IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

Webテスト「GAB」のテスト形式|練習問題/勉強方法/参考書

更新日:2022年07月11日

就活ノウハウ

就職活動をしていると、目にすることが多いのが、「GAB」というWebテストです。Webテストをクリアしないと、その後のグループワークや面接などのステップに進めないため、GABを攻略することは、就職活動を成功させるためにも、非常に重要なポイントになってくるのです。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

WebテストのGABとは

就職活動をしていると、「GAB」というWebテストを目にすることもあるでしょう。企業によっては、Webテストをクリアしないと、その後のグループワークや面接などのステップに進むことができません。「GAB」をクリアすることは、就職活動を成功させるためにも、非常に重要なポイントになっています。

GABは総合適性テストのこと

GABを採用しているのは、多くが新卒採用の選考ステップです。総合職は特に積極的に取り入れているようです。中途採用でもあまり目立った採用がありません。

これは、GABが総合適性テストであるためです。総合商社や専門商社をはじめとして、証券会社や投資会社、総研などの業界に特化して取り入れられている傾向にあります。これらの業界や企業を志望している人は、まずクリアしなければいけない課題であるとも言えるでしょう。

GABの内容は、主に言語と計数の能力テストと、性格テストからなっており、計画的な対策をすることで、難関をクリアしやすくなるでしょう。自分のタイプに合わせた、的確な練習を繰り返す必要があります。

GABの対策・練習方法

それでは、GABの具体的な対策や練習方法について、より詳しく解説していきましょう。

言語問題の対策方法

短めの文章を読み、その内容についての設問に答えていくのが一般的です。ひとつの文章に対し、四つの問題が設定されているのが基本です。評論文や物語が出題されることもあれば、古文や漢文が出題されることもあります。

基本的には、文章の要所を理解し、内容をスピーディーかつ正確に把握するスキルがあれば、クリアしやすいパートとなっています。文章読解と言葉の正しい把握が必要でしょう。古文や漢文のような出題に対応するために、基本的な古語や漢文の文法などを確認し、内容を読み解けるようにしておきましょう。

計数問題の対策方法

計数問題は、いくつかの図表を読み取って、それぞれに設定された問題を解いていくスタイルになっています。

図や表のスムーズな読解力はもちろん重要ですが、図表から読み取れない内容についても出題されることがあります。計算問題を読み解く必要もありますし、専門の公式を取り入れなければいけないこともあるでしょう。

GAB試験においては、計数問題に苦手意識を持っている方も多いことでしょう。一朝一夕の対策ではクリアしにくい部分もあるので、専門の参考書を用意して何度も繰り返し問題を解けるようにしておきましょう。

次のページ:GAB試験の例題

アクセスランキング