IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

男性医療事務の平均年収・求人の需要・結婚率・辞めたい割合

更新日:2020年11月06日

就活

男性の医療事務スタッフについて書いています。平均年収や男性医療事務スタッフの需要について触れ、男性医療事務スタッフの結婚率についても調べています。医療事務の仕事をする男性が辞めたいと思う割合と理由や医療事務として働く人の年齢層と男女比を紹介いたします。

医療事務は長く続けやすいことから、勤続20年と言ったベテランも多く活躍しています。そのため、職場によっては新規で人を雇う必要がほとんどなく、新卒者にとっては競争が激しくなってしまっているところもあると聞きます。 業務の効率化を目指し、医療のIT化が進んでいます。IT化によって、医療事務の業務であるレセプト作成も電子化されてきています。そのため、事務処理スキルの一環として、よりパソコンの扱いが得意な方が求められるようになっています。 男性・女性問わず、介護施設は勢いよく増加しており、それに合わせて医療事務のニーズが増えることが予想されます。現状では、専門知識やスキルを備え、患者さまに対してきちんと対応できる人材が多方面で求められています。

医療事務として働く人の年齢層と男女比

医療事務の専門学校の男女比

男性でも目指せる医療事務

まだまだ女性の医療事務のイメージが強いですが、今後は男性も増えてくる可能性が高いです。ほとんどの専門学校の募集要項の募集枠にも「男女20名」と、男性の募集もしていることがしっかり書かれています。 大きな病院になればなるほど男性職員の需要が多くなる傾向にあるので、そういった就職先を選ぶといいでしょう。30代を中心とした比較的年齢層が高い職場環境であることが多いです。経験を積み重ねてスキルアップできる仕事なので、定年までしっかり働くことができます。今後は、男性にとっても女性にとっても働きやすい環境になることでしょう。

初回公開日:2018年01月05日

記載されている内容は2018年01月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング