IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

30代/40代女性の手に職のつけ方・おすすめの資格やものづくりの仕事

就活ノウハウ

女性は結婚・出産を期に会社を辞めるケースもあり、ライフスタイルに合わせ、自分のペースで仕事を希望する女性が増えています。そこで今回は、30代・40代の女性が「手に職」をつけるためにはどうしたらよいのか、おすすめの手に職をつけらる資格などをご紹介します。

更新日時:

【30代・40代女性】手に職のつけ方

『手に職をつける』とは、簡単に言えば『専門的な事務能力を身に付けること』または『専門的な技能能力がある人しか就けないような仕事をする』という意味合いでも使われています。結婚前に何も資格を取っていない、30歳・40歳になって何か手に職をつけたい女性も、今からでも大丈夫です。

男女関係のない世界で実力を試したい

それなりの年数を積んできたキャリアウーマンで、昇給や給料に不満や格差を感じている女性もいます。手に職をつけることで自分のビジネスを持ち、実力勝負の世界で自分の力を試したと思う女性も増えています。

例えば、人の相談に乗りアドバイスすることが好き、人生設計をするのが得意といった方は、ファイナンシャルプランナーの資格を取ったりもします。一般的な資格は、NPO法人日本FP協会認定「AFP資格」と、AFP資格の上に位置する「CFP資格」です。 資格を取るためにはスクールに通うか、通信教育で学ぶことができるので、働く女性にも取りやすい資格です。

独学で勉強できる資格もある

独学で勉強できる資格では行政書士、社会保険労務士など少しお堅いけど、キャリアアップしたい方には打ってつけの資格です。行政書士はクライアントの依頼を受け、役所に提出する許認可等の申請書類を作成し、代理提出するなど自宅でも仕事ができるのが魅力です。社労士は労働・社会保険に関する法律、人事、労務管理のエキスパートです。 しかも、どちらも学校に通わなくても、通信教育で資格が取れるので働きながら主婦をしている方でも勉強ができることが人気な理由でもあります。

安定した職種のキャリアアップで手に職をつける

ある程度、社会で経験を積んだ女性たちが何か手に職をつけようと思っても、何から手に付けて良いか分からない場合は、興味を持っている分野や、あるいは安定したキャリアアップ、フリーランスになりたいなど、ライフスタイルに合わせるのも一つの手です。

結婚後でも仕事を続けたい女性が注目する、手に職がつくお仕事

先ずは、好きなことと、ライフルタイルを見直してみる

結婚後、家庭に入り、出産と子育て中の女性はなかなか外に仕事に行くことは難しく、保育園もなかなか見つけられず不安になる女性もいます。そこで、自分のペースで仕事が続けられ、尚且つ、自分の好きなことや、興味がある分野と組み合わせて、取りたい資格を選ぶことがコツです。 子育てをしている方なら、子供が幼稚園に行っている間に勉強をして取れる資格などが良いです。今では、通信教育を使って家で勉強し、家で資格を取れるものまであります。

例えば、手に職がつくライディング

例えば、Webライディング技能検定です。結婚を期に会社を辞めても、フリーとして仕事を続けられると、注目されている資格です。尚且つ、初心者の方でも一から勉強ができ、家で資格が取れるところが魅力です。資格があるだけで依頼も取りやすく、文章を書く女性にはお勧めです。

ネット環境が充実し、Webが身近になった現代、サイトのキャッチコピーや、まとめ記事、女性が興味を持つ文章など、今、ライティングができる人を多く求めている企業もたくさんあります。手に職と考えているママさんにも打ってつけです。

Web好き女性が注目しているデザインのお仕事

ホームページやブログ作成に興味がある方は、Webデザイナーです。在宅講座などで勉強することもできるので、デザインに興味のある方は必見です。資格取得後も、そういったフリーのデザイナーさんを募集しているお仕事の仲介サイトに登録すれば、直ぐにでもお仕事ができます。

またはイラストレーターも在宅ワークが可能です。そういったクリエーターさんにお仕事を依頼する大手の仲介サイトを活用すれば、子育てをしながら、自分のライフスタイルに合わせてお仕事ができるようになります。

女性におすすめの手に職をつけられる資格

将来を見据えての資格選びをする女性が増えています。

最近では結婚前から、将来のビジネスライフについて計画を立てて、準備をする女性もいます。結婚後、出産後に「手に職」をつけ、働き方を変えたいと希望する女性が増えてきています。そんな女性におすすめの手に職をつけられる資格をいくつかご紹介します。

自分のこれからを見据えての資格選び「司法書士」

人気の一つが、司法書士です。不動産登記、商業登記を始めとして、訴訟、遺言、債務整理等、実に様々な相談が持ち込まれます。女性だからと言って不利になることもありません。依頼者が女性の場合には、同性である安心感を与えます。結婚、出産後も仕事を再開しやすいです。

親や社会の将来を見据えた資格「介護福祉士」

次に注目されている資格は、介護福祉士です。超高齢化社会において福祉はこれから更に重要な仕事です。介護関係の仕事に就いている方には、広く認知されている国家資格です。資格を持っていると「介護のプロ」という証明になるため、周囲からの信頼感や評価も大きくなります。

これからますます需要が高まる「保育士」

ニーズが高まってきている保育士の資格も人気です。保育士として働く意識の高さも問われているため、やりがいのある仕事でもあります。子供を預けて働きに生きたけど、保育園に入れずに不安を抱えるママさんは都心ほど多くいます。保育業界の雇用機会は広がっています。

保育士は国家資格で大学、短大、専門学校などの専門学部やコースで学んで取得するかです。何より、数多くの資格の中でも子供の成長を実感するメリットや、社会に適応させていくために子供にとって重要な役割を担う仕事でもあるので、責任重大な仕事でもあるわけです。

手に職をつけたいと考えている女性に最も人気「医療事務」

働きやすく、尚且つ続けやすいと人気な資格では医療事務もあります。主には、病院・医院でのレセプト作成業務や、受付、カルテ管理などを行います。職場となる病院は全国にあるので、引っ越したとしても求人を探しやすく、安定してお仕事ができます。

結婚・出産後の社会復帰の保険としての人気もあり、正社員、パート、アルバイトなど勤務形態もライフスタイルに合わせやすいのも魅力です。また、通信教育でも勉強ができるので、家事や育児をしながら、勉強もできます。興味がある方はぜひ挑戦してみるのも良いでしょう。

長く安定したお仕事として手に職をつけやすい「栄養士」

安定して長く働きたい女性が手に職をつける資格として栄養士があります。活躍できる場として官公庁、保健所、教育委員会、病院、学校、工場、福祉施設、スポーツ施設等で献立を考えたり、栄養指導者を任されたり、また大学、研究所、食品会社における研究員としても活躍できます。

料理や食材、栄養面から健康に興味のある方は挑戦してみるのもいいでしょう。厚生労働大臣から栄養士養成施設として指定認可された学校に通い、課程を履修して卒業する必要があります。子供の手が離れた女性や、転職する前に資格を取ろうと思っている人には良いチャンスです。

趣味からお仕事として手に職をつけられるお仕事

趣味を仕事にしたい、そのために資格を取りたいと考えている女性たちからにはネイリストやアロマセラピーなどの資格も人気があります。ネイリストはセンスが問われる業種ですが、お客さんがついてしまえば長く続けられる仕事でもあります。

家事や子育てをしているママさんには飾りや色が取れにくいジェルネイルも流行っています。好きなことで手に職をつけることができれば、仕事にも熱が入りますし、何より楽しく仕事が続けられます。しかも自宅でもできるお仕事なので、資格だけでもと腕を磨いている方も多いのです。

お客様一対一のサービスなので、ネイリストは爪だけでなく手足のマッサージや、爪のお手入れやケアについてや、なにげない会話術やお客様の相談相手になったりと、経験を積みお客さんが付くようになれば、自分の店舗を持ちビジネス展開をしていくことも夢ではありません。

手に職が付くものづくりのおススメ!

男性だけじゃない、女性もプロのものづくり

さて、ものづくりと聞くと、伝統工芸の職人や大工、エンジニアなど匠の技術を持った人たちを想像したのではないでしょうか。ですが、実はものづくりの仕事は匠や男の職人の仕事だけではありません。女性が手に職をつけるものづくりの仕事はたくさんあります。

ものづくりの仕事の中には資格が必要なものや、必須資格はないが、学んでおいて役立つものもあります。趣味から始まりいずれは仕事にしたり、子育て中のママさんが在宅でもできるものづくりの仕事など、未経験でも大丈夫なお仕事をいくつかご紹介します。

女性に人気な「美」のお仕事で手に職をつける

何と言っても女性に人気な『美』のお仕事も、手に職をつけるには魅力的なものづくりです。美容師は国家資格ですので、一度資格を取れば美容師の道を究めることもできますし、将来自分のお店を持ち自分のビジネスを展開することもできます。

美容もお客様と一対一のサービスなので会話術を勉強しに講習に参加したり、またはお店の宣伝のためにブログやホームページのSEO対策を勉強したりと、美容関係だけでなく多岐に渡って勉強するので、手に職をつけるという面では勉強しがいがある業種でもあります。

作品として残る美容のお仕事「メイクセラピスト」

他にも美容関係では、メイクセラピストやメイクアップアーティストも手に職をつける仕事です。メイクセラピストは顔の傷や火傷の跡、あざなどの外見のコンプレックスを持つ方に外見のメイクだけではなくメンタル面でのメイクアップのサポートも行う仕事です。

必須の資格はありませんが、メイク技術や心理学、皮膚学、スキンケア方法など勉強することは多いですが、それだけやりがいのある仕事でもあります。最近では、男性にもメイクに興味を持つ方がいらっしゃいます。個人経営で、女装のお手伝いをするセラピストさんもいます。

メイクアップアーティストも同様に、必須の資格はありませんが、メイクの技術を磨き手に職をつけることです。美容師の資格を取得し経験を積んだ後、メイクの仕事に就く場合が多いです。腕を磨き芸能人の専属メイクさんや、映画の特殊メイクなど活躍の場は広がります。

装飾品をデザインする手に職がつくものづくり

次に近年、急増人気が高まっているのが、ハンドメイドでアクセサリーや小物、バッグを製作しフリマサイトやハンドメイドサイトで販売する在宅ワークです。自分で作ったアクセサリーが売れるのは嬉しいことです。趣味から始め、そこから更に腕を上げて手に職をつけた女性もいます。

プロを目指すなら、ジュエリーデザイナーや貴金属宝石細工の勉強をして資格を取得するのがポピュラーなやり方です。宝石細工とは、金やプラチナなどの素材を使い、ダイヤモンドやルピーなどの宝石を加工しジュエリーを作り上げる仕事です。

しっかり勉強したい人は、デザインや彫金の専門学校を経てから、ジュエリーデザイナーなどの職に就くケースも増えてきています。手に職をつけるという意味で、資格を取るなら厚生労働省が実施している「金属装身具製作技能士」があります。

ものづくりの中でも、特にセンスの問われる職種です。ですが、自分の仕事が作品として目に見える形で残り、誰かの手に渡り愛用される達成感はあります。仕事の価値観を感じられるからと、ものづくりを希望する声が多くなってきている理由でもあります。

最近では、エンジニア女子がアツい!

さらには近年、女性のエンジニアに企業からも、これから始めたい女性からも注目が集まっています。ものづくりで人気の職種では人気になりつつある分野です。 経験や理系の知識がないと難しいイメージが強い世界だが、最近では未経験女性の採用が活発に行われています。

景気回復や社会情勢の変化を受け、エンジニアの採用はこれまでにない特需です。人が足りていないからこそ、未経験者を採用し、育てていこうという企業が増えています。未経験者でもチャレンジできる場が広がっているので、募集をしている今だからこそ、参入しやすい分野です。

またこういった追い風に加え、スマートフォンの普及により女性もWebサービスを頻繁に活用するようになりました。女性向けのサイトやサービスを作るには、ユーザーである女性をエンジニアとして採用し、女性目線のサイトやサービスを開発していきたいと考えています。

自分にしかできない仕事は取って代わられるリスクが低い

エンジニアは長く働きたい人には最適な職業です。取って代われないスキルを身に付けることに関しては、エンジニアスキルは女性の強い味方です。まさに手に職がつくお仕事です。 事務職の場合、大半の人がさほど時間を掛けず仕事を覚え、伸び代も少ないです。その人が辞めても直ぐに人が補充され、直ぐに同じことでできるようになります。

企業もどんどん事務業務をアウトソーシングするようになってきました。それに対して、エンジニアは専門スキルが求められるからこそ、その人にしかできない、自分にしかできない仕事だと言えますし、取って代わられるリスクも低いんです。

エンジニアと言っても難しいプログラミングだけではありません。PCさえあればどこでもお仕事ができるのが、エンジニアの大きな特色の一つです。最近では在宅ワークでWebデザインや、ブログやサイトの記事作りもあります。女性向けのサイト作りは企業も求めているスキルです。

実力勝負の職種で腕を磨く女性が急増しています

食品のものづくり分野では、パティシエ、パン職人(ビーランジェ)を目指す方もいます。昔、パティシエを目指していたが社会人になりそれなりに年数が経過した女性が再び製菓の専門学校へ通うケースもあります。まさに職人といわれるような、手に職がつく業種です。

雑貨を置いたりしてオシャレなカフェの経営を目指す女性も増えています。 調理師免許はなくても、食品衛生士やカフェ資格講座からでもカフェ開業に必要な資格は取得できます。手に職をつけて実力勝負の世界で、自分のビジネスを展開したいと思っている女性は多くいます。

職に就くときはやりたい事を

女性が手に職をつけるためには、まずやりたいこと、興味があることから初めてみましょう。将来性やライフスタイルに合っているかなど、調べることも多いですが、これからを考えている女性は一度振り返ってみるのもいいかもしれません。 女性の転職なら「マイナビエージェント」がおすすめです。 首都圏&関西圏を中心に求人数トップクラスの「マイナビエージェント」では経験豊富な「キャリアアドバイザー」があなたの希望条件を満たしている求人を紹介してくれるため、あなたの働きたい条件に合った企業へ転職することができます。 また、資格を持っていなくても働きながら資格取得が出来る企業も豊富にあるので、自分のやりたい事をアドバイザーの方に相談してみましょう。経験豊富なアドバイザーがあなたの働き方に合った企業を紹介してくれます。 女性だからこそ就ける職種は豊富にあります。まずは自分にやってみたい事を明確にしましょう。マイナビエージェントを活用すればプロのアドバイザーがサポートしてくてるので心配はありません。無料で相談できるので、まずは登録してみましょう。

関連タグ

アクセスランキング