IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職時の入社日の調整方法・入社日を延期したいときの注意点

転職ノウハウ

あなたが転職する際入社日をどのように決めますか?現職先にも転職先にも迷惑をかけずに入社日を決めなくてはいけません。しかし意外とこれが難しく考えてしまっているようで、なかなかスムーズに行えないと思ったことはありませんか?そんなことありません、コツがあるんです。

更新日時:

転職時の入社日は延期・調整できるのか?

内定をもらい入社日を決めるタイミングというのはデリケートです。転職先現職の両方に配慮し、細心の注意を払って進めなくてはいけません。 最近では転職に対して自分勝手な方が多いこともよく耳にします。退職するからと言って今まで働いていた会社を無下にする行為は社会人としてやってはいけないものです。 ではどうすればスムーズに転職の入社日決めを進められるでしょうか。まず転職日が決まったら退職日を決めて入社日を確定しましょう。一度決めた入社日を変更することは転職先に迷惑がかかるのでやめましょう。 「どの程度自身の要求を伝えるか」「どのように交渉すればいいのか」「段取りや順番ってどうすればいいの?」そんな悩みを抱える人もいるでしょう。 今回はそういった転職時の様々なポイントをお話します。

転職前の注意点

まず転職の際、皆さんがつまずくのは ■転職先の入社日交渉と現職の退職交渉 でしょう。 この2つは事前準備を行っていないと双方に大変な迷惑をかける結果を招きます。 そのため、 ■転職先の入社時期、入社日は決まっているのか ■現職を退職するときに必要な手続きと引き継ぎの期間はどれくらいなのか 以上を確認しておく必要があります。 これは転職時のキーポイントになりますので必ず事前に調べておきましょう。 転職する際に親身になって相談に乗ってくれるキャリアアドバイザーが在籍するエージェントを活用するというのも一つの手です。転職エージェントといってもさまざまな特徴がありますので、自分にピッタリのエージェント探しの参考にランキング記事をご覧になってみてください。

中途採用の転職

転職を行う際、中途採用を行っている会社を調べていくことになる方も多いと思います。 中途採用を行っている会社には一定の期間だけ採用活動をしている企業と通年で採用活動を実施している会社があります。 ■一定の期間だけ採用活動をしている会社 こちらは入社時期、入社日があらかじめ決まっていることが多いです。 ■通年で採用活動を実施している会社 入社時期や入社日の相談がしやすいのが特徴です。 入社時期に融通が利くか聞かないかは、現職を退職するということに大きく影響してくるので、必ず事前確認をする必要があります。 中途採用は原則特定職に合致する人を採用します。そのため転職先は内定したらできるだけ早くに来てほしいと考えている企業がほとんどです、そのためこのことをしっかり頭に入れてスケジュール管理を行い、前倒しの行動をする必要があります。

退社日、転職先の入社日を調整

■前職を退職済みの場合 前職を退職済みの人であれば、入社日は内定企業先の入社希望日に合わせましょう。 ・引っ越し ・保険の手続き ・転入届 ・実印登録 ・免許証の書き換えや各種カードの住所変更 ・郵便転送手続き ・光熱費・インターネット契約の解除 以上が多くに起こり得る雑務です。 転職してからは何かと忙しく、こういった雑務は行うことが出来なくなてくるので入社日より前にあらかじめ済ませておきましょう。 ■在学中の場合 転職の入社日までには事務手続きを必ず確認しておきましょう。 退職日の前までに退職の意思表示をしなくてはいけないのか。 そのほかに入社日に必要な手続きはあるのか。 現在進行中の業務の引き継ぎのにどれくらいかかるのか。 ・有給休暇の消化・退職前の休日について ・ボーナスの時期 など自分に必要な期間を見積もって計画しておきましょう。

現職を退社するための手続きや引き継ぎ期間は?

転職を考えていたのに「人手が足りないから辞めたら困る」と言われた経験がある方もいます。職場によっては「引き継ぎが済んでいないと」トラブルになることもあるでしょう。 退職に関する法律は基本的に自由です。皆さん誤解しているようなのですが、労働者が自分の意志で辞めたいと思ったときは自由に退職できるような法律になっているのです。 逆に会社が労働者を解雇する場合hあかなり厳しい規制がありますので、転職を考える労働者にはいがいと有利ともいえます。理由についても自由で「一身上の都合で」で十分です。 しかし、会社も引きとめようとするはずですからそう簡単にはいきません。 ただ、会社が無理に引き留めようとしたり、認めないと言ってきたとしても、法的には一方的に退社することは全く問題ないです。

転職をするための退社届を出してから退社するまでに最低限必要な期間は2週間と定められています。 会社が引き留めても、これ以降は絶対に拘束することはできません。 辞めたいと思ったならば、退職日の最低2週間前な出には退職届を出す必要があります。 気を付けなくてはいけないのが、月給制の場合には賃金計算期間の前半に申し入れる必要があるので注意が必要です。 就業規則をあらかじめ定めている企業ももちろん少なくありません。 多くは「退職する1か月前あ出に申し出ること」となっている企業が多いですが、これが妥当な期間だと判断できる場合は労働者にも一定の責任があると解釈されますので早名申し出るようにしましょう。

退職願はNG

退職願は、会社を「辞めたいです」とお願いをしているに過ぎないものです。 転職の意志が固まっている場合は、必ず退職届を提出してください。 もしも会社が受け取りを拒否しよう押した場合には、内容証明郵便等で退職の石を表明したことを証拠として残しておくといざというときの証拠になるので備えておきましょう。 そうすることで入社日が後ろ倒しにならずに済みます。

転職をする際、期間契約の場合は注意が必要

転職をする際、期間契約の場合は注意しなくてはいけません。 期間契約とは初めから一定期間働くということを約束している雇用形態になります。 よって、勝手な都合で退職してした場合、最悪、会社側に損害賠償を求める権利が発生する場合もあります。 期間契約で転職をしたい場合、法律表では「やむを得ない理由」が必要です。

会社契約上の決まりを守らなかった場合

仕事の内容や、給料の支払い条件などが契約時の内容と違っていたりした場合はいつでも退職できます。

労働者や、働者の家族が病気やけがが原因で労働者が働けなくなった場合

体調を崩して働けない場合や、家族が病気になってしまって介護が必要な場合なども「やむを得ない理由」だと判断されます。そのほかにも様々な理由が考えられますが、会社としっかり相談したうえで理解が得られなかった場合は弁護士に聞いてみましょう。派遣会社と契約している場合は、派遣元とも相談したうえで対処する必要があります。

転職時における退職交渉の注意点

退職交渉には何よりも大切な注意点があります。 ■迷いを見せない ■引き継ぎ内容をすり合わせること です。 退職を迷っているような態度やそぶりを見せてしまうと、必ず会社から引き留めに合う可能性があります。強い意志をもって、転職をすると揺るがない態度を見せましょう。 また転職をすると思っているではなく、決めているのだと、最初のタイミングで伝える必要があります。もし伝えられないなら、自分自身がまだ迷いがあるということなので、信頼できる人に相談してみましょう。 引き継ぎ内容の認識や詳細は細かいくらいにする合わせておいてください。引き継ぎ内容のすり合わせが行われないと、引き継ぎの範囲があいまいになり、結果引き継ぎ期間や入社日が延期する可能性はあります。確認はかなりシビアに行い、決めた期間内で引き継ぎが完了できるようにスケジュールを組んでいきましょう。 以上に注意しないと退職時期の後ろ倒しの可能性が高まってしまいます。 一度決めた入社日をへんこうすると転職先に多大な迷惑をかけてしまうということをしっかりと肝に銘じましょう。

転職までの引き継ぎに必要な物とは

引き継ぎに必要な物は人によってそれぞれだと思いますが、一般的には以下の通りです。 ■担当業務に区切りをつけること ■引き継ぎのスケジュールを作成する ■要点を制してまとめた引継ぎノートを作成する ・担当業務に区切りをつける 担当を完了させるということ、または区切りのいいところまで行うのがルールです。 新たな業務については後任者の補佐役に回るのが一般的です。また持ち越された業務に関しては、これまでの経緯の説明と主に後任者に引き次ぐのが一般的です。 ・引き継ぎのスケジュールを作成する 転職先が決まり、退職日が決まったら、担当業務や引き継ぎに全力を注ぎましょう。必要な日数などは、仕事の内容やチーム制・担当制のスタイルによって変わってくるものです。ルーティーン業務の仕事量やサイクルから、後任者の引き継ぎと残務処理にかかる時間を割り出し、優先順位を定め、退職日から逆算してスケジュールを組んでいきましょう。ゴールの3日ほど前に設定すると不測の事態にも対応できます。 ・引継ぎノートを準備する 引継ぎとは、後任者と一緒に一折のリーティン業務を行うのが理想的です。しかし職場によっては後任者が決まっていない場合や、退職者の業務を複数の人が分担するといった例も数多くあります。そのためあらかじめ引継ぎノートを作成しておくことをお勧めします。 テーマ別や取引先別などに整理、上司や同僚はもちろん、新しく入社する後任者が見てもわかるように工夫するといいでしょう。

転職時に困らない引継ぎノートの書き方

引継ぎノートでは以下の内容をチャックしていくといいでしょう。 ■担当業務の目的や社内での位置づけ ■業務全体の流れやフロートチャートと守備範囲 ■各段階の作業手順や要点、優先順位、注意点 ■顧客企業や担当窓口の情報(取引概要や特徴) ■顧客連絡先一覧 ■業者企業や担当窓口の情報 ■業者連絡先一覧 ■業者別・取引先別に起こりやすいトラブルと対処法 ■社内資料や書類・帳簿の保管場所について ■決済・依頼項目別の問い合わせ先(社内関連部署・担当者) 20代の引継ぎで注意したいのは取引先の名刺ファイルの扱いです。「自分がもらった名刺」と思うのは大間違いです。もらったのは担当者であり、名刺は会社のものになります。担当業務の取引先のファイルとなればそれは社外秘ともいえる情報です。引継ぎ時に必ず上司に渡してください。コピーもタブーです。 あいさつ状の送付用に、お世話になった方の連絡先のみを控える程度にしてください。 30代で注意が必要なのは退職日までに担当プロジェクトが終わりそうもない、そんな事態です。予測がついた時点で、転職先へ至急連絡することが大切です。事情を説明して入社日が変わる可能性があると伝える必要があります。その際自分勝手に新しい期日を言ってはいけません。 再度職場や関係者と調整を図ったうえで、確実なぬゆしゃびを割り出してから改めて連絡してください。入社日の延期交渉は1回だけです。2回目は内定取り消しを覚悟してください。 40代のポイントは、職場での責任の重さや守備範囲に比例して引継ぎにはパワーが必要になってきます。注意すべきなのは、前の職場から転職先に電話の問い合わせが来ることです。 やっぱり自分じゃないと、と悪くない気分で業務処理などの助言をするのは大変危険です。 「きちんと引継ぎをしてこなかったんだな」と思われてしまいますので、新しい職場で上司や同僚の信頼を失う可能性があります。 転職の際の入社日や引き継ぎ業務は一つ間違えれば自分だけではなく他社にも多大な迷惑が掛かってしまいます。行動や言動には十分注意してください。 転職時における退職交渉の注意点については、転職のプロが在籍する転職エージェントに相談してみるといいでしょう。まずは、自分に合うエージェント探しから始める必要があるのでおすすめの転職エージェントランキングを参考にしてみてください。

転職する際、退職金の支給条件は?

転職など何らかの理由で会社を辞める際、退職金がもらえるかもらえないかでは大きな差です。勤務年数が長くなると退職金は高くなります。 では退職金の支給条件はあるのでしょうか? 実は労働基準法では退職金を支払う支払わないということに関しては会社の自由になっています。しかし、その場で支払う支払わないと決められるものではありません。 退職金は就業規則等で退職金がどうなっているか確かめる必要があります。 もし退職金の支給がある場合は、法的に給料の一部とみなされるのでもしきちんと支払われない場合は請求することが出来ます。

退職金の時効

退職金を会社に請求できるのは退職後5年までと言われています。それを過ぎると時効になるので、できるだけ早めに請求しましょう。会社の都合で待ってくれと言われて先延ばしにしようとしても、絶対に応じないようにしましょう。 会社の退職金の規定に条件が定められていない限り、会社の都合に反して辞めたなどの理由で退職金を減額したり払わなかったりすることは、労働基準法で認められていません。転職や何らかの理由で労働者が会社に損害を与えた場合でも、会社は退職金を全額支払ったうえで改めて労働者に損害賠償を請求する必要があります。

転職先との入社時期の交渉

早く入社したい意志を示してから希望を伝える事が大切です。 入社日の確定は退職交渉を進めながら行うことが大切です。内定が出たら、いつから入社可能か確認されます。しかし、入社日をその場で決定してしまうのはできるだけ避けた方がいいです。退職交渉は簡単ではありません。できるだけ避けた方がいいです。 役職がある人だと余計に積要引き留めにあったり、上司に聞き入れてもらえないなど、自分が思ったように進まないケースはたくさんあります。入社日は退職交渉の状態を見れるように1、2か月後と伝えておいた方がいいです。 もしその場で転職の入社日を決めてしまい、なかなか退職の日程が決まらずも転職先に入社日の変更をしなくてはいけなくなった場合、転職先にどのようにもつれてしまっているのか、その経緯をしっかりと説明しなくてはいけません。そのためには退職交渉をどのように進めたのかという履歴を文書などで残しておく必要があります。説得材料がなければ、引き継ぎの段取りが悪いと思われる可能性があるからです。 もしどうしても退職させてもらえない場合は、労働基準監督署などに相談することが出来ます。とはいっても、転職活動において、退職交渉も重要なステップですので、きちんと計画を立てながら転職活動をすることが大切です。

転職先が見つからず無職のとき生活はどうなるの?

現職の上司とのトラブルが嫌で転職先を決めずに退職してしまった人は案外多いものです。 「すぐに次の仕事が決まると思っていたら、まったく決まらなかった」という人も少なくありません。 新しい仕事が見つかるまでの無職期間は平均で10か月と言われています。ちなみに転職で必要なお金は平均で50万円だといわれているくらいなので、もし転職先が決まらなかった人はある程度のお金がかかると覚悟が必要です。 貯金を切り崩す、失業保険をもらう、家族に援助してもらう、アルバイトをするといった方法で生活を節約して出費を切り詰めるのはもちろんですが、中には子供の受験をあきらめた人もいます。 もし転職先が決まっていない中で代謝をする場合はお金の確保を十分にしておきましょう。

転職先内定後の入社日交渉の注意

入社日交渉をどうしても行わなくてはいけない事態が来ることもあります。入社日交渉では携わっている業務の都合などで入社日交渉では携わっているご有無の都合などで入社までにある程度期間が必要であれば、きちんと理由を説明することが大切です。ただし引継ぎが必要だからだとふいに時期を延ばすことはしてはいけません。 では、もし交渉しなくてはいけなくなった際はどうしたらいいのか、交渉メールの例を挙げてみてみましょう。 ■入社日交渉メールの例 人事総務部 〇〇様 内定のご連絡ありがとうございます。 〇〇の××です。 面接でご相談させていただいた、入社初日の日程ですが、就業規則と現在のプロジェクトの引継ぎを考慮し、1か月後の〇月〇日に退職日を決定しましたので、〇月〇日の入社が可能です。 ご多用のところ恐れ入りますが、入社日程の碁調節をよろしくお願い申し上げます。 ----------------------------------- 氏名 E-mail:アドレス Tel:電話番号 -------------------------------------

転職先の入社日の延期や変更は可能なのか

当たり前のことですが入社日の変更や延期がないように入社日の決定を行うことが第一優先です。どうしても変更・延期が必要になったらどうすればいいのか。 極力延期は発生しないよう努めるべきですが、転職先に入社日延期の交渉をすることが可能です。双方の合意があれば調整可能でしょうが、できる限り早い段階で内定先に相談することが大切です。 どうしてそのような事態になったのか一度の変更で本当に大丈夫なのか、転職先企業の担当者を納得させられる用意をしておくのがベストです。理由は偽ることなく正直に伝えましょう。 まずは深く謝罪することが大切です。そのうえで入社日を交渉しましょう。 退職の交渉段階でなぜ延期をしなくてはいけないのか。経緯・理由を記載した文書を書いておくと担当者にも誠意が伝わります。延期の理由を具体的に述べて、延期が可能か確認しましょう。確実に入社できる日を伝えます。延期の理由を具体駅に述べ、延期が可能か確認しましょう。確実に入社できる日を伝えることがポイントです。 再び延期になってしまうと先ほど述べた通り採用取り消しは覚悟してください。単に延期してください、だけでは退職日もまともに調整できない人材であるのだと悪い印象を与えてしまいます。万が一延期が必要になったら誠意をもって対応しましょう。

転職先の入社日変更依頼のメール例

人事総務部 〇〇様 お世話になっております。 先日のン哀帝の通知をいただきました〇〇です。 入社初日の日程を〇月〇日でご調整いただいていましたが、先日決定していた私の後任者が、急きょほかのプログラムにかかわることになり、別の後任者が決まったのですが、引継ぎが予定よりも1週間遅れてしまうことになってしまいました。 上司とも相談し、当初の予定の退職日をずらしてほしいとの要請がありました。 上司とも相談し、当初の予定の退職日をずらすことのなにように調整していたのですが、引き継ぎに十分な時間が取れない多恵可能であれば退職日をずらしてほしいとの要請がありました。 貴社にご迷惑をかけるのは重々承知していますが、〇月〇日の入社日を×月×日に変更していただくことは可能でしょうか? 現在関わっているプロジェクトをなるべく良い形で引継ぎ、退職したいと思っています。 こちらの都合で誠に恐縮ですが、ご検討のほどよろしくお願いします。 上記のような形でメールを送ります。 しかしすぐにでも人材を確保しなくてはいけない企業の場合は注意してください。 どのようなケースであっても正直に誠意のある対応を心がけることがとても大切です。

転職先での入社日の挨拶のポイント

■挨拶はしっかりと行いましょう。 入社日の挨拶やスピーチがあなたの印象を決定づけます。 笑顔で好印象をも耐えるような内容をあらかじめしっかりと考えておきましょう。 入社日の挨拶で注意した方がいいのはスピードです。 ゆっくり、抑揚をつけて話すと聞き手側の耳にしっかりと残ります。 名前、配属先、前職についての内容を盛り込み、長くなりすぎないように長くても3分以内にとどめておきましょう。 簡単に趣味や特技を付け加えて、「新しい職場に早く慣れたいという意気込みを伝えるといいでしょう。 「おはようございます。本日よりお世話になることになりました、〇〇と申します。〇〇出身の××歳です。これまでは〇〇会社にて営業の仕事をしていましたが、このたびご縁あって皆様とご一緒に働かしていただくことになりました。前職の経験をいかして、一日でも早く皆様のお役になてるよう精一杯頑張りますのでよろしくお願いいたします。」 このような挨拶だととても印象がよく聞こえませんか? 入社日にいい印象を与えることは転職にとってはとても大切なことです。 入社日に立ち会えなかった人にはメールを送りましょう。 その後あったときに改めて挨拶すると好印象なのでそういった最右まで意識しましょう。 メールには挨拶、名前、配属先の部署、前の職場の内容などを盛り込むといいでしょう。 ■入社日に立ち会えなかった人への挨拶メールの例 本日ご不在でしたのでメールにて失礼します。 〇〇課××に配属されました、〇〇と申します。 これまでは、〇〇会社にて●●の営業の死後尾をしてりましたが、このたびご縁あって皆様と一緒に働かせていただくことになりました。 今回は経験の少ない業務のため、不慣れな点や至らない点もあるか音もいますが、ご指導のほどよろしくお願いいたします。 このようなメールを送っておきましょう。 入社日に立ち会えなかったから後日挨拶すればいいや、というのではなく転職先の上司にあたるわけですから誠意をもった対応を心がけましょう。

入社日に転職先で好印象を与えるテクニック

笑顔は好印象の原則!

転職先で相手に好印象を与えたいならまず笑顔です。 日本人にはやりすぎるとうさん臭くおもわれてしまうので微笑む程度で構いません。 シンプルに表情筋を動かくすのはビジネスの場ではほとんどの人が出来ません。 無表情=心が動きません、というサインなので笑顔は自分の中の鉄則にしましょう。 相手を気遣える言葉や行動も好印象につながります。 人の心理には、行為を寄せてもらうと無意識でその人に好意を返さなければいけないという「行為の速報性」という原則があります。 悪意には悪意が返ってくるのも同じ原理ですよね。鏡の法則とも言います。 まずはあなたが相手からしてもらいたいことを行う習慣をつけましょう。 習慣は人格になります。 とくに転職初日の入社日の日にあなたの印象は決まってしまいますから、ぜひ心がけてみてください。

印象は一瞬で決められてしまう

あなたは「メラビアンの法則」をご存知でしょうか? 言語、視覚、聴覚で印象が決定してしまうというものです。 人は視覚が55%、聴覚が38%、言語が7%で第一印象が決まります。 初日の服装、髪型、化粧、しゃべり方、言葉使い、入社日初日は細心の注意を払いましょう。

聞き上手は好感度アップのカギ

転職先でも社内で毎日顔を合わせるわけですから、聞くということがとても大切になります。 人はだれしも自分を中心に考えてしまうものなので、無意識レベルで自分が一番なのです。 ですので自分の話を聞いてもらってうれしくない人などいません。 日本人は、うまく話を引き出せる、聞き上手な人が最も好まれます。 聞き上手になるためのポイントは「相手が話したいことはきっとこんなことなんだろうな」ということを常に意識することです。相手がつい答えたくなるような、されてうれしい質問を心がけましょう。 基本的にその会話に対してオープンクエスチョンをすると勝手に話は膨らんでいきます。 オープンクエスチョンとは ・どんなふうに ・どんなところが ・愚弟的には? ・例えばどんな感じ? ・どんなところが? などです。 ただ初対面の人は回答が限定される質問の方が会話の糸口は見つけやすいです。

ネガティブな話題は厳禁

ネガティブな話題は反感を買ってしまうためNGです。 たとえ共通の話題だとしても、相手が不快にならないように流しましょう。 話題がネガティブだと 「いやな話題=嫌な気持ち=嫌な人」 といった印象になってしまいます。 ネガティブな話題はあなたのことを本当にわかってくれている人にだけ話すようにしましょう。

転職先の入社日から使える会話の盛り上げ方

会話上手は聞き上手な人です。 聞き上手な人は転職先でも必ず好かれます。 では入社日初日からすぐに使える職場の人と打ち解ける裏技をお教えしましょう。

相手の変化を話題にする

聞き上手の人とは「相手の話したい話題」を引き出します。 相手の変化は自分が話したい話題である可能性が高いです。 よって変化に気づき話題にすると会話が自然と盛り上がります。 「痩せてるんですね、ジムで鍛えてるんですか?」 以上の例は初対面ではNGですが、相手のいい方向の変化を話題にしましょう。 なぜならいい方向の変化は相手が話したい内容である可能性が高いからです。 いい変化、プラスの可能性であるものを質問してみましょう。 入社日ではプラスな特徴を述べるのがいいでしょう。

初対面と思わないで話す

この人は良く知っている、仲良しの人だ! そう思い込むことが大切です。 心理学でも自己開示と言って、自分が心を開くと相手も自然と心を開いていきます。 相手の心を開きたいなら、まずは自分から開くことです。 とくに入社日にしかできないことは、仲よくなっておくべき人を見抜き自分あら自己開示することが出来ます。 はじめのうちだからこそできることを積極的にしていきましょう。

入社日だからこそ、相手の話をきちんと聞いてると意識させ、反応すること

自分が1ミリも興味ない内容であっても鳥居会えず相手が反している間は必ず黙って聞くこと、これが一番大切です。 言葉を重ねてはいけません。 どんな人であれ、最も関心があるのは自分です。 そして最もしたいのは自分がしたい話です。 聞く際は聞くだけでなく相手の話のテンポを崩さないように相槌・質問をしましょう。 相槌とは意外と大切なもので「この話は受け入れられているんだ」という安心感を与えることが出来るのです。 そうすることで会話は自然と盛り上がっていきます。

入社日は特に!相手の目ではなく眉間を見て話す

目を見て話すのは初対面の人には緊張するもの。 花を見て話すと、相手の方を見つつ、緊張せずに話すことが出来ます。 また目を見て話すと圧迫感があります。 口を見て話すといやらしく感じます。 眉間を見るくらいの方がちょうどいいのです。

網を広く投げること

入社日はあなたの印象を決定づける日です。 相手が思わず発言してしまうような会話のスイッチを入れるネタや質問を投げながら探しましょう。

自分の話は相手の話とリンクさせて話す

あまりこちらから聞きすぎると人は話さないものです。 聞くと人はしゃべらない。 まずは自分のことか、関連することを話しましょう。 そうすると、いやいや違いますよっという感じで会話が広がり、盛り上がって話してくれます。 入社日だとなかなかできないかもしれませんが、自己紹介とつなげていくといいかもしれません。

誰でも食いつく話をストックしておく

誰でも興味がある話は相手の反応を引き出しやすいので会話が広がります。 誰でも興味のある食べ物の話題をストックしておきましょう。

転職の入社日までにきちんと準備をしておくこと

いろいろと書き連ねましたがやることは多く、意外と時間がないのがわかります。 ・入社日のために職の際にやっておかなくてはいけないこと ・転職先の入社日までにやっておかなくてはいけない雑務 ・転職先の入社日で好印象を与えるための準備 ・入社日に細かな配慮をするために事前に何をすべきかまとめておく こういった細かいことをすることによって入社日にいい印象を与えることが出来ます。 いい印象を与えたからには継続していかなくてはいけません。 入社前はもちろん、入社後もしっかりと良い印象を継続していきましょう。

転職先がまだ決まってない方はこちら

転職をすることは決まっているけど、まだ転職先が決まっていないという方は転職実績No. 1のリクルートエージェントに相談をしましょう。 リクルートエージェントでは、アドバイザーに年収や職種などの転職希望条件を伝えると、約160,000件の求人の中から転職希望者一人一人に合った求人を紹介してくれます。 また、独自のサービスAGENT Reportを活用すれば、転職をする前に企業の特徴や環境、やりがいまでを知ることができるので、転職をしてみたら思い描いていた企業とは違ったなどの企業選択ミスを防ぐことができます。 転職をする際の企業選択は今後の人生を大きく左右するほど重要なことです。プロのキャリアアドバイザーに相談をし自分に合った企業へ転職をしましょう。自分に理想の企業へ転職することができれば仕事もプライベートも充実した日常が送れるでしょう。まずはリクルートエージェントのアドバイザーに無料相談!

関連タグ

アクセスランキング