IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職時の入社日の調整方法・入社日を延期したいときの注意点

更新日:2022年11月21日

就職・転職ノウハウ

あなたが転職する際入社日をどのように決めますか?現職先にも転職先にも迷惑をかけずに入社日を決めなくてはいけません。しかし意外とこれが難しく考えてしまっているようで、なかなかスムーズに行えないと思ったことはありませんか?そんなことありません、コツがあるんです。

早く入社したい意志を示してから希望を伝える事が大切です。 入社日の確定は退職交渉を進めながら行うことが大切です。内定が出たら、いつから入社可能か確認されます。しかし、入社日をその場で決定してしまうのはできるだけ避けた方がいいです。退職交渉は簡単ではありません。できるだけ避けた方がいいです。 役職がある人だと余計に積要引き留めにあったり、上司に聞き入れてもらえないなど、自分が思ったように進まないケースはたくさんあります。入社日は退職交渉の状態を見れるように1、2か月後と伝えておいた方がいいです。 もしその場で転職の入社日を決めてしまい、なかなか退職の日程が決まらずも転職先に入社日の変更をしなくてはいけなくなった場合、転職先にどのようにもつれてしまっているのか、その経緯をしっかりと説明しなくてはいけません。そのためには退職交渉をどのように進めたのかという履歴を文書などで残しておく必要があります。説得材料がなければ、引き継ぎの段取りが悪いと思われる可能性があるからです。 もしどうしても退職させてもらえない場合は、労働基準監督署などに相談することが出来ます。とはいっても、転職活動において、退職交渉も重要なステップですので、きちんと計画を立てながら転職活動をすることが大切です。

転職先が見つからず無職のとき生活はどうなるの?

現職の上司とのトラブルが嫌で転職先を決めずに退職してしまった人は案外多いものです。 「すぐに次の仕事が決まると思っていたら、まったく決まらなかった」という人も少なくありません。 新しい仕事が見つかるまでの無職期間は平均で10か月と言われています。ちなみに転職で必要なお金は平均で50万円だといわれているくらいなので、もし転職先が決まらなかった人はある程度のお金がかかると覚悟が必要です。 貯金を切り崩す、失業保険をもらう、家族に援助してもらう、アルバイトをするといった方法で生活を節約して出費を切り詰めるのはもちろんですが、中には子供の受験をあきらめた人もいます。 もし転職先が決まっていない中で退社をする場合はお金の確保を十分にしておきましょう。

転職先内定後の入社日交渉の注意

入社日交渉をどうしても行わなくてはいけない事態が来ることもあります。入社日交渉では携わっている業務の都合などで入社日交渉では携わっているご有無の都合などで入社までにある程度期間が必要であれば、きちんと理由を説明することが大切です。ただし引継ぎが必要だからだとふいに時期を延ばすことはしてはいけません。 では、もし交渉しなくてはいけなくなった際はどうしたらいいのか、交渉メールの例を挙げてみてみましょう。 ■入社日交渉メールの例 人事総務部 〇〇様 内定のご連絡ありがとうございます。 〇〇の××です。 面接でご相談させていただいた、入社初日の日程ですが、就業規則と現在のプロジェクトの引継ぎを考慮し、1か月後の〇月〇日に退職日を決定しましたので、〇月〇日の入社が可能です。 ご多用のところ恐れ入りますが、入社日程の碁調節をよろしくお願い申し上げます。 ----------------------------------- 氏名 E-mail:アドレス Tel:電話番号 -------------------------------------

転職先の入社日の延期や変更の方法

転職先の入社日変更依頼のメール例

人事総務部 〇〇様 お世話になっております。 先日の哀帝の通知をいただきました〇〇です。 入社初日の日程を〇月〇日でご調整いただいていましたが、先日決定していた私の後任者が急きょほかのプログラムにかかわることになり、別の後任者が決まったのですが、引継ぎが予定よりも1週間遅れてしまうことになってしまいました。 上司とも相談し、当初の予定の退職日をずらしてほしいとの要請がありました。 上司とも相談し、当初の予定の退職日をずらすことのないように調整していたのですが、引き継ぎに十分な時間が取れない多恵可能であれば退職日をずらしてほしいとの要請がありました。 貴社にご迷惑をかけるのは重々承知していますが、〇月〇日の入社日を×月×日に変更していただくことは可能でしょうか? 現在関わっているプロジェクトをなるべく良い形で引継ぎ、退職したいと思っています。 こちらの都合で誠に恐縮ですが、ご検討のほどよろしくお願いします。 上記のような形でメールを送ります。 しかしすぐにでも人材を確保しなくてはいけない企業の場合は注意してください。 どのようなケースであっても正直に誠意のある対応を心がけることがとても大切です。

転職先での入社日の挨拶のポイント

■挨拶はしっかりと行いましょう。 入社日の挨拶やスピーチがあなたの印象を決定づけます。 笑顔で好印象をも耐えるような内容をあらかじめしっかりと考えておきましょう。 入社日の挨拶で注意した方がいいのはスピードです。 ゆっくり、抑揚をつけて話すと聞き手側の耳にしっかりと残ります。 名前、配属先、前職についての内容を盛り込み、長くなりすぎないように長くても3分以内にとどめておきましょう。 簡単に趣味や特技を付け加えて、「新しい職場に早く慣れたいという意気込みを伝えるといいでしょう。 「おはようございます。本日よりお世話になることになりました、〇〇と申します。〇〇出身の××歳です。これまでは〇〇会社にて営業の仕事をしていましたが、このたびご縁あって皆様とご一緒に働かしていただくことになりました。前職の経験をいかして、一日でも早く皆様のお役になてるよう精一杯頑張りますのでよろしくお願いいたします。」 このような挨拶だととても印象がよく聞こえませんか? 入社日にいい印象を与えることは転職にとってはとても大切なことです。 入社日に立ち会えなかった人にはメールを送りましょう。 その後あったときに改めて挨拶すると好印象なのでそういった最右まで意識しましょう。 メールには挨拶、名前、配属先の部署、前の職場の内容などを盛り込むといいでしょう。 ■入社日に立ち会えなかった人への挨拶メールの例 本日ご不在でしたのでメールにて失礼します。 〇〇課××に配属されました、〇〇と申します。 これまでは、〇〇会社にて●●の営業の死後尾をしてりましたが、このたびご縁あって皆様と一緒に働かせていただくことになりました。 今回は経験の少ない業務のため、不慣れな点や至らない点もあるか音もいますが、ご指導のほどよろしくお願いいたします。 このようなメールを送っておきましょう。 入社日に立ち会えなかったから後日挨拶すればいいや、というのではなく転職先の上司にあたるわけですから誠意をもった対応を心がけましょう。

入社日に転職先で好印象を与えるテクニック

笑顔は好印象の原則!

転職先で相手に好印象を与えたいならまず笑顔です。 日本人にはやりすぎるとうさん臭くおもわれてしまうので微笑む程度で構いません。 シンプルに表情筋を動かくすのはビジネスの場ではほとんどの人が出来ません。 無表情=心が動きません、というサインなので笑顔は自分の中の鉄則にしましょう。 相手を気遣える言葉や行動も好印象につながります。 人の心理には、行為を寄せてもらうと無意識でその人に好意を返さなければいけないという「行為の速報性」という原則があります。 悪意には悪意が返ってくるのも同じ原理ですよね。鏡の法則とも言います。 まずはあなたが相手からしてもらいたいことを行う習慣をつけましょう。 習慣は人格になります。 とくに転職初日の入社日の日にあなたの印象は決まってしまいますから、ぜひ心がけてみてください。

印象は一瞬で決められてしまう

次のページ:転職先の入社日から使える会話の盛り上げ方
初回公開日:2017年04月18日

記載されている内容は2017年04月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング