IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職後の入社時期は「3ヶ月後」にできる?希望の入社時期の伝え方

更新日:2022年11月21日

就職・転職ノウハウ

転職をする場合気になるのがいつ業務を開始いするかという転職時期です。ここではそんな気になる転職の入社時期、入社時期の延長・延期の交渉方法、入社時期3ヶ月後は可能?、入社時期の希望の伝え方などについてお話をさせていただきたいと考えております。

内定→入社希望日を確認

内定の連絡の後、入社時期を確認します。1〜2カ月先のおおよその時期として話し合います。「すぐ来てほしい」と言われた場合は、「引き継ぎに○週間はかかってしまうと思うのですが、なるべく早く退職できるよう調整してみます」と相手の意思を汲んだ表現にするのが大切です。

面接で入社時期を確認

もし面接で聞かれない場合でも大体の入社時期を伝えてください。普通は内定から1カ月後になります。中途採用の場合、即日の場合も多くあります、入社時期を2カ月も3カ月も先延ばしにするのは得策ではありません。社内調整、引き継ぎやに時間がかかる場合、車内でも珍しい業務を担当しているので引き継ぎに入社時期は2カ月程度必要になりそうですが、可能な限り早く入社できるよう努力しますと誠意を見せた表現が大切です。

交渉注意点

最も注意するのは、あいまいな返事をすることです。 考え込んでしまって即答できない場合、ほかにも応募していると思わる可能性があります。逆に自分が置かれている状況を考慮しない無責任な返答をすると、結果的に入社を先延ばしなることが多く、計画性のなさや誠実さに問題があると判断されます。

現実的な返事

○すでに退職している場合 いつでも就職できる状態なのが一般的です。ですから、入社時期については、「決まり次第翌日にでも」と答えることは意欲を見せることができます。ほかに応募したい企業があり、その結果を考えたい場合、若干身辺整理などの雑事がありますので、ご通知頂いてから1週間ほどいただき、体調を整える期間を頂きたく存じます」といった形にしておくのがおすすめです。 ○在職中の転職の場合 退職の意思表示をしてから少なくとも2週間、就業規則に期間の定めがある場合にはその期間、退職までに日数時間が必要になります。ですから、採用する側でも最低でも1カ月以上先になることを通じよう考えています、しかし、意味もなく2カ月も3カ月も先を希望するのは問題があります。 ○会社の退職規定や業務の進行状況を踏まえた上で、2カ月以上かかる場合 「引き継ぎを万全にして円満に退職するために3カ月ほどどうしても必要だと考えています。もし、ご希望がそれより早くということでしたら、どうにか2カ月くらいで退職できるよう、努力いたします」と円満退職を前面に出し、入社時期は一日でも早く退社するように譲歩する態度を見せましょう。

入社時期3ヶ月後は可能?

入社までの入社時期

転職先が内定通知から入社までの入社時期の時期は、急募であれば1ヶ月程度、そうでない場合おおよそ2ヶ月~最大でも3ヶ月程度になります。在職者の場合、退職交渉や引継ぎ、有給消化を考慮した場合、2、3ヶ月が入社までの期間の目安になります。

転職活動で入社時期

急募案件、そうでもない案件があります。 ○内定から1ヶ月 ○内定から長くても1ヶ月半 程度が入社日を待ってくれる限界の場合が多いようです。急募案件では1ヶ月未満の場合もあり、在職中の場合には厳しいスケジュールになります。こういった場合は面接のときにあらかじめ通告されることがほとんどです。その折に自分の都合やスケージュールを話し合って最大限安全に転職活動ができる日程を決定することが最も重要なポイントになります。

在職中での入社日は2ヶ月後、3ヶ月後

在職中の転職活動においては ○2ヶ月後 ○3ヶ月後 のように入社日遅くなるというような場合があります。このような2ヶ月後、3ヶ月後では上のように一般的な転職の入社日の期限には間に合いません。法律的には退職には2つの形があります。 ○辞職   民法第627条1項に沿って14日後に退職 ○合意退職 その企業の就業規則の退職規定に沿って30日後などに退職 法的にはどちらの退職手続きをするのかは労働者に強い権利があります、2ヶ月後、3ヶ月後の退職しかできないということにはなりません。就業規則に2ヶ月後、3ヶ月後の退職というように非常識な規定の会社の場合がありますが、こういった場合、無視をして辞職にすることになります。

入社日が2ヶ月後、3ヶ月後というのは不採用の原因

入社日が1ヶ月、1ヶ月半を超えることを伝えた場合不採用にする可能性もあります。法律的な退職時期の内容というのは決まっているので、それを大幅に超えるような入社日しか提供できない場合、やる気に問題があると判断されます。2ヶ月、3ヶ月後の入社日が認められる場合、エントリー先から評価が高いときに限定されます。

どうしても入社日が2ヶ月、3ヶ月後の場合必要なこと

法律的には退職時期について上のような内容となっています、退職が2ヶ月、3ヶ月後というように遅くなる場合もあります。こういった場合、エントリーしても不採用になる確率は非常に高いので在職のまま転職活動をしても成果はあがりません。そういった場合、退職後に転職活動をする必要があります。 しかし、退職後の転職活動は評価が下がります。また内定が出にくく、在職中よりもランクの低い企業にしか転職できないといったようなデメリットが懸念されます。退職後に就職活動を行う場合デメリットも理解した上で行動しましょう。

次のページ:入社時期の希望の伝え方
初回公開日:2017年04月14日

記載されている内容は2017年04月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング