IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

好印象を与える「入社挨拶」ケース別例文|メール/自己紹介/スピーチ

転職ノウハウ

転職をした際の入社挨拶は第一印象を決めるもので何を話したらいいのかスピーチに困るものではないでしょうか。自己紹介の仕方やメールでの入社挨拶についてご紹介します。どんな挨拶が好印象を与えるのか事前に例文を元に考えてみませんか。

更新日時:

第一印象を決める入社挨拶

入社挨拶はほんの30秒や長くても何分ですが、これで第一印象が決まってしまうと言ってもいいのではないでしょうか。見た目や声のトーンや話し方でこの人はこういう人なんだと思われてしまいます。 そこで、第一印象を良くするには明るい声で愛想よく話をするのがベストです。転職した場合でも新人だからと言って相手から話しかけてもらおうなどと待っていることは避けるべきです。 こちらから第一印象を作って見せるというような思いで朝の挨拶とともに全員にこちらから挨拶をするように努めることが大事です。

自己紹介の挨拶やスピーチは30秒~1分で簡潔に愛想良く

つい最初の自己紹介やスピーチは熱が入って長くなったりしがちですが、簡潔に愛想よく伝えることを目指します。30秒~1分でどれだけ思いを伝えられるかが大事です。 自己紹介の挨拶やスピーチは、新しい会社に入ったことの意欲を伝えることを一番に考えてスピーチするように努めます。

自己紹介の内容は5つのポイントで

1.名前 2.年齢 3.所属されることになった部署 4.前職の仕事(部署や仕事内容) 5.最後に一言

最後の一言は自分の趣味や特技の話で親しみやすさを出す方法も

この最後に一言で通常は意欲を示すように努めます。 「早くお役に立てるように頑張ります」 「頑張って参りますのでご指導をよろしくお願い致します」 などで終わります。 また、この最後の一言で、自分の趣味や特技などを加えれば柔らかい印象の自己紹介となり、親しみやすく話しかけやすい雰囲気にもなっておすすめです。お互いに会話のきっかけになるようなことを付け加えてみませんか。 例えば、 「お酒が好きなので誘ってください」 「趣味は釣りですのでいい場所があれば教えてください」 など具体的に自己紹介してみます。 また、転職した会社の地元のことを調べて話すのもおすすめです。 「こちらは○○が美味しいと聞きました。ぜひ美味しいお店がありましたら教えてください」 などという話もいいのではないでしょうか。自分を印象付けるような話を一つして終わってみませんか。

入社挨拶で印象が悪い自慢話や長く話す前職の話

転職の場合などは自己紹介でつい前職などでの自慢話や経験談を長く話しがちにもなりますが、新しい会社の人達にとってはそれほど興味や関心がない話です。 あくまでも新しい会社でどういうことをやりたいのかという気持ちを入社にあたって伝えるのが最優先となります。 また、中途採用や転職ということであれば、新入社員とも比較されますので経験を積んでいてしっかりしているという印象を持ってもらう事も大事です。自慢したり横柄な雰囲気にならないように注意を払いながらきちんとした印象を与えるようにします。 面接官がどんなところを見ているのかなど、面接対策に必要な知識を身に付けたい方はエージェントを活用するといいでしょう。プロのキャリアアドバイザーから、的確なアドバイスをもらうことができます。

自己紹介やスピーチの見本の例文をご紹介

ここで実際に例文をご紹介しますので参考にしてみられませんか。 「本日より○○部○○課にお世話になることになりました、○○と申します。これまでは、○○会社にて○○の仕事をしておりました。この度は縁あって○○で働くこととなりました。これから1日でも早くみなさまのお役に立てるように努力して参りたいと思います。ちなみに、趣味は○○です。共通の趣味をお持ちの方や○○を知っているという方はぜひ教えて下さい。これからのご指導・ご鞭撻のほどをどうぞよろしくお願いいたします」 「おはようございます。本日より○○部○○課で働かせていただくことになりました○○と申します。○○県出身の○○才です。今回の職種では経験がありませんが、精いっぱい頑張っていきますので、皆様にご迷惑をお掛けすることもありますが、ご指導をよろしくお願い致します。休みの日には○○が好きで○○しています。こちらで○○のいい所をご存知の方は教えて頂ければと思います。本日より皆さんと一緒に働かせていただくことを嬉しく思っております。ご指導をどうぞよろしくお願い致します」 これを自分流にアレンジしながら、はっきりとした大きな声で話してみられませんか。

メールで挨拶する場合もあまり長くない500文字程度で

メールでの入社の挨拶というのは入社当日に会えなかった人などに送るメールとなります。この場合も500文字程度で納めるように送ります。新しい仕事上で関わりのある人に送りますが、特に上司の場合は気を付けて送る必要があります。 メールの例文としては 本日○月〇日より中途採用より入社いたしました○○と申します。 ○○課に配属されることになりました。 前職では○○として、○○を主に担当しておりました。 今回はまったく違う職種で不慣れな点が多いと思っております。 皆様にご迷惑をおかけすることも多々ありますが、 ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。                     ○〇 〇〇 などと必要な入社挨拶を簡潔に送ります。突然知らない者からメールが来るのですから、最初に入社日と氏名、配属部署を必ず名乗ったメールにし、どこに配属されたのかをしっかり知ってもらうことが重要です。 自分の強みをしっかりと相手に伝えられる等の上手な文章作りに関してプロに相談してみませんか?エージェントを活用すれば、面接対策はもちろんのこと、履歴書の添削などさまざまなサポートを受けることができます。

挨拶やメールは簡潔に、入社報告の自己紹介と意欲を伝えて

入社挨拶やメールでの挨拶文の例文をご紹介しました。初めての会社の人々にいい第一印象を持ってもらうために入社初日は全員にこちらから声を掛けて挨拶する気持ちで頑張ってみませんか。 入社時の第一印象を良くすることでその後の人間関係も結構うまくいくことが多いものです。話しかけづらいや愛想が悪いと思われないように、またきちんとした入社挨拶もできないなどと思われないように内容にも気を付けて挨拶を行いましょう。 また、入社時の意欲がどれだけ伝わるかも大事です。気持ちを込めた文章を入社前に事前に考えておくことも必須ではないでしょうか。

志望企業の内定獲得のカギは「自己PR」

就活の面接時、ESや履歴書で他のライバルと差をつける「自己PR」。自分らしさを採用担当者に伝え、注意を惹き付けるためには、論理的で採用担当者が見ているポイントを抑える必要があります。 穴埋めだけで、自己PRのポイントを抑えられる資料をこちらに用意しました。自己PRで内定を獲得し、納得の年収と、圧倒的成長を実現できる企業への切符を手に入れましょう。

関連タグ

アクセスランキング