IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

高校生のレポートの書き方|考察のまとめ方や注意点・参考本も紹介

更新日:2024年04月24日

書類の書き方

レポートの提出を求められ、書き方が分からずに悩んでいる人もいるでしょう。この記事では、高校生のレポート作成の手順をはじめ、レポートを書くための参考書などを紹介しています。レポートが書けないと悩んでいる高校生は、ぜひチェックしてください。

動機とはそのテーマを選んだ理由のことです。日常的に疑問に思っていることでも、純粋な興味でも構いません。 「なぜこの研究をすることにしたのか」を具体的に書きましょう。 動機を書くことで、研究テーマにした理由が明確になるため、研究結果を説明しやすくなります。

目的

目的は、選んだ研究のテーマに対して、「何を調べるのか」を明確にするためのものです。テーマにそって、何が知りたいのか、何をどのようにして調べるのかを具体的に書きましょう。

方法

実際に自分がした調査についての説明です。何をどうやって調べたか、どのように数値化し、視覚化するのかなどを書き出します。 どのような方法や基準で調べたのかなど、自分の活動内容を書くと良いでしょう。

結果

ここでは、実験や調査を通して実際に分かったことを書きます。結果を数値化してグラフにしたり、表や図を使って視覚化したりして、相手が分かりやすい書き方を意識しましょう。 結果は客観的な事実のみ書き、主観や思い込みなどは書きません。調査から分かった事実だけを書きましょう。

考察

実際に行った調査や実験の結果から導き出した、自分なりの考えを述べます。 はじめに、多くの人が考えるような一般的な見方を書きます。続いて、その見方に対する、調査・実験の結果に基づいた自分独自の意見と、その理由を書きましょう。

まとめ

最後には、結果から考察したことをまとめましょう。調べたことを2、3行に短くまとめ、結論を記入します。 高校生のレポートであれば、今後の生活や学びに役立つ感想や、今後の課題に繋げるのも良いでしょう。

【 高校生のレポートの書き方】レポートの構成

レポートは序論、本論、結論の3つからなります。この構成で書けば、高校生のレポートで必要とされる「論理的思考力」が発揮されやすくなるでしょう。 なお、この構成は英語レポートの書き方でも変わりません。

次のページ:【 高校生のレポートの書き方】分かりやすい書き方のコツ
初回公開日:2022年07月12日

記載されている内容は2022年07月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング