IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

好印象を与える「入社挨拶」ケース別例文|メール/自己紹介/スピーチ

更新日:2020年05月28日

転職ノウハウ

転職をした際の入社挨拶は第一印象を決めるもので何を話したらいいのかスピーチに困るものではないでしょうか。自己紹介の仕方やメールでの入社挨拶についてご紹介します。どんな挨拶が好印象を与えるのか事前に例文をもとに考えてみませんか。

メールでの入社の挨拶というのは入社当日に会えなかった人などに送るメールとなります。この場合も500文字程度で納めるように送ります。新しい仕事上で関わりのある人に送りますが、特に上司の場合は気を付けて送る必要があります。 メールの例文としては 本日○月〇日より中途採用より入社いたしました○○と申します。 ○○課に配属されることになりました。 前職では○○として、○○を主に担当しておりました。 今回はまったく違う職種で不慣れな点が多いと思っております。 皆様にご迷惑をおかけすることも多々ありますが、 ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。                     ○○ ○○ などと必要な入社挨拶を簡潔に送ります。突然知らない者からメールが来るのですから、最初に入社日と氏名、配属部署を必ず名乗ったメールにし、どこに配属されたのかをしっかり知ってもらうことが重要です。 自分の強みをしっかりと相手に伝えられる等の上手な文章作りに関してプロに相談してみませんか?エージェントを活用すれば、面接対策はもちろんのこと、履歴書の添削などさまざまなサポートを受けることができます。

挨拶やメールは簡潔に、入社報告の自己紹介と意欲を伝えて

入社挨拶やメールでの挨拶文の例文をご紹介しました。初めての会社の人々にいい第一印象を持ってもらうために入社初日は全員にこちらから声を掛けて挨拶する気持ちで頑張ってみませんか。 入社時の第一印象を良くすることでその後の人間関係も結構うまくいくことが多いものです。話しかけづらいや愛想が悪いと思われないように、またきちんとした入社挨拶もできないなどと思われないように内容にも気を付けて挨拶を行いましょう。 また、入社時の意欲がどれだけ伝わるかも大事です。気持ちを込めた文章を入社前に事前に考えておくことも必須ではないでしょうか。

志望企業の内定獲得のカギは「自己PR」

就活の面接時、ESや履歴書で他のライバルと差をつける「自己PR」。自分らしさを採用担当者に伝え、注意を惹き付けるためには、論理的で採用担当者が見ているポイントを押さえる必要があります。 穴埋めだけで、自己PRのポイントを押さえられる資料をこちらに用意しました。自己PRで内定を獲得し、納得の年収と、圧倒的成長を実現できる企業への切符を手に入れましょう。

初回公開日:2016年11月14日

記載されている内容は2016年11月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

今の仕事を続けていいのか不安に感じる

「仕事は楽だし、楽しいけれど、本当にスキルがついているか不安…」と思われる方も多いのではないでしょうか? じつは、転職の理由として「将来への不安」をあげる人は多く、転職理由としてもポピュラーなものなんです。 「転職すれば解決するのか分からない」「自分に原因があるかも…」 そう考えてしまうあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。 マイナビエージェントなら、あなたの将来のキャリアプランや、習得すべきスキルまで相談にのってくれます。また、あなたのキャリアプランにあった職場の情報やスキルも教えてくれるでしょう。 もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫! まずは無料会員登録してみましょう!

関連タグ

アクセスランキング