IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

目標管理シートの書き方と記入例・成果欄の書き方

書き方・例文

こちらの記事では、目標管理シートの書き方や目標管理シートの成果欄の書き方などを紹介しています。目標管理シートの提出を求められたことがある人は多いのではないでしょうか。目標管理シートを初めて書く人は、こちらを参考にして実際に書いてみてください。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 目標が思いつかない場合、まずは今ある問題や課題を出してみよう
  • 良い目標は具体的で期限が決まっていて、かつ実現へのプランが描けるもの
  • 成果欄にはルーチンでも構わずやったことを具体的に書いていく

目標管理シートの書き方

目標管理シートはどのように書こうか迷ったことはありませんか。ここでは、目標管理シートの書き方のポイントを紹介しますので、参考にしてみてください。

①課題・欠点を細かく書く

仕事においては誰しも何かしらの問題点を抱えているはずです。個人として、思ったよりも業績が伸ばせていないと感じたり、個人的に組織内で良好なコミュニケーションがとれていないといった問題です。 そういった個人の課題を書き込むのも目標管理シートや目標達成シートにおいては有効です。目標管理シートを書き始める際に、具体的な目標が浮かばず書き方がわからない場合は、現状において自らが抱えている問題や、課題を検討してみるという方法が良いでしょう。 仕事における問題点は、業績を低下させる元凶となるものです。問題が改善されれば、自ずと成績が上がるようになります。したがって、問題点の改善は自動的に目標となりうるのです。 また、それらの問題は個人だけに留まりません。所属部署全体の売上やマネージメントに関する問題改善が目標となってくる場合もあります。 在籍年数が長いベテラン社員になれば部下を抱えることになるため、目標は個人のものから組織全体のものに移ります。自ずと目標も個人視点のものから組織全体を俯瞰するものへ移っていきます。 そのような、個人の課題、組織の課題とセグメントをわけて考え、目標管理シートや目標達成シートを作成していくことが大切です。

②主観的内容をなるべく避ける

目標管理シートは将来の目標を記入するものです。目標は高い方がよいとの考えから、実行不能な目標を掲げたり、将来に対する漠然とした夢や決意を述べてしまうケースもあり得ます。 しかし、それでは意味がありません。目標管理シートを読むのは直属の上司であり、人事担当者であると留意すべきです。 現実性のない実行不能な目標を掲げても、それは絵空事に過ぎなく、今後の目標達成シートに不甲斐ない結果を記入することになります。 目標管理シートに記入される内容は、他人が読んで理解できる、具体的な事項であるべきです。そのため、具体性は目標管理シートや、会社によっては目標達成シートと呼ばれるものの書き方として重要になってくるのです。 大切なことは、効果的な目標管理シートの書き方は、個人的ではなく、客観的な数値を取り入れることです。営業職であれば、獲得すべき売上や受注数を金額や件数という形で盛り込むのが効果的です。 事務職であっても、コスト削減目標や作業時間の効率を高めるという形で数値を導入するのは可能です。客観的な数値であれば、達成したか否かの判断が容易に可能になるため、目標管理や目標達成として有効に機能するのが期待されるのです。

③目標の期限を必ず決める

目標管理する際、絶対に必要なことがあります。それは「達成したい期日=ゴールを決める」ことです。目標を設定しても、どこまで頑張れば良いのかを明確にしておかないと努力を続けることが難しくなります。 目標とはゴールがあるから頑張れるものです。ゴールの無い目標など、目標とは呼べません。なお、長期的な目標を設定する場合は、ゴールまでの間に「小ゴール」を設定することをおすすめします。 例えば1年後に12キロ痩せるという目標を設定したとします。1年はとても長い期間ですから数か月もするとサボりがちになり、半年後には目標自体をなかったなんてことにもなりかねません。 しかし、毎月1キロ減という小ゴールを設定しておくことにより、日々の取るべき行動がより明確になるうえ、小ゴールの達成感が次の小ゴールへのモチベーションとなるため、継続的に取り組めるようになるのです。

④実現可能が具現化できる目標にする

目標は、「このままでは達成できないかもしれないけど、頑張れば達成できるようなもの」を設定するのが最も効果的です。 何もしなくても勝手に達成できるような簡単な目標では意味がなく、その反対に現状から遠くかけ離れた目標では達成意欲よりもあきらめが先行し、モチベーションの低下を招く可能性が高いため、適切であるとは言えないのです。 例えば、現在の体重が80キロで、これからダイエットを始めるとしましょう。いきなり月の目標をマイナス10キロに設定するのは現実的ではありませんよね。 では、その目標をマイナス2キロにしてみたらどうでしょう。頑張れば実現できそうだと思いませんか? 目標は高すぎず低すぎず、「頑張れば手が届きそう」という辺りに設定するのが理想的です。 良い例:6ヶ月間トレーニングをして10キロマラソンに挑戦する。 悪い例:(未経験の人が)2週間後のフルマラソンで完走する。

⑤目標達成の過程も記す

「こうすれば達成できるかも」「これを頑張れば達成できるかも」という目標達成までのイメージを書けるかどうかも、良い目標を立てるうえで重要なポイントになります。 目標を設定してはみたものの、「達成までの道のりが全く想像つかない」という状態であれば、それは所詮「絵に書いた餅」であって、目標設定自体を見直さなければなりません。 また、いくら目標を設定しても自らが「達成したい」と意欲的に取り組めるものでなくては達成できるわけがありません。立てた目標に対して自分がやる気になれる要素があるほど、目標達成率は上がるものなのです。

失敗する目標管理シートの書き方

目標管理シートの失敗例を紹介します。失敗からぜひ学んでください。

①目標が多すぎる

最初に、目標管理シートに目標を書きすぎることです。目標をたくさん設定することで、そのどれもが中途半端になってしまい、結果として1つも達成できないケースが多々あります。 一度に達成できる目標はそう多くありません。最初はゴールまでの道のりをブレずに進むことができる1つの目標に絞るべきです

②目標に対する責任能力の低さ

こちらは、目標管理シートにただ目標を設定しただけの場合です。自分の中で目標設定がマストになっていないと、「この目標は達成しなくても別に構わない」と脳が考えてしまいがちです。 その結果、目標達成に向けての努力がおざなりになってしまいます。

③大きな目標に対する小さな目標を設定していない

最後に、目標管理シートに大きな目標しか書けていない場合です。そもそも目標達成に向けたプランが存在していなければ、未達成に終わる可能性は飛躍的に高まります。 どんなに素晴らしい目標を設定したとしても、それを成就させるプランがなければ何の意味もありません。計画なくして目標達成などあり得ません。

目標管理シートの記入例

看護師(目標管理シート)

・委員会に所属 ・教育係(プリセプター/実習指導者) ・所属部署の係活動(業務内容改善・安全管理 …等) ・看護研究チーム これらの業務は、個々の活動でも総合的には職場に対する貢献であり、1年間の活動で少しでも内容が改善される事により業務がより円滑に進められたり、指導を受けたスタッフが知識技術の向上が図れ、職場全体のスキルが上がり、業務内容の改善が図れれば残業時間や離職者が減る等の結果が付いてきます。 グループで活動するのであれば1年間の方向性を立てたから、「自分ができる役割」を目標に立てればよいのです。 部署内で1人が活動を担っている場合、 「(自分が)●×することで、(対象)が△◆出来る」 ようなもので立てます。(学生時代、「患者さんが●×出来る~そんな目標を立てて」と言われた時に似ているかもしれません)

事務職(目標管理シート)

社員の負担となっている現状ではあるが、外注業者に依頼したり、新たな管理システムを導入するコストを考えると現在の手法での棚卸を継続せざるを得ない。 毎回発生する問題については、その都度改善を図っているが、根本的な問題として在庫の圧縮、現在使用しているシステムを使っての効率的な在庫管理は、在庫を持つ各支店に意識させる意外方法はないと考えている。 今後は〇〇を××し、支店の負担とならないで短時間で、精度の高い棚卸を検討していきたい。

営業職(目標管理シート)

営業職の目標は数値がすべてです。 まず、売上はいくらで利益をいくら確保するか、といった目標が設定されます。また、新規顧客獲得数が目標になることもあります。数字をより明確にして、目標達成度が明確に数値化されるものにします。 次にその数値目標を達成するためにいかなる方策、手段を講じていくか、を具体的に記述していけばよいのです。 記入例としては、 ・売上高〇万円を達成する ・利益〇万円を達成する といった目標に加え、 ・月〇社の新規顧客を獲得する といった目標のもとに、新規顧客を獲得する施策として、 ・月〇社の電話セールスを行う ・月〇件のアポイントを獲得する ・月〇件の新規顧客を訪問する ・月〇社の見込顧客を獲得する などがあげられます。 そのほかでは、顧客満足度〇点以上を獲得するクレーム件数0件以下とする。といった記入例が挙げられます。

目標管理シートの成果欄の書き方

自分が会社に貢献したことをアピールできるチャンスですから、実際に遂行した業務や、業績を上げたことがあれば漏れなく記載しましょう。職種によってはルーチン業務で、毎回似たようなコメントになってしまうこともあります。 ですが、そのルーチン業務をミスなくこなしていくことも、大きな評価に値します。「~思います」などの書き方は避け「~しました」というように、実行したことを列挙しましょう。 また、数値化できるものは数値化して記載するとよりわかりやすくなります。具体的に記載することが大切です。 具体例を紹介しますので、参考にしてみてください。

営業職の場合

・○○社のシェアを前年度比50%拡大した ・A社との共同開発により、新製品Bの先発1000個受注に成功した ・B社に納入していた試作品100個中、80個が採用となった ・C社から返品依頼のあったD製品を代替品提案により、結果利益率が10%上昇した ・社内成果発表会で優秀賞を受賞した

事務職の場合

・社員100名の出張経費精算を月200件処理した ・コピー機リース会社変更を提案し、月20,000円の経費削減となった ・関連会社への請求書作成を月20件遅滞なく発送した ・社内健康イベント実行委員に立候補し、○月○日開催のスタッフとしてイベントを盛り上げた ・社会貢献活動に参加し、社員からの寄付を募り、○○基金へ合計100,000円の寄付をすることができた

名刺でつながる、ビジネスのためのSNS

名刺を交換した後、皆さんどうしていますか? 100万人が使う名刺アプリ「Eight」ではスマホで名刺を撮影するだけで、あなたのビジネスネットワークを構築。 一覧ですぐに探せ、Eightでつながると、相手が名刺を変更した場合に通知も届きます。 早速アプリをダウンロード!

目標管理シートの書き方をマスターしよう

この記事のまとめ
  • 目標が思いつかない場合、まずは今ある問題や課題を出してみよう
  • 良い目標は具体的で期限が決まっていて、かつ実現へのプランが描けるもの
  • 成果欄にはルーチンでも構わずやったことを具体的に書いていく

いかがでしたか?初めて、目標管理シートを書く際は、どのように書いたらよいのかわからないとおもいます。 その際は、こちらを参考にして書いてみてください。目標達成をイメージできるレベルの目標を設定することがコツですよ。

年収が上がらず不満を持っていませんか?もしかしたらあなたのスキルが、正当に評価されていないかもしれません。 そんな時は資格をとってしまいましょう。誰にでもわかる形で能力を主張できるので、仕事も安心して任せてもらいやすくなります。結果的に昇進のチャンスも増えるでしょう。Brush up!」であなたにあった資格を探してみてください。

おすすめの「エンジニア転職サイト・エージェント」

良質な求人情報が期待できそうな、エンジニアにおすすめの転職サイト・転職エージェントランキング形式でご紹介します。 IT業界やエンジニア職に特化した転職サイトを中心にまとめていますので、転職を検討しているエンジニアの方は、ぜひ参考にしてみてください。

関連タグ

アクセスランキング