IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

最適な「転職のタイミング」と「転職を伝えるタイミング」

転職ノウハウ

転職は、タイミングが非常に重要です。今の会社のことを考えすぎず、待つべきところは待つ、そしていいタイミングだと感じたら即座に行動を意識することで好条件で転職することができます。そのタイミングをケース別に解説していきます!

更新日時:

新卒入社の場合の、転職タイミング

石の上に3年は気にしない

"とりあえず3年は我慢しろ。たかだか1年で仕事のおもしろさはわからない"といった風潮が昔はありましたが、3年に根拠はありません。 さらに現代は変化が早いため、3年もしたらあなたの同年代の方は驚くほど前に進んでいます。 もし、すでに新卒入社した会社を転職したいと思うならば3年なんて気にせず動きましょう! 転職したいと思ったタイミングが最も活発に活動できるタイミングです。

新卒3年以内ならタイミングを気にしない

最適な「転職のタイミング」と「転職を伝えるタイミング」

数年前から第2新卒枠という概念が登場してきました。 第2新卒というのは学校を卒業して3年以内の方を指し、新卒と同等の扱いをするようになってきています。

ハタラクティブを始めとする転職サイトの多く立ち上がっています。 上述したように早くに転職したいと思ったならば、第2新卒枠が使えるタイミングで転職者を募集している会社へアプローチすべきです。

結婚の予定がある場合の転職タイミング

結婚をすると二人での共同生活が始まります。そうすると自分の住む場所にも制約がでたりします。 やりたい仕事があって転職したのにそのタイミングで職場に通えなくなるのはまずいですよね? そのため、転職活動は住む場所と気持ちが落ち着いたタイミングで行うようにしましょう。

結婚のタイミングで新居に近い会社に転職する人もいるでしょう。その際に会社に対して申し訳ない気持ちになったり、内定が出たにも関わらず転職を躊躇ってしまったりする必要はありません。 会社があなたを雇っている理由は儲けるためです。酷な書き方ですが、儲かれば別にあなたでなくていいんです。会社は自分がいい人生を送るためにお金を稼ぐ場所なので、自分の人生を我慢してまで働く必要はありません。 仕事を教えてくれた先輩に申し訳ない気持ちになるかもしれませんが、その心配はありません。会社の先輩は仕事であなたに業務を教えていたのです。もしあなたがいなかったら先輩の仕事は減っていただろうし、会社は教育コストも考えて運営されているので何も心配せずに転職してしまいましょう。

異動したばかりの場合の転職タイミング

異動したタイミングで転職したくなってしまった。でも会社に申し訳なくて・・・という話もよく耳にします。 先ほども書いたように会社は利益を出すためにあなたを雇っています。会社都合でもあなたの希望であっても、そのタイミングで異動させた方が効率良く稼げると考えたから異動させたわけです。 でも転職したいと思ったタイミングで、今の会社へ貢献しようって気持ちはほとんどないですよね?だったらダラダラ現状維持するよりも転職してしまった方がお互いのためです。

35歳以上の場合の転職タイミング

転職すべきタイミング

一般的に35歳は転職の限界だと言われてますが、マネジメント経験を買われてヘッドハンティングされる事はよくあります。この場合年収が大幅に上がることもよくあり、現状に満足されていない方ならば是非ともヘッドハンティングに乗るタイミングでしょう。 もう一つは心身を壊してしまいそうな時です。この年齢になると中間管理職に就く人も増え心身の負担が増してくると思われます。大切な家族を背負うからこそ我慢してしまう人も多いですが、長期間働けなくなってしまったり、家族に笑顔が見せられなくなってしまったら本末転倒です。なので本当にダメだと思う前を転職のタイミングとすべきですね。

転職を見送るべきタイミング

日本においては35歳以上は使いにくいと考える経営者も多くいるのが事実です。35歳以上の方でマネージメント経験がなかったり、事業を立ち上げた経験がなければ条件が悪くなってしまう事がほとんどなので見送った方が良いと考えています。でも絶望する必要もなく、日本でも徐々にダイレクトリクルーティング

『ダイレクト・リクルーティング』とは自社で積極的に、優秀な人材を獲得しにいくことです。目の前の採用成功のみならず、中長期にたった、採用成功パターンを定型化し、『採用力をつけること』することです。

が流行り始めているので、好条件が出されるタイミングまで待ってみる事で転職することもできます。

まとめ

本記事では様々なケースにおける転職のタイミングを解説しましたが、いかかでしたでしょうか? 転職は生ものなのでタイミングが非常に重要であることがわかっていただけたと思います。 待つべきところは待つ、そしていいタイミングだと感じたら即座に行動を意識して、良い転職をしていただけることを願っています!

関連タグ

アクセスランキング