、安全の志望動機ポイント

ガス会社ではもっとも一般でも見られているような仕事ではないでしょうか。たまにガスの点検やメーターの交換などがあります。この様なガス会社を安全にお客さんに使ってもらえるようにしているのが保全、保安です。ガス漏れなどの緊急時などにすぐに駆けつけてくれ、とても助かったという経験は多くの人にあるでしょう。 ガス会社の保安、安全の志望動機でアピールしたいことは、対応力と冷静な判断ができること、またチームで動くことが多いため、高い協調性を求められるので、チームで働くことが好きで、責任感がある仕事をしてみたい人に向いている仕事といえるでしょう。

ガス会社の調達の志望動機ポイント

ガス会社のガスはどこで作っているのか気になりませんか。ガス会社のガスエネルギーは実は工場では作っていますが、調達をしなければなりません。ガスを製造するための必要な原材料を仕入れる仕事のことを。調達といいます。ほかのガス会社に負けないためにも、できるだけ品質がよく、かつ安価な原料を海外の産出国から調達するのが仕事です。 特に仕入先の価格交渉やトラブルなど高い対応力と英語、フランス語などの語学力、そして国際的なとてもレベルの高いコミュニケーション力が求められるので、海外での仕事がしたいかつ、エネルギー産業に興味がある人は志望動機に語学ができることも志望動機ではアピールしてみましょう。ガス会社の仕事中ではかなり難しい職種でもあります。

志望動機は自分らしさをアピールする場

いかがでしたでしょうか。ガス会社に就職するにしても、他の企業へ就職するにしても志望動機というものは『いかに自分らしさをアピールできるか』ということです。 特にガス会社のようなインフラストラクチャー系の会社ガス会社だけでなく、風力発電や石油系、火力発電、原子力発電などといった私たちの生活を影でささえている社会と公共性が高い業界です。 その業界や仕事、職種に興味を持っていて、仕事をしたいと思ったが、志望動機が見つからないという人は多いです。志望動機というのは、読んで字のごとく「志望する」「動機」です。動機は簡単にいってしまえば、理由です。自分がどうしてその会社で働いてみたいと思ったのか、どうしてその職種、業界を選んだのかというのが、主に理由として扱われることが多いです。

志望動機は自己PRも一緒に交えて書くため、難しいと感じる方もいらっしゃいますが、実際は、『●●にこういったきっかけ(エピソード、経験)で興味を持ちました。自分の今までの経験が御社の●●に活かせる(または活かしてみたい)と思ったから、志望した』という文章の形になっていればいいでしょう。 この文章構成はほとんどの企業で使えるような志望動機の構成です。志望動機で悩んでいる人は『自分が入ったらどんな仕事がしたいか』『なぜその仕事・業界を選んだのか』という理由やきっかけなど明確にしておくことから始めてみましょう。 そうすることによって、ウンウンと悩んでいた志望動機がスラスラと書けるようになるはずです。ぜひ、メモを用意して自分のことや企業のことをまとめてみましょう。

ガス会社社員の仕事の魅力とは

ガス会社に少しでも魅力を感じられれば興味を持つようになるでしょう。では、やりがいを感じるところはどこなのでしょうか。志望動機の中にガス会社社員になることの魅力を書いてみることも、良い動機になります。志望動機の理由がなかなか見つからない人は、ぜひ参考にしてみてください。

ガス会社は社会全体を支える仕事である

ガスエネルギーは序盤でも書いた通り、社会全体を縁の下の力持ちのように支える公共性と社会性の高い職業です。そのため、仕事の重荷としては大きいです。責任感が強い仕事がやりがいを感じるという人が多いようです。

ガス会社の給与や福利厚生の充実

ガス会社の社員は地域に根ざした企業が多く、安定性と福利厚生などが恵まれているような業界です。そのため、安定性を求める求職者が多いのも、ガス会社社員の魅力といってもいいでしょう。しかし、「給料がいいから、福利厚生がいいから」という理由のみで志望動機を書くのは少々失礼にあたるので、できれば避けたい理由でもあります。 平均収入も600~800万と大きく、今後も展開される新ビジネスに関わることもできるため、将来性の高い業界とも言えるでしょう。ガス自由化という新ビジネスはさらなる競争率が高くなるため、都市ガスとプロパンガスで良い勝負ともなるでしょう。チャレンジ精神を強く持っている人にとっては、新ビジネスが展開される度、面白く、興味深いと感じる仕事になるのではないでしょうか。

女性の活躍も期待できるガス会社

全体的な一般論で見ると、ガス会社=男の人が作業服を着てやっているというイメージが大きいでしょう。しかし、女性の活躍も多くなっているのがガス会社社員の魅力とも言えます。 女性の職員なら、営業、一般事務、総務や人事部など女性としていてもおかしくはない職種には女性の活躍が多いですが、まれに技術職として活躍をしている人もいるのがまさに、ジェンダーフリーな魅力を感じます。どんな職種でも性別問わず働けることが、現代では理想となっています。女性も活躍できるということも、志望動機に取り入れてみても良さそうです。

ガス会社で働こう

いかがでしたでしょうか。 ガスは生活になくてはならないエネルギーです。日本で生活する人が困らないようなインフラに携わる人間としてふさわしいこと、自分の思いを志望動機に乗せて、ガス会社で働きましょう。

志望動機が内定へのカギ

「この応募者、スキルは高いが、志望動機が弱いからすぐに辞めそう」 転職時の採用担当者にとって志望動機は「採用するかしないか」の最後のひと押し。志望動機がしっかりしているかどうかで、合否が大きく変わってきます。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。 転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。中でも「DODA(デューダ)エージェント」は相談も無料で、転職活動し始めた人が、まず最初に相談しています。 企業の生情報を知りたい方は、相談してみるのをおすすめします。

関連タグ

アクセスランキング