IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職後の入社時期は「3ヶ月後」にできる?希望の入社時期の伝え方

更新日:2022年11月21日

就職・転職ノウハウ

転職をする場合気になるのがいつ業務を開始いするかという転職時期です。ここではそんな気になる転職の入社時期、入社時期の延長・延期の交渉方法、入社時期3ヶ月後は可能?、入社時期の希望の伝え方などについてお話をさせていただきたいと考えております。

半年の理由

○良い人材であれば ○せっかく内定まで進んだので半年は待てます。 ○良い人材なら仕方がない

一週間の理由

○現状社内の人員が不足しているので、在職中の場合でも1ヵ月以内には入社してほしい。 ○とにかく多くの人を採用したい。 ○人材が不足しているため。

1ヶ月の理由

○普通 ○現職の方であれば、1ヵ月~1.5ヶ月はかかるので ○長いと不安なので

入社時期は早いほうがいい

基本的に中途採用をする目的は、人手を補うことです。もし入社まで入社時期3~4ヶ月待ってほしいといった場合、他の人を探した方が合理的と考えます。中には離職していて現職の退職日を自由に決められたりする候補者ももちろんいます。内定の後、30日から45日以内の入社時期に入社するのが一般的ですが、早ければ早い方が企業側にとっては好ましいものです。

入社時期は4月と10月がいい?

入社時期は4月と10月が望ましいと考えている人は多くいます。しかし実際は、入社時期は早ければ早いほど評価が高くなるものです。企業は、その時点での人材補充を目的に中途採用するからです。4月、10月の入社時期は年度始めや半期始めの企業が多いですが、転職者側は可能な限り入社時期を早くした方が得策です。

引き継ぎは効率良く

内定者が入社するまでの入社時期は内定辞退のリスクがある状態です。身の回りの整理や引き継ぎは円滑に対応してください。引き継ぎや生活環境など、入社時期が遅れる可能性がある場合あらかじめ連絡することが大切です。現職の仕事の引き継ぎは、難易度の高い物です。立つ鳥跡を濁さず的な引継ぎが大切です。

入社時期の延長・延期の交渉方法

事前準備

面接の終盤では、「いつごろ出社できますか」といった入社時期についての質問があることが多いです。 採用側としては、採用が決まったら、一日でも早く出社してほしいと考えている、在職中の転職活動は、現職を辞める時期となどトラブルがありがちで、採用する側の希望をそのまま受け入れることはできません。 しかし、自分中心の入社時期を述べたのでは、採用がボツになる可能性もあります。いつ頃なら今の会社を辞められるのかや、残務整理、引き継ぎを含めて、事前計画を立てるのが大切です。 会社によっては、退職規定によって退職の手続き期間を定めている場合もあります、必ず規定にも目を通し確認することが大切です。

現職場の就業規則を確認

就業規則にある「退職までに必要な告知時期」の項目を確認してください。民法上は「退職希望日の2週間前」となっています、「1カ月前以上の告知」としている会社も多くあります。就業規則にある期限が採用されるので必ず確認してください。実際は、担当業務によっては引き継ぎに時間がかかる場合もあります、1カ月以上前に告知するのがおすすめです。

次のページ:入社時期3ヶ月後は可能?
初回公開日:2017年04月14日

記載されている内容は2017年04月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング