IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【男女別】30代で取得できる資格・転職に有利な資格

更新日:2020年08月14日

資格・検定

20代とは違い、30代での転職は「資格」ひとつで大きく変わってきます。現在資格を持っていない人でも諦める必要はありません。「もう30代だし」ではなく、「まだ30代」という気持ちで前向きに取り組みませんか?仕事をしていても取れる資格もあります。

30代での転職はできるのか?

資格の有無に関わらず、30代になると、採用する側の目が厳しくなるのが現実です。社会経験もあり、ある程度の常識を知っていると思われやすく、その道の技術・知識があると最初からできるものだと、自分を見ずに年齢が先行し、先入観で見られるからです。企業によっては即戦力を求められる所もあるかとは思いますが、技術や知識が無くても重宝がられる事があります。それは30代になると「融通が利かない」と思われているためです。 年齢は重ねていても、その道の経験が浅くてもある程度人との協調性を保てる人の方が企業側も良いのです。今現在資格がなくて悩んでいる人は、努力をすれば確実に取れます。資格があれば自信をもって転職活動もできます。今からでも遅くありません。「30代の資格」についてご紹介します。

▼転職サイト リクナビNEXT ▼転職エージェント リクルートエージェント doda

資格を勉強するためには?

まずは取得する資格の求人や給与面に関してリサーチしておくことが大切です。ずっとこの勉強がしたかった!という熱い思いがあり、給与なんて関係ないという方もいるかもしれませんが給与面は昔と今では違うことが多々あります。ある資格者に聞いたところ、「90年後半の新卒者と、現在の新卒者で給与を比較すると1/3しか給与をもらっていない」と言っていました。需要と供給をしっかり確認することが大切になります。

30代で取得できる資格

行政書士

名前を見るだけで、「お堅い」職業に感じてしまいます。行政書士は行政書類の専門家です。主に役所へ提出する申請書類作成、手続き代理業務を行います。弁護士、司法書士などと同じように、法律を扱う国家資格です。また医師と同じく「業務独占資格」なので、行政書士しかできない業務で、開業時も「行政書士」という名を使用し業務を行って良いのです。また通信講座でも資格が取れますし、やる気を出せば、短期間で国家資格が取得できます。

宅建(宅地建物取引主任者)

宅建は不動産取引にかかわるプロです。不動産には様々な法律が関わっているため、専門的な知識が必要になってきます。不動産事務所には従業員5人に対し、宅建所持者が1人設置しないといけないという定めがあります。土地、建物の売却、仲介を行う際に宅建資格保持者が「重要事項説明」を行わなければ、正式な取引成立にならないとされています。とても取引に重要な人物となります。こちらも行政書士と同様に「業務独占資格」です。開業もできます。宅建も通信講座がありますので、仕事をしながら勉強ができます。

社労士(社会保険労務士)

社労士は労働問題、年金問題、社会保険のエキスパートで、国家資格となります。企業や、企業で働く人たちの雇用、労働条件、労働保険、社会保険についての指導、相談を行います。主な仕事はこの3つです。 ・手続代行業務 ・書類作成業務 ・コンサルタント業務 こちらも開業可能で、比較的独立資金がかかりません。

看護師

看護師の免許には正看護師と准看護師の免許の二つがあります。学校も看護大学、看護短大、看護専門学校などありますし、医師会が学校を設けている県もあります。 <看護師>(いわゆる正看護師) 厚生労働大臣の免許で国家資格となります。学校は准看護過程を経て、さらに2-3年学校に行き、後に受験となります。(学校によってはそのまま3年で正看護師受験資格が取得できます) <准看護師> 都道府県知事の免許を受けて、医師・歯科医または看護師の指示の元、業務を行えます。こちらは国家資格ではありません。学校は2-3年で受験資格が取得できます。        

次のページ:30代の女性の転職に有利な資格
初回公開日:2017年05月22日

記載されている内容は2017年05月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング