IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

医療系の仕事の種類/給料/内容・医療系の国家資格

更新日:2020年11月05日

就活

この記事では、医療系の仕事やその内容を仕事や資格といった項目とともに見ていきます。医療系と言えば、専門職。その専門性就くからにはやはり手に職をと考える人も多いでしょう。ですので、そんな医療系の将来性についても見ていきます。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

医療系の仕事の種類と内容

一口に医療系と言っても種類がありすぎて困惑してしまう方もいるでしょうから、ここでは、医師、看護師、薬剤師の我々にとって身近な医療職種を紹介していきます。

医師とは

医学の専門知識を有し、病気やけがの診察治療や病気の原因を解明する研究を行う仕事です。

医師の仕事内容

薬剤師とは

医薬品の専門知識を持ち、処方箋(医師からの投薬指示)に基づく薬の調剤や患者への服薬指導を行う仕事です。

薬剤師の仕事内容

看護師とは

医療現場で患者の心身のケアを行い医師の診察治療をサポートする仕事です。

看護師の仕事内容

医師が患者の診察や治療を行う際に補助をしたり、病気や怪我の患者のケアを行う仕事です。血圧、体温、脈などの測定、注射、点滴、採血などの治療の補助、食事やお風呂、ベッドメーキングなどの身のまわりの世話などを行います。 看護師になるためには、看護師養成の課程がある学校において3〜4年学んだのち、看護師国家試験に合格し、看護師免許を取得することが必要です。看護師国家試験の合格率は90%前後となりますが、看護学校の倍率は高いものとなっています。看護師は今まで以上に重要な役割を担うようになってきていますが、高齢化社会が進む状況において、看護師は不足している状況です。

医療系の資格の種類

医師は「国家資格」が必要

次のページ:医療系の仕事の年収
初回公開日:2017年03月19日

記載されている内容は2017年03月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング