IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

医療事務への自己PRの書き方と例文|未経験/転職/就活の場合

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

女性に根強いの職種である医療事務。があるからこそ応募するときには自己PRが大切です。この記事では医療事務に求められるスキル、どのように自己PRできるか、未経験者でもどうすれば雇用につながる自己PRができるかをご紹介します。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

医療事務はゆえに倍率が高い

医療事務は根強いのある職業で、女性の転職にも選ばれやすい職業です。他の医療関係の職業に比べて給料は高くありませんが、常に需要があり全国どこに行っても就職できるというメリットがあります。また雇用形態もパートから社員までさまざまなので、自分のライフスタイルに合わせて仕事量を選べるのも魅力です。 医療事務は資格がなくてもできる仕事なので、競争率もその分高くなります。医療事務の求人が出ると、経験豊富な人材がこぞって名乗りを上げる世界です。医療事務の仕事をいま考えている人にとって、応募の際履歴書に何を書いてアピールすればいいのか悩みどころです。この記事では医療事務の仕事に応募するときの自己㏚の書き方、医療事務にはどんなスキルが求められるかなど、就職や転職に役立つ情報をお伝えします。

医療事務に求められるスキル①コミュニケーション能力

医療事務は煩雑な業務をこなしていかなければなりませんが、現場で最も必要とされるのがコミュニケーション能力です。医療事務は受付や会計などの業務を通して患者さんと接することが多いので、病院の顔のような存在とも言われます。患者さんは具合が悪くて病院に来ているので、気遣いや柔軟な対応が求められます。病院に定期的に通う高齢者の中には、受付の人との会話を楽しみにする人も少なくありません。どんな人にも忍耐強く冷静に対応できるコミュニケーション能力で自己PRすることは、就職に近づく一歩になります。

医療事務に求められるスキル②パソコン入力は必須

病院はどんどん電子化が進んでおり、電子カルテやレセコンが一般的になっています。レセコンとはレセプト(診療報酬明細書)を作成するコンピューターソフトのことです。医療事務の業務の大きな部分はこの診療報酬を作成することなので、電子化された以上パソコン入力の能力は必須になってきています。自己PRの際にタイピングの速さなどをアピールすることは大切です。

未経験者が医療事務を志す場合

医療事務は競争率が高いので、未経験者には狭き門のように感じるかもしれません。大きな病院になると資格とともに経験を重視する傾向が強いので、未経験者の場合は小さなクリニックに応募することをします。求人にも小さい診療所などは未経験者歓迎と記載されていることも多いです。 また経験者と医療事務の少ない椅子を争うにあたり、資格取得も大切です。医療事務は資格がなくてもできる職業ですが、資格があれば履歴書で自己PRできるので有利になります。医療事務の資格取得はそれほど難しくないので、挑戦してみるのをします。

未経験者の自己PRの書き方

では具体的に未経験者は応募の際どのように自己PRできるでしょうか?まずは資格を持っていることをアピールすることができます。また取得中の場合も「現在医療事務養成講座に通っており、医療事務技能審査試験の合格を目指しています」と書けば自己PRにつながります。 以前にサービス業や接客業の経験があるならそのこともアピールしましょう。「以前飲食店に勤めているとき、様々なお客様にどのように対応すべきかを学ぶことができました。人と話すのが好きで、お客様の喜ぶ顔を見るとやりがいを感じていました。」とコミュニケーション能力をアピールすることができます。 自分の強みをしっかりと相手に伝えられる方法をプロに相談してみませんか?エージェントを活用すれば、面接対策はもちろんのこと、履歴書の添削などさまざまなサポートを受けることができます。

事務経験がある場合は人との交流を望んでいるとアピール

事務仕事の経験がある人は、そのことをアピールできます。パソコンの操作など、事務の仕事を通してどのようなスキルを身に着けたか、それが医療事務の仕事にどう役立つかを具体的にアピールしましょう。また事務の仕事からなぜ医療事務の仕事に転職したいと思ったか、その理由も大切です。「事務の仕事はやりがいがあり、様々なスキルを身に着けることができました。しかし人と接する仕事をしたいという願いがあり、医療事務では事務の業務と共に患者さんと日々接することができるので、この仕事に就きたいと考えるようになりました。」と自己PRすることができます。

次のページ:経験者の自己PRは以前の業務内容を具体的にアピール
初回公開日:2017年04月18日

記載されている内容は2017年04月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング