IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ITパスポートの資格難易度と合格率・必要な勉強時間・勉強法

資格・検定

ITパスポートという、多分国内でもっともやさしいパソコン関連の国家資格の、内容と難易度や必要な勉強時間、簿記と比較したときの難易度の違いに加え、最後にはITパスポートの勉強時間を最小にするための参考書・問題集を紹介します。

更新日時:

ITパスポート試験とは?

ITパスポート試験(略称:iパス)とは、情報処理の促進に関する国家試験である「情報処理技術者試験」の一つです。以前のパソコン系資格の入門編であった資格「初級シスアド」(シスアド:システムアドミニストレータ)を、時代の進歩に合わせて改訂し整理統合した資格が「ITパスポート」です。 「ITパスポート試験」では、この試験通過のために勉強することで、最新のIT技術の知識を身につけることができます。「初級シスアド試験」は、平成21年度に廃止されたので、現在は「ITパスポート」が、この分野でもっとも難易度が低い国家資格です。 「初級シスアド試験」はペーパー方式で行われましたが、「ITパスポート試験」は、「CBT(Computer Based Testing)方式」といって、コンピュータを利用して実施する試験方式で行われます。受験者はコンピュータに表示された試験問題に対して、マウスやキーボードを用いて解答します。 確実に合格したい方へオススメしているユーキャンの資格講座も是非覗いてみてください。

ITパスポート試験の出題範囲

一度は眺めておくべき内容でしょう。後述の参考にも掲載されているはずです。

その他のパソコン検定試験と難易度の比較

大きなものとしては他に次の3つがあり、別稿「日商PC検定」で比較してあります。 ○日商PC検定 ○ICTプロフィシエンシー検定試験(旧パソコン検定試験、略称:P検) ○MOS(Microsoft Office Specialist) 難易度はITパスポートがもっとも低く、他はほぼ同等ですが、日商PC検定2級>MOS>ICTプロフィシエンシー検定2級の順のようです。

いろんな資格取得にチャレンジしてみよう!

ITパスポートの他にもWeb関係で役立つ資格はもちろんのこと、さまざまな職業や目的別で受けられる資格が揃っています。 チャレンジしてみる事も大事なことですし、資格を持っていればいつか何かの役に立つ機会があるかもしれません。 まずは気になる資格について資料請求から初めてみましょう。

ITパスポート試験の次は?

「ITパスポート試験」を合格すると、次は平成28年度春期から始まった「情報セキュリティマネジメント試験」か「基本情報技術者試験」にチャレンジすることになります。当然ながら難易度は上がります。「ITパスポート試験」は全般的な基礎事項に関する試験であり、「情報セキュリティマネジメント」は少しだけ専門的な情報セキュリティに関する資格であり、その上は「情報セキュリティスペシャリスト」です。「基本情報技術者」は少しだけ専門的な情報技術に関する資格であり、「応用情報技術者」を経由して8つの専門技術者に進みます。これらも当然ながら難易度が上がります。

ITパスポート試験の次は?

ITパスポートの資格の難易度・勉強時間

「ITパスポート」の試験の難易度は、初級シスアド試験より少しやさしくなっているようです。「ITパスポート」は「パソコン検定2級と同程度」といわれていますが、筆者の印象ではそこまで難易度は高くな区、勉強時間も長くならないと思います。「パソコン検定準2級と同程度」でしょうか。難易度・勉強時間を論じようにも「ITパスポート」は1つしかないので、参考のために、「ITパスポートの対象者像」パソコン検定の3級までの人物像を示しておきます。難易度・勉強時間比較の参考になると思います。 「ITパスポートの対象者像」は、「職業人が共通に備えておくべき情報技術に関する基礎的な知識をもち、情報技術に携わる業務に就くか、担当業務に対して情報技術を活用していこうとする者」とされています。

2級:ICT活用スペシャリスト

(ICT活用の総合力を有し、高いレベルで、ビジネス上の問題解決ができる人材) ・あらゆるビジネスシーンでICTを有効活用する総合力を有し、高度なレベルで問題解決ができる ・部門内スタッフに対するICTに関する各種指導ができる ・ネットワーク上のトラブル対処を含む、部門内の情報環境を整えることができる

準2級:ビジネスに要求されるICT活用スキルを有する人材

・高度なICT活用による職務の遂行と問題解決ができる ・応用的なICT知識・スキルを有する ・部門内の情報環境(PC接続など)を整えることができる

3級:入社時に要求されるICT活用スキルを有する人材

・基本的なICT活用による職務の遂行と問題解決が、人を頼らずにできる ・基本的なICT知識・スキルを有する 3級は「ほんの初心者」であり、そこから少し上、やはり準2級といったところでしょうか。

ITパスポート試験の問題数と配点基準

「ITパスポート試験」はすべて四択問題であり、120分で数100問の小問に答えます。初級シスアドのときのような大問が内分、難易度が下がっています。出題は100問ですが、評価対象はその内92問であり、残りの8問は今後出題する問題を評価するために使われます。また出題分野別の出題数も公開されており、 ○ストラテジ系(経営全般に関わる問題):  32問 ○マネジメント系(IT管理に関わる問題) : 18問 ○テクノロジ系(IT技術に関わる問題) :  42問 92問が1000点満点で採点され、項目応答理論という採点方式が採用されているので、単純に1問何点という配点ではありません。項目応答理論を理解するにはかなり難しい数学が必要なので、ここでは簡略に説明します。項目応答理論では「運や問題の難易度による実力判定のゆがみ」を排除するためのものであり、例えば10問の問題群で、「知識があれば8問以上解けるはずの問題が散発的にしか正解できていない」という場合には「まぐれ当たり」とみなして1問あたりの配点が減らされます。 また、出題範囲の3分野(ストラテジ系・マネジメント系・テクノロジ系)のそれぞれが基準点の300点以上、かつ、全体としても600点(およそ60%の正答)の総得点を獲得することが必要です。

必要な勉強時間の目安+最短の勉強時間で合格する方法

以前の情報処理技術者試験では、過去問の流用が多いという特徴があり、以前は過去問をやっておけば合格できましたが、ITパスポート試験はCBT方式であるため問題のストックがたくさんあり、数字や選択肢を少し変えただけの類題が多数出題され、過去問題の流用がほぼなくなったため、難易度は上がってはいないものの、過去問対策だけでは合格できなくなりました。ということは、そうすると勉強法は基本に戻り、「受かるだけ」を考えるなら、「総得点は60%以上、たとえば70%を狙い、3分野同等の得点を目指す」という方針で勉強することになります。具体的には次の通りです。 (1) 解説がしっかりした参考書を1回読み込み、2回目は1回目では理解できていない部分を再度読み込む。 (2) ひたすら問題を解く。 (3) 解けなかった問題に関する回答を読み込み、その部分は参考書を再度読み込む。 最短何時間かは、最初の通読に要する時間によります。これが10時間なら2回目は多分3時間、その後(2)(3)に10時間もかければ、ほぼ大丈夫でしょう。したがって勉強時間は、最初の通読に要する時間によります。通読に10時間かかるなら勉強時間はおおむね25時間程度、通読が5時間ですむなら勉強時間はおおむね15時間で済みますが、通読に30時間かかるなら勉強時間はおおむね50時間程度となると思います。

ITパスポート試験の応募者数、受験者数と合格者数と合格率

21年春からの応募者数、受験者数と合格者数と合格率の推移をグラフにしました。21年春はまだ「初級シスアド試験」であり、「ITパスポート試験」に変わって以降は、受験生は5割増ですが、合格率が約70%から50%弱に下がっています。難易度は上がっていないのに合格率が下がったのは、参考書などの対応策が不足していたからではないでしょうか。

ITパスポート試験の応募者数、受験者数と合格者数と合格率

簿記と比較したときの難易度・勉強時間の違い

「ITパスポート試験」と簿記の難易度・勉強時間を比べるのは、内容がまったく異なるので、荒唐無稽としかいいようがありません。しかし、いずれも就職には必須の資格なので、無理やり比べてみるなら、「簿記3級」と「ITパスポート試験」の難易度・勉強時間は余り変わらず、同じくらいの努力で合格できるのではないかといわれてます。 「ITパスポート試験」はうまくいけば2週間で受かるかもしれませんが、それは「パソコンがある程度使えているから」であり、初めてパソコンに触ってからでは1年くらいかかるでしょうし、1年あれば簿記3級も受かるでしょう。したがって、難易度・勉強時間はほぼ同じと思われます。

勉強時間を減らしてくれるテキスト・問題集

勉強時間を減らしてくれるのも、優れた参考書・問題集の効用です。いくつかおススメの参考書・問題集を紹介します。 ○初級シスアドの時代から常に売り上げ上位の、先輩方の多くに信頼された教科書です。 平成29年度 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生のITパスポート教室 著者:栢木 厚 発行:2016/12/14 出版社:技術評論社 税込み価格:¥ 1,706

勉強時間を減らしてくれるテキスト・問題集

○ネットワークに弱い方々向けの副読本です。通読は不要です。 改訂4版 図解でよくわかる ネットワークの重要用語解説 発行:2014/2/22 出版社: 技術評論社; 改訂4版 税込み価格:¥2,138

勉強時間を減らしてくれるテキスト・問題集

○モバイルで読めて解説が詳しい問題集です。いろいろな端末に対応しているようです。 ITパスポート 一問一答問題集 2016年度版 Tokyo Interactive (著) 税込み価格:¥650

アプリなら電車で移動中でも学習可能です。

関連記事

関連タグ

アクセスランキング