IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

PMP資格の受験料と試験対策|難易度は年々上がっている?

初回公開日:2017年03月14日

更新日:2020年02月13日

記載されている内容は2017年03月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

資格・検定

プロジェクトマネジメントを成功させるための実務経験を持った人のことを認定した今話題の資格です。社会的、世界的にも注目されている資格で年々資格保有者は増加傾向にある為、難易度が下がっているようです。PMPの難易度、PMPの受験対策などをチェック。

PMPとは

PMPとは
※画像はイメージです
出典: https://dvrs04bx77b2x.cloudfront.net

今話題の資格、PMP。しかし、PMPとはどんな資格なのか?気になる難易度は?PMPは何をするものなのか。PMPについての気になる情報をチェックしていきましょう。

PMPというのは、プロジェクトマネジメントプロフェッショナル(Project Management Professional)の略称で主にプロジェクトを成功させる為に裏方として活躍する人のこと、もしくは認定資格を指します。

プロジェクトを構成する為の計画立案や日程表の作成、進捗管理などをすることが主な仕事です。 PMPの資格はアメリカにあるNPO法人団体PM(プロジェクトマネジメント協会)が認定しています。

PMPにおけるプロジェクト活動

・企画 ・リスクの測定 ・利用可能な資源の見積もり ・費用の見積もり ・チームメンバーに対する作業の割り振り ・プロジェクトの進捗管理 ・目的に対しての結果が出るように作業の方向性をコントロール、及び維持 ・プロジェクト達成の結果を分析する

以上のようなことがプロジェクトマネジメントに含まれる活動です。 つまり、簡単にいってしまえば、企画をしたりその企画に対しての裏方の運営を サポートしている人のこのなのです。

また、PMPが活躍するのは、継続的なプロジェクトではなく、短期的かつ、明確な終着地点が設けられているタイプのプロジェクトに関わることが主なようです。

PMP資格の気になるところ

PMP資格の気になるところ
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

では、PMPの資格を取るためにはどうしたらいいのか? 難易度は?受験料は?この項目では気になるPMPについてのことをみていきましょう。

受験資格

PMPを受ける上で受験資格を得られるのは、高校卒業、または大学卒業以上であることが、第一です。 次にPMPを受験するのには、一定のプロジェクトマネジメントを担当した、教育を受けた経歴が必要とされています。

高校卒業の場合は、プロジェクトを指揮する人、もしくは監督する立場であること。(重複なし) その実務経験時間が7500時間、60ヶ月のプロジェクトマネジメント経験者であること。 大学卒業の場合も、プロジェクトを指揮、監督として携わった時間が4500時間と36ヶ月の実務経験がなければなりません。

次に必要なのが『プロジェクトマネジメント教育受講』というものを受けておく必要があります。 合計で35時間のトレーニングを受講する必要があり、PMI本部によると『35時間以上のプロジェクトマネジメントに関する教育研修をしてください』 といったものが定められています。

つまり、PMPを受けるにはプロジェクトマネジメントに関する勉強、研修をする施設があるので、プロジェクトマネジメント教育研修を行っている施設、学校で学ぶ、経験するということになります。 時間だけみてしまうと、かなり時間とお金がかかるのでそういった意味での難易度は高いですが、勉強させてくれるだけマシだと思います。

受験料・更新

PMPを取得する際に掛かる受験料には、非会員か会員であるかで違ってきます。 PMIの会員であれば、405ドル(再受験は275ドル)非会員であれば、555ドル(再受験375ドル)かかります。 また、更新の際は、会員が60ドル、非会員が150ドルかかります。

関連タグ

アクセスランキング