医療系の仕事の種類/給料/内容・医療系の国家資格

就活ノウハウ

この記事では、医療系の仕事やその内容を仕事や資格といった項目とともに見ていきます。医療系と言えば、専門職。その専門性就くからにはやはり手に職をと考える人も多いでしょう。ですので、そんな医療系の将来性についても見ていきます。

更新日時:

医療系の仕事の種類と内容

一口に医療系と言っても種類がありすぎて困惑してしまう方もいるでしょうから、ここでは、医師、看護師、薬剤師の我々にとって身近な医療職種を紹介していきます。

医師とは

医学の専門知識を有し、病気やけがの診察治療や病気の原因を解明する研究を行う仕事です。

医師の仕事内容

医師の仕事の範囲は、勤務する施設によって変わります。大きな施設では、小児科、心療内科などに細かく科が分かれ、それぞれの医師が専門の治療を行いますが、町の診療所などでは、一人ですべての症状を見ることが求められます。医師になるためには、医学部で学び、医師国家試験に合格することが必要です。国家試験合格後は、2年間の研修を経て、医師として働くことができるようになります。医師は高給と言われていますが、その分心理的、身体的負担も大きい仕事です。

薬剤師とは

医薬品の専門知識を持ち、処方箋(医師からの投薬指示)に基づく薬の調剤や患者への服薬指導を行う仕事です。

薬剤師の仕事内容

薬剤師は、病院や薬局で、薬剤の調剤と服薬指導を行う仕事です。調剤とは、医師の処方箋に従って、医薬品を調合することであり、服薬指導とは、どの薬をどのようなタイミングで飲めばいいかを患者にわかりやすく説明することです。医薬分業が進み、これまで以上に薬剤師の専門性が求められてきています。勤務先には、病院、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社などがあります。薬剤師として働くためには、薬学部にて6年間学び、薬剤師国家試験に合格しなければなりません。就職後の給料は安定しています。特に地方においては薬剤師が不足している状況であり、就職に困ることもありません。

看護師とは

医療現場で患者の心身のケアを行い医師の診察治療をサポートする仕事です。

看護師の仕事内容

医師が患者の診察や治療を行う際に補助をしたり、病気や怪我の患者のケアを行う仕事です。血圧、体温、脈などの測定、注射、点滴、採血などの治療の補助、食事やお風呂、ベッドメーキングなどの身のまわりの世話などを行います。 看護師になるためには、看護師養成の課程がある学校において3〜4年学んだのち、看護師国家試験に合格し、看護師免許を取得することが必要です。看護師国家試験の合格率は90%前後となりますが、看護学校の倍率は高いものとなっています。看護師は今まで以上に重要な役割を担うようになってきていますが、高齢化社会が進む状況において、看護師は不足している状況です。

医療系の資格の種類

医師は「国家資格」が必要

医師は「医師免許」を取得している人だけが就くことができる職業です。「医師免許」というのは国の法律に基づいて与えられる国家資格のことで、この資格がない人が患者に診療や治療を施すことはできません。

国家試験合格後、研修を経て医師に

医師国家試験は年に一度行われています。合格率は例年90%近くあるので、まじめに医学部の授業を受けてきた学生であれば、基本的には一発で合格することが可能だと言われています。この医師の国家試験に無事合格したら、ようやく見習い医師としての第一歩がスタートします。ただし、この時点では研修医としての扱いです。病院に勤務することはできますが、給料も低く、任せてもらえる業務も限られています。 研修医として2年間以上の臨床研修を行うことで、初めて一人前の医師として認められ、診療したり開業したりと自由に行うことができるようになるのです。一度与えられた医師免許は更新の際に試験などはなく、基本的にはずっと有効です。

看護師国家試験の難易度、合格率

看護師として働くためには、看護師国家試験に合格し、看護師免許を取得することが必要です。勉強する範囲も広く簡単な試験ではありませんが、合格率は例年90%前後となっており、学校でしっかりと勉強すれば合格できる難易度です。平成27年度看護師国家試験の受験者数は、新卒が56,414人、既卒は5,740人で比率にすると、新卒90.8%、既卒9.2%です。 合格率は新卒の方が高く、新卒94.9%、既卒35.5%となっています。

薬剤師の資格

薬剤師は国家資格を取得している人だけが就くことができる職業です。国家資格というのは国の法律に基づいて与えられる資格で、この資格がない人が商売として仕事をすると法律違反になります。医療という人の命に係わる仕事に従事する薬剤師は、医師や看護師と同じように国家資格が必要な職業です。

国家試験合格で薬剤師に

薬学系の大学で学んだ人に次のステップとして求められるのが、薬剤師国家試験に合格することです。薬剤師国家試験は3月に2日間の日程で実施され、「物理・化学・生物」「衛生」「薬理」「薬剤」「法規・制度・倫理」など薬学に関する幅広い分野から出題されます。合格率は、例年平均で70%〜90%ほどとなっています。試験は年に一度だけなので、不合格の場合はまた翌年受験することになります。 この試験に合格して申請をすると、厚生労働省の薬剤師名簿に登録され、薬剤師免許が与えられます。一度与えられた免許は更新の際に試験などはなく、基本的にはずっと有効です。

医療系の仕事の年収

ここでは、医師、看護師、薬剤師の年収についてみていきましょう。

医師の給料・年収

医師というのは、国家資格を取得した人しか就くことのできない職業ですが、この国家資格を取得するためには長い道のりが必要です。まずは難関と言われる医学部の入学試験を突破し、大学入学後に6年間学びます。さらにその後、国家試験を受験し、合格後に病院で2年間研修医として勤めた後にやっと一人前の医師になることができます。 学費が高いのも特徴で、私立医学部の場合は、6年間の学費が3000万円を超えることも少なくありません。このように一人前になるまでに長期間に渡っての多額の投資が必要であることや、実際に携わる仕事は非常に専門性が高く「人間の命を扱う」という社会的な責任が重大な仕事でもあることから、医師は日本でもトップクラスの給料を得ることができることで知られています。 医師という仕事の大きなやりがいは決してお金に換算できるものではありませんが、生涯にわたって安定した高額な収入を手にすることができるのは、医師の仕事の魅力のひとつと言うことができるでしょう。ただし、高い給与を見込める職業である一方で、勤務時間以外の時間外労働が非常に多く、勤務時間に対して収入が見合っていないという声もあります。開業医の平均年収は2000万以上ともいわれていますが、開業時にはかなりの初期投資が必要であり、競争も激化しているため開業すれば高収入が見込めるというわけではありません。医師はキャリアとともに順調に年収が上がる傾向にあります。とくに男性の収入の上昇は顕著であり、60~64歳の男性医師の平均年収は2,105万円にもなっています。

看護師の給料・年収

看護師の給料は、同年代の給料の平均よりも高い傾向にあります。勤務先によって、差があるので、一概にはいえませんが、看護師の平均月収は30万円前後、ボーナスは50万~100万円、平均年収は450万円ほどとなります。看護師の年収のボリュームゾーンは400万円〜600万円が相場となり、一般的な女性の年収よりも高めの年収です。しかし、体力的にも精神的にも厳しい仕事であり、夜勤もあることを考えると、一概に高い給料とはいえない面もあります。 看護師の仕事は、体力的にきつい上に、人の命を預かるという重い責任感が課せられる、肉体的にも精神的にもハードな仕事です。果たしてその仕事量にあった給料が支払われているかと問われると納得できない看護師もいるかもしれません。とはいえ、看護師の給料は安定しており、求人も絶えることがないので、資格を生かせる仕事であることは間違いありません。 看護師の年収は、勤務先の規模が大きくなるとやや高くなる傾向があります。10〜99人規模の事業所に勤める看護師の平均年収は441万円、100〜499人規模は464万円、1,000人以上の規模では509万円、10人以上規模の事業所平均478万円となっています。)年齢別に看護師の平均年収をみると、年齢とともに徐々に給与が上がる傾向にありますが、それほど大きくは伸びないようです。 看護師の男性の平均年収は487万円、女性は477万円となっています。ほかの職業と異なり、男女で年収の差があまりないという特徴があります。

薬剤師の給料・年収

薬剤師というのは、国家資格を取得した人しか就くことのできない職業です。こうした仕事は非常に専門性が高く、医療現場を支える責任重大な仕事でもあることから、収入も安定していることで知られています。大手の薬局や病院に就職すると、新人の平均年収がおよそ400万円で、全体の平均年収ではおよそ520万円になります。地方においては、薬剤師が不足しているところもあり、よりよい待遇で働ける可能性があります。 また、製薬会社は給料が高いことが多く、実力次第で年収800万円を超えることも可能ですし、独立開業して調剤薬局やドラッグストアを開くことで、より高い報酬を手にする人もいます。薬剤師の場合、給料がずば抜けていいというよりも、その安定性に魅力を感じている人も多いようです。薬剤師は、女性が多い職業としてよく知られています。このため、大手の調剤薬局や病院では育児や介護による休業制度を設けているのが一般的です。薬剤師は派遣社員やパート・アルバイトの薬剤師としての働き口がたくさんあります。 派遣社員やパート・アルバイトの給料も、一般的な仕事に比べると高く設定されていることが多く、時給1500円〜2500円ほどになります。薬剤師の資格を取得している人は、正社員以外の働き方でも比較的多くの収入を得ることが可能なのです。女性のほうがやや年収が低い傾向にあり、平均年収は男性の587万円に対して、女性は502万円と80万円ほど低い数字となっています。

医療系資格の将来性

ここでは、医師、看護師、薬剤師の将来性について結婚や子育て可能かどうかを踏まえながらみていきます。

医師として結婚、子育てしながら働けるか

今、日本では多くの地域が深刻な医師不足に悩まされています。特に産婦人科や小児科などの人手が足りていない科では、常に医師の求人募集をしているというケースもあるほどです。こうした現状もあり、医師の場合は、結婚や子育てで一度退職したとしても比較的簡単に再就職することが可能です。あるいは、結婚や子育てと両立させながら働く場合は、短時間労働のパートタイムで働くことも可能なので、自分の思い描くライフプランに合わせて働き方を選びやすい職業だと言えるでしょう。ただし、近年の医学の進歩にはめざましいものがあり、数年のブランクが大きな遅れになることもあります。医師として復帰する予定がある場合は、常に医学の勉強を怠らないなどの努力が必要になります。

看護師として結婚、子育てしながら働けるか

看護師の仕事に限らず、結婚、出産を機にそれまでしていた仕事から離れてしまう女性は多いものです。それに加えて看護師の仕事は、90%以上は女性が占める職です。知識と経験のある看護師が、子育てを理由に働けなくなることは、せっかく資格を取った看護師個人にとっても、病院にとっても、そして治療を受ける患者さんにとっても大きな損失です。ですので看護師の仕事を続けたいならば夜勤のない仕事を選ぶのも選択肢の一つでしょう。看護師の仕事が続けられない理由のひとつは夜勤をしなくてはいけないと言うことです。 昼間は、託児所に預けたりしてなんとか働ける環境を作れても、夜中となると事情が違います。また、夜間に子供を置いて仕事に行くことがためらわれることもあります。それなら、夜勤のない看護師業務を選べばよいのです。夜勤は看護師の仕事の大切な役割のひとつですが、全ての職場に夜勤があるわけではありません。むしろ、昼間働く看護師の方が多いのです。では、夜勤のない看護師業務とはなんでしょうか。それは、入院施設を持たない病院で働くとか、大病院であっても外来で働くということです。

薬剤師として結婚、子育てしながら働けるか

薬剤師は、女性が活躍しやすい職業だと言われています。実際に調剤薬局に行くと、たくさんの女性薬剤師の姿を見ることができます。その理由のひとつとして、薬剤師は資格を持っている人しかできない専門職であり、資格さえとれば待遇や仕事内容において男女が差別されないということがあげられます。さらに、調剤薬局で働く薬剤師は、勤務時間が一定です。一般企業の社員のように深夜残業や出張があるわけでもないのです。 こうした規則正しい勤務時間は、結婚や子育てをしながら仕事をする女性にとって、大変両立しやすい環境だと考えられています。さらに、女性薬剤師は、再就職やパートがしやすいことでもよく知られています。一般企業であれば一度退職してしまうと復職するのは大変ですが、資格を持っている職業は専門性が高いので、結婚や出産で退職をしても再就職がしやすいのです。最近ではドラッグストアの出店が多く、パートやアルバイトの求人募集はたくさん出ています。家事や育児があるのでフルタイムはできないけど、短時間で働きたいという場合は、パートやアルバイトでの働き方を利用することもできます。

医療職種の魅力とやりがい

これまで見てきたとおり、医療系には様々な魅力とやりがいがあります。 ① 医師はなるのが難しいがなれればやりがいと見合った年収がある ② 看護師や薬剤師は子育てしながらでも続けることができるので女性が多い ③ それぞれの特性をいかした仕事内容のため専門性が求められ責任重大 ④ 医療系職種の多くは国家資格が必要なるにはまずは進学が必要 といったことを見てきました。で医療系の職種には医療系にしかできないいわば専門性があるということです。医療系に就職するにはまさに一生涯の仕事とする覚悟とそれに耐える強い精神力が求められます。ですので、医療系の職業に就きたいという人はまずは、医療系という職業がどういうことをするのか、どうすればなれるのかについて学ばなければなりません。 また、医療系に進むにしても幅広い教養も同時に求められますので、医療系だからと言って専門ばかりという事ではないことは注意すべきでしょう。すので、これから目指す方の多くははっきりとしたビジョンを持って進学や就職を見据えた学生生活を送らなければならないでしょうし、他業種からの転職を考えている人は、この記事を進学や就職の参考にしてみてください。

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)