IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職後の入社時期は「3ヶ月後」にできる?希望の入社時期の伝え方

転職ノウハウ

転職をする場合気になるのがいつ業務を開始いするかという転職時期です。ここではそんな気になる転職の入社時期、入社時期の延長・延期の交渉方法、入社時期3ヶ月後は可能?、入社時期の希望の伝え方などについてお話をさせていただきたいと考えております。

更新日時:

転職の入社時期

転職入社時期を明確にしておく

転職面接の際に「入社時期」について質問ですが、すでに会社を退社して転職活動をしている場合、入社時期についてすぐに転職後勤務可能な状態で面接を受けるのが得策です、転職のための引っ越しが必要な場合は、引っ越しのスケジュールも考慮して入社時期を調整しましょう。 在職状態のまま転職活動をする場合、在職している会社と退職日の調整したうえで新しい会社への入社時期が決定されることになります。中途採用をする企業にとって、即戦力人材の早急の確保が目的なので、転職先の入社希望時期に合わせられるような準備をしておいた方がいいでしょう。もし入社時期については不明な場合でも、転職の面接であいまいな回答をしないで、可能な限り具体的なスケジュールを見せることが重要です。

転職において前職をすでに退職している場合

転職において前職を退職済みの場合、転職入社時期はなるべく新たに入社する企業の入社希望日に応じるのが基本です。通常は内定後に転職先の受け入れ転職可能日を確認、転職の入社時期を決定されます。引越しや保険などの手続きなどがある時は、前もってどの程度の期間必要かを確認してください。 転職の 入社後は職場になれるまで、忙しく各種届出などは後回しにしがちですが、転職に伴う雑務確認も重要です。転職で引越しが必要な場合は、転入届、実印登録、免許証の書き換えや各種カードの住所変更、郵便転送手続き、光熱費やインターネット契約の解除など手間がかかります。

転職で在職中の場合

転職で在職中の場合は、必ず会社の就業規則の確認が必要です。法的には2週間前までに転職における退職の意思表示が必要です、企業の多くでは就業規則で退職申し出の期間を設定しています、転職における引継ぎや事務手続きなどを考慮して1か月前に退職を申し出なければならないと決めていることが多いようです。退職時の事務手続きなども合わせて確認指定ください。 ○転職の退職日の何日前までに意思表示が必要か ○その他に転職に必要な手続きはどんなものがあるか ○転職における業務の引き継ぎにはどれくらい必要か ○転職における有給休暇の消化・退職前の休日について ○ボーナス支給の時期 民法上は退職届を提出してから退職までに最低限必要な期間は2週間担っています。例外として1年単位で報酬を定めている年棒制の場合、3ヶ月前予告が必要です。内定通知受領のあと、上司に退職の意思を示し、退職日を会社と調整することになります。引越しや雑務に必要な時間を考慮して、採用予定の企業の受け入れ可能日の確認、入社時期を決定します。 退職や入社が間に合わなくなる場合も考慮して調整してください。後任が見つからず、引止めにあい退職日の決定に時間がかかる場合が多くあります。入社時期は急いで決めずに、退職交渉の状況を考慮しながらある程度の余裕をもって退職日と入社時期の調整をしてください。

転職入社可能日

転職面接の終盤ではいつから働けるかというように、具体的に入社が可能になる入社時期を確認されます。この質問を受けた場合、応募者に興味を持っていて、採用の意思があるという意味になります。それほど採用活動を急いでない場合では、入社可能日を聞かれないこともあります。ですからこの質問に合否にそれほど関係はないと考えられます。

転職入社時期確認の意図

企業と応募者の希望の転職の入社時期が一致しているか、もしくは応募者の入社意欲が高いかどうかを確認するためにこの質問が使われます。同時に転職における計画性についても判断しようとしている可能性があります。転職の中途採用を行う企業は、欠員もしくは新規事業の立ち上げなどによる人員不足なのですぐに人がほしいことがほとんどです。 ですので、早く入社できる人の方が有利です。よほどの急募でない限り、1~2ヶ月の余裕を持って転職採用活動をしている企業がほとんどです。逆に言うと、今すぐに入社できないことが大きなマイナスになることはほとんどないので、「いつから働けますか?」という質問には、正直に具体的に入社が可能になる入社時期を伝えた方が得策です。在職中の場合は、引継ぎ期間を含めて、実現可能で具体的な計画を立案し、次の企業への入社がいつから可能性があるかを把握しましょう。

転職入社時期確認の回答例

○すぐに入社可能な場合 既に離職しておりますので、御社のご都合に合わせていつでも入社可能です。

○入社時期が決まっている場合 ○月○日から就業可能です。 現在在職中の会社は、○月△日をもって退職予定ですが、転居を含めた入社準備期間として、1週間ほどご猶予いただきたいと考えております

○入社時期が未定の場合 →入社可能日がわからない理由を明確にして、具体的に入社可能となる期間を伝えることで、回答が曖昧にならないようにします。 3月中に採用のご連絡をいただければ、5月1日から入社可能です。 具体的な調整は、内定をいただいてから調整いたしますので、正確な入社可能日は未定です。 現在在職中の会社の就業規則と、業務の引継ぎを踏まえると、内定のご連絡から約2ヶ月後に就業可能となる予定です

退職日のずれで内定取り消し

転職活動が初めての場合、自分の意見を正確に伝えることが難しいです。うまくいかずに転職に失敗する場合も多くあります。 トップクラスの営業成績を持つ営業マンの話だが、素晴らしい業績を残したので「この企業で学べるものは学びきった」と考えて転職を決意しました。IT業界への転身を考え、業務をこなしながら転職活動をしていました。 忙しい中で転職活動を行い、Webコンテンツ制作会社の営業職の内定を獲得しました。内定が出た時に、後輩に会社を辞めることを伝えてしまい、引き止め工作に遭いました。内定をもらった会社に1カ月後に退職して、すぐに入社すると伝えていいたのですが、退職日をなかなか決めることができなかったようです。転職先からのプレッシャーも強く踏んだり蹴ったりになりました。退職日は予定よりも2カ月ずれ込み、内定も取り消しになりました。 最悪の結果となってしまったのは、退職手続きの考慮が足りなかったことが原因です。

内定から入社まで、最長でどのくらい入社時期を待てるか

多くの採用担当者が「2~3ヶ月」の入社時期と考えています。企業は1年を3ヶ月ごとに区切っていることが根拠のようです、また3ヶ月を超えた場合、会社の採用ニーズや事業計画が変わる可能性があるためといったこともあるようです。「半年」という回答もあります。理由は「良い人材であれば待てる」や「優秀な人なら相談に応じる」など、「半年待つ」場合、企業側も期待もって待っているということでした。 逆に「1週間」や「1週間以内」の場合、人員が不足しているのですぐにでもほしいとのことです。 退職交渉、引継ぎ、有給消化等を考えると2~3ヶ月が一般的です、入社時期までの期間は転職先の状況で大きく変化するので、面接時などに十分確認する必要があります。

2~3ヶ月の理由

○転職者の方の退職交渉もあると思われる。円満退職 ○現職への退職交渉、引継ぎ、有給消化等を考慮すると2ヶ月が必要。 ○これくらいの期間であれば、苦しい状況(人不足)でもどうにかなる。これ以上の期間になると、モチベーションを保つのが難しい。 ○社内ルールにより。 ○3ヶ月を超えると採用ニーズが変わってくる可能性あり ○在職の方であれば引継ぎにその程度は必要であろうから。

半年の理由

○良い人材であれば ○せっかく内定まで進んだので半年は待てます。 ○良い人材なら仕方がない

一週間の理由

○現状社内の人員が不足しているので、在職中の場合でも1ヵ月以内には入社してほしい。 ○とにかく多くの人を採用したい。 ○人材が不足しているため。

1ヶ月の理由

○普通 ○現職の方であれば、1ヵ月~1.5ヶ月はかかるので ○長いと不安なので

入社時期は早いほうがいい

基本的に中途採用をする目的は、人手を補うことです。もし入社まで入社時期3~4ヶ月待ってほしいといった場合、他の人を探した方が合理的と考えます。中には離職していて現職の退職日を自由に決められたりする候補者ももちろんいます。内定の後、30日から45日以内の入社時期に入社するのが一般的ですが、早ければ早い方が企業側にとっては好ましいものです。

入社時期は4月と10月がいい?

入社時期は4月と10月が望ましいと考えている人は多くいます。しかし実際は、入社時期は早ければ早いほど評価が高くなるものです。企業は、その時点での人材補充を目的に中途採用するからです。4月、10月の入社時期は年度始めや半期始めの企業が多いですが、転職者側は可能な限り入社時期を早くした方が得策です。

引き継ぎは効率良く

内定者が入社するまでの入社時期は内定辞退のリスクがある状態です。身の回りの整理や引き継ぎは円滑に対応してください。引き継ぎや生活環境など、入社時期が遅れる可能性がある場合あらかじめ連絡することが大切です。現職の仕事の引き継ぎは、難易度の高い物です。立つ鳥跡を濁さず的な引継ぎが大切です。

入社時期の延長・延期の交渉方法

事前準備

面接の終盤では、「いつごろ出社できますか」といった入社時期についての質問があることが多いです。 採用側としては、採用が決まったら、一日でも早く出社してほしいと考えている、在職中の転職活動は、現職を辞める時期となどトラブルがありがちで、採用する側の希望をそのまま受け入れることはできません。 しかし、自分中心の入社時期を述べたのでは、採用がボツになる可能性もあります。いつ頃なら今の会社を辞められるのかや、残務整理、引き継ぎを含めて、事前計画を立てるのが大切です。 会社によっては、退職規定によって退職の手続き期間を定めてある場合もあります、必ず規定にも目を通し確認することが大切です。

現職場の就業規則を確認

就業規則にある「退職までに必要な告知時期」の項目を確認してください。民法上は「退職希望日の2週間前」となっています、「1カ月前以上の告知」としている会社も多くあります。就業規則にある期限が採用されるので必ず確認してください。実際は、担当業務によっては引き継ぎに時間がかかる場合もあります、1カ月以上前に告知するのがおすすめです。

内定→入社希望日を確認

内定の連絡の後、入社時期を確認します。1〜2カ月先のおおよその時期として話し合います。「すぐ来てほしい」と言われた場合は、「引き継ぎに○週間はかかってしまうと思うのですが、なるべく早く退職できるよう調整してみます」と相手の意思を汲んだ表現にするのが大切です。

面接で入社時期を確認

もし面接で聞かれない場合でも大体の入社時期を伝えてください。普通は内定から1カ月後になります。中途採用の場合、即日の場合も多くあります、入社時期を2カ月も3カ月も先延ばしにするのは得策ではありません。社内調整、引き継ぎやに時間がかかる場合、車内でも珍しい業務を担当しているので引き継ぎに入社時期は2カ月程度必要になりそうですが、可能な限り早く入社できるよう努力しますと誠意を見せた表現が大切です。

交渉注意点

最も注意するのは、あいまいな返事をすることです。 考え込んでしまって即答できない場合、ほかにも応募していると思わる可能性があります。逆に自分が置かれている状況を考慮しない無責任な返答をすると、結果的に入社を先延ばしなることが多く、計画性のなさや誠実さに問題があると判断されます。

現実的な返事

○すでに退職している場合 いつでも就職できる状態なのが一般的です。ですから、入社時期については、「決まり次第翌日にでも」と答えることは意欲を見せることができます。ほかに応募したい企業があり、その結果を考えたい場合、若干身辺整理などの雑事がありますので、ご通知頂いてから1週間ほどいただき、体調を整える期間を頂きたく存じます」といった形にしておくのがおすすめです。 ○在職中の転職の場合 退職の意思表示をしてから少なくとも2週間、就業規則に期間の定めがある場合にはその期間、退職までに日数時間が必要になります。ですから、採用する側でも最低でも1カ月以上先になることを通じよう考えています、しかし、意味もなく2カ月も3カ月も先を希望するのは問題があります。 ○会社の退職規定や業務の進行状況を踏まえた上で、2カ月以上かかる場合 「引き継ぎを万全にして円満に退職するために3カ月ほどどうしても必要だと考えています。もし、ご希望がそれより早くということでしたら、どうにか2カ月くらいで退職できるよう、努力いたします」と円満退職を前面に出し、入社時期は一日でも早く退社するように譲歩する態度を見せましょう。

入社時期3ヶ月後は可能?

入社までの入社時期

転職先が内定通知から入社までの入社時期の時期は、急募であれば1ヶ月程度、そうでない場合おおよそ2ヶ月~最大でも3ヶ月程度になります。在職者の場合、退職交渉や引継ぎ、有給消化を考慮した場合、2、3ヶ月が入社までの期間の目安になります。

転職活動で入社時期

急募案件、そうでもない案件があります。 ○内定から1ヶ月 ○内定から長くても1ヶ月半 程度が入社日を待ってくれる限界の場合が多いようです。急募案件では1ヶ月未満の場合もあり、在職中の場合には厳しいスケジュールになります。こういった場合は面接のときにあらかじめ通告されることがほとんどです。その折に自分の都合やスケージュールを話し合って最大限安全に転職活動ができる日程を決定することが最も重要なポイントになります。

在職中での入社日は2ヶ月後、3ヶ月後

在職中の転職活動においては ○2ヶ月後 ○3ヶ月後 のように入社日遅くなるというような場合があります。このような2ヶ月後、3ヶ月後では上のように一般的な転職の入社日の期限には間に合いません。法律的には退職には2つの形があります。 ○辞職   民法第627条1項に沿って14日後に退職 ○合意退職 その企業の就業規則の退職規定に沿って30日後などに退職 法的にはどちらの退職手続きをするのかは労働者に強い権利があります、2ヶ月後、3ヶ月後の退職しかできないということにはなりません。就業規則に2ヶ月後、3ヶ月後の退職というように非常識な規定の会社の場合がありますが、こういった場合、無視をして辞職にすることになります。

入社日が2ヶ月後、3ヶ月後というのは不採用の原因

入社日が1ヶ月、1ヶ月半を超えることを伝えた場合不採用にする可能性もあります。法律的な退職時期の内容というのは決まっているので、それを大幅に超えるような入社日しか提供できない場合、やる気に問題があると判断されます。2ヶ月、3ヶ月後の入社日が認められる場合、エントリー先から評価が高いときに限定されます。

どうしても入社日が2ヶ月、3ヶ月後の場合必要なこと

法律的には退職時期について上のような内容となっています、退職が2ヶ月、3ヶ月後というように遅くなる場合もあります。こういった場合、エントリーしても不採用になる確率は非常に高いので在職のまま転職活動をしても成果はあがりません。そういった場合、退職後に転職活動をする必要があります。 しかし、退職後の転職活動は評価が下がります。また内定が出にくく、在職中よりもランクの低い企業にしか転職できないといったようなデメリットが懸念されます。退職後に就職活動を行う場合デメリットも理解した上で行動しましょう。

入社時期を3ヶ月後にしてもらうリスク

転職先企業への入社時期を3ヶ月後にしてもらうリスクは、入社時期が3ヶ月後と先になった場合、内定をもらえない、採用されない場合が多くなるということです。内定や採用に入社するまでの期間が関わってくるのでリスクが高くなります。

採用側の需要とあわず内定・採用されづらくなる

退職する3ヶ月後に入社時期を希望してしまうと、内定や採用を企業から出にくくなるということがあります。やはり企業は3ヶ月単位で動いていることが多いのでその波に乗れない場合うまく入り込むことができなくなります。

ズバ抜けて能力が高い場合には待ってもらえる可能性あり

明らかにとびぬけて能力高く、会社にとって理想的な人物である場合、退職した後3ヶ月くらい経ってから入社を希望しても、内定が出たり、採用をしてもらえる可能性があります。しかしこういったことは極稀です。多くの場合、入社時期が3か月後では遅すぎると考えられています。

中途求人では企業に早い入社を求められる

中途の求人を出す企業側は、入社時期がなるべく早い転職者を求めています。退職してから3ヶ月後まで入社を待ってくれることほぼありません。急遽、人が必要な場合の中途の募集がほとんどなため、入社時期が退職する3ヶ月後は、転職がとても長引く可能性が多くなります。

入社時期を退職する3ヶ月後とする場合、今の会社から引き留めリスクがある

入社時期を退職する3ヶ月後にしてもらうリスクは、現職の会社でのリスクがあります。転職を決めてから3ヶ月、そこで働く必要がある場合、引き留めに合う可能性が非常に高いです。引き止めが3ヶ月も続く場合、意思が弱い人や、プレッシャーに弱い人は、結局内定辞退をし会社に在留する場合もあります。

1ヶ月後位は引き継ぎなどで引き留めにあいにくい

退職する時期を3ヶ月後にすると、引き留めの機会を今いる会社に与えることになります。退職する1ヶ月後の場合、引き継ぎが忙しいのでそういった動きもやりにくいですが、退職する3ヶ月後の場合、そういった動きが可能になります。そういった動きは間違いなく転職活動の妨げになります。

入社時期の希望の伝え方

転職先と入社時期交渉の注意点

転職先と入社時期を交渉するうえでポイント2つ。 ○早く入社したい意志を示してから希望を伝える ○退職日が最終決定した後に入社日を決める

早く入社したい意志を示してから希望を伝える

中途採用は内定後早いタイミングでの入社を望まれます。どんな状況でも早く入社したいと意思を示すことが大切です。引き継ぎが長引く可能性と有給休暇の消化などを希望の入社時期を伝えましょう。

退職日が最終決定した後に入社日を決める

入社日の確定は、退職交渉が完了した後に行うことが必要です。退職交渉を完了する前に入社日を確定すると、退職予定がずれ込んだ場合に、入社日を変更する必要があります。転職先の企業は、転職に際して「人事」「現場」「経営者」「管理部」といった調整をします。ですから入社日が変わるのは、会社全体を巻き込む大問題になります。スムーズなスタートを切るためには一度決めた入社日の変更は絶対にしないことが大切です。

現職との退職交渉の注意点

「立つ鳥跡を濁さず」ということわざの通り、現職との退職交渉にもポイントがあります。 ○迷いを見せない 退職をするにあたって迷っているような態度や素振りを見せないことが相手にとっても自分にとっても大きなポイントになります。迷いを見せると引き止めに合うものです。強い意志で転職をすると決めていることを最初に伝えましょう。伝えられないで悩んでいる場合、信頼できる人に相談をしてください。 ○引き継ぎ内容をすり合わせる 引き継ぎ内容の認識や詳細にすり合わせてください。引き継ぎ内容のすり合わせを行わない場合、引き継ぎの範囲が曖昧になり、引き継ぎ期間が延長する可能性が高まります。確認はシビアに行い、決められた期間内で引き継ぎを完了できるようにスケジュールを組んでください。 この2つのポイントを注意しない場合、退職時期が遅れる可能性があります。一度決めた入社時期を変更すると転職先に多大な迷惑がかかるので必ず守るようにしましよう。 転職のことで少しでも悩んだりしている方は、転職エージェントを活用するといいでしょう。おすすめの転職エージェントをランキングでご紹介している記事がありますので、エージェントはどういうものなのか知ることから始めてみましょう。

転職先でのスタートダッシュ

現職を後腐れなく退職し、転職先と約束した入社日に確実に入社できるように進行することが大切です。現職を退職した後でも、いつかどこかでまた一緒に仕事をする可能性もあります。転職先で新しいキャリアをスタートさせる場合でも、転職前の段取り不足が原因で最初からつまずくのは避けたい部分です。

入社2週間玄人

入社して2週間しかたっていないのにすごくなじんでいる人もいれば、1か月たってもお客さんっぽい感じが抜けずになかなか馴染めない人が多くいます。こういった違いは何が原因でしょうか?転職後の会社ではあなたは未知の人です、ですから入社一ヶ月の印象で今後おこることが大きく変わってきます。転職を成功させるためのポイントをあげますので見てみてください。

「できる人」と思われようとしない

○実力はすぐにバレる 転職してやってきた社員は、もちろん即戦力であることが求められます。初期の段階で「使えない」と判断されると、重要な仕事が回ってこなくなります。無理にできる人を演じなけれならないと思っていませんか?実はどんなにつくろっても、一緒に働けばいまのあなたの実力は同僚は理解します。一番重要なのは職場の仲間が一緒に働きたい人と認識してもらうことです。

○実績をアピールしすぎない できる人と思われることを意識すると、前職の成功体験や過去の実績をアピールしたくなります、しかし周りにとってはすごいをアピールする人が面倒なものです。あくまでも、話の流れで聞かれたときに過去の経験などを話す程度にした方が得策です。

親しみやすいキャラ

○円滑な人間関係がストレスを減らす ストレスなく働くためには、円滑な人間関係が必要です。誰でも自分を嫌っている人に囲まれて仕事するより、自分に好感をもっている人に囲まれて仕事するほうがモチベーションが高まり効率が良くなります。

○ひたすら名前を呼ぶ 自分のことを覚えてもらいたい場合、相手のことを先に覚えることが重要です。名前を覚える場合、名前の横に似顔絵のイラストを書くことで記憶に残りやすくなります。絵心がゼロでうまくなくても問題ありません。ビジュアルとセットにすることで、名前を書くだけよりも圧倒的に早く記憶に残すことができます。やりすぎなぐらい、まわりの人を名前で読んでみてください。繰り返し名前を呼ばれると、あなたに好感をいだきやすくなります。

○常に口角をあげておく 人間関係の基本は笑顔です。微笑まれて悪い気分になる人は珍しいものです、そうすることで好印象を残すことができます。入社直後は、ひたすら口角をあげるようにしてみてください。口角があがっていると、親しみやすい人と思われます。笑顔に似た表情をすると脳が勘違いをおこし、ドーパミンが分泌されて幸福感が高まるようです。

最速で信頼関係

信頼関係をつくるのに必要なことはウソをつかないこと、約束を守るが大切です。これらは必須事項ですがそれだけでは不十分です。短期間で信頼を獲得するために以下のことを実行してください。

○社内の人の話を聞きまくる 人間は自分のことに関心をもってくれる人を高く評価する癖があります。自分のことに関心を持ってくれているかどうかという判断は、自分の話を聞いてくれる長さに影響されるようです。通常は入社してすぐは自分のことをわかって欲しいので、自分の話を沢山しようとしますが、人は相手のことをどれだけ知っているかで信頼できるかを判断するのではなく自分のことをよく知っている人を、信頼できる人と認識してしまうのです。

○しつこいくらいに相談を 人は小さな頼まれごとをされると、それを依頼した人に好感をいだくという、一貫性の法則というものがあるそうです、自分の発した言葉や行動の一貫性を持ちたいという人間の心理を利用したものです。自分が手伝っていると、そのうちに自分が手伝ってあげるだけの価値がある人だと脳が解釈し、その人に好感をいだきはじめます。ですから相手の負担にならないような相談や、小さな頼み事を積極的に依頼することで、信頼は高まります。

社内の人間関係やルール

○ボスザル 新しい環境で生活を始めたとき、いちばん起こりがちなパターンは、力関係を把握しないまま行動して反感を買ってしまうということです。どんなコミュニティにも、肩書きだけではない力関係があります。誰が偉いのか、誰と誰が仲が悪いのか、といった点をよく観察し、早めに権力者に取り入ったほうが得策です。

○会社特有のルールやマナー 多数の会社で働いた経験がないと、無意識に前の会社の常識に捕らわれることが多くあります。上司を役職などの呼び方、社内でのメールのルールなど、世の中には会社の数だけマナーやルールがあるのです。そういった部分を早く覚えると、意図しない誤解を受けることを未然に防げることになり、適応するために努力していると周囲にアピールすることにもなります。

女性社員を味方に

○女性社員を敵にしたらアウト あなたが男性なら、女性社員を味方につけることが最も重要なことです。女性は「調和」を大切にする人が多くいます、一人の女性社員に嫌われた場合、社内中の女性を敵に回してしまう場合もあります。

○まずは褒めること 女性社員を味方につけるには、褒めることが大切です。しかし具体性のない褒め言葉は逆効果です。ごますりをしたり必要以上に持ち上げる必要はありません。服や靴など、具体的に褒めるべき部分を見つけてさりげなく褒めること最も大切です。

さりげなくセンスの高さをアピール

○センスで一目置かれろ ファッションでも小物、飲食店などどんなものでもいいですが、オシャレでセンスがあることをさり気なくアピールすることも大切です。センスのある人は一目置かれやすく、社内での居場所が確保しやすっくなります。困ったときの世間話になってくれることもあります。しかしアピールが強すぎると偽薬効果になります。派手すぎる場合嫌われますし、仕事で失敗した場合は逆にマイナスイメージになります、かすかににおう程度にしておくのが大切です。

わかりやすい結果をすぐに出す

○事前に仕込み 即戦力として期待されているので、最終的には結果がすべてです。小さくても良いので、会社のやり方で結果を出せば、スタートダッシュを切ることができます。ですから入社前からある程度準備をしておく方が得策です。その時に、自分が会社から何を期待されているのかを理解し準備することが大切です。期待されていることに対してブラシュアップした知識や技術を身に着けて入社するのが効果的です。

転職は小さなことからコツコツと

転職は小さなことからコツコツと

上記で転職活動においての注意点、流れなど書いてきましたが要するに上手く転職するには小さなことでも大きなことでも丁寧にやることが大切です。 転職に必要な知識は転職エージェントを利用して、プロのキャリアアドバイザーから教えてもらいましょう。おすすめの転職エージェントをご紹介している記事がありますので、参考にしてみるといいでしょう。

希望条件にあった職場を探すなら!

自分の希望に沿った企業を探すことや、 そんな企業から内定をもらうことって、どのようにすればいいかわからず不安ですよね。 そんな時、就職先を一緒に探してくれたりアドバイスや練習に付き合ってくれるのが、転職エージェントです。 転職エージェントを使うと、就職の成功率もグンと上がりますよ。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング