IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

高校生のレポートの書き方|考察のまとめ方や注意点・参考本も紹介

更新日:2022年07月11日

書き方・例文

レポートの提出を求められ、書き方が分からずに悩んでいる人もいるでしょう。この記事では、高校生のレポート作成の手順をはじめ、レポートを書くための参考書などを紹介しています。レポートが書けないと悩んでいる高校生は、ぜひチェックしてください。

「保健の授業でレポート提出を求められたんだけど、どうやって書けばいいか分からない」 「レポートって何を書けばいいの?」 上記のように、レポートの提出を求められても何を書けばいいのか分からない、ということはないでしょうか。 この記事では、高校生に求められるレポートの書き方をはじめ、レポートの構成からテーマの選び方、さらにはおすすめの参考書なども併せて紹介します。 この記事を読むことで、レポートのテーマの選び方や基本的な構成と書き方に加え、レポートを書く際の注意点などが把握できます。この記事に沿って事前準備し、基本的な構成に従って書くことで、さほど悩まなくてもレポートが書けるようになるでしょう。 レポートがうまく書けない、書き方が分からないという高校生は、ぜひこの記事をチェックして見てください。

レポートとは?

レポートとは、「何が問題なのか」について「客観的な事実」を用い、そのデータを示して自分の主張を論証するためのものです。自分の学習、または調査した成果を報告するために作成します。 一口に「レポート」と言っても、中学生、高校生、大学生など、所属や書く場面によって求められる水準や形式は大きく異なり、アプローチの仕方や用法も変わります。 ここからは、各所属で求められるレポート形式を紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

中学生は課題意識をもって調べる

中学生のレポートは、夏休みの自由研究などで調べ学習の一環として提出を求められることが多いでしょう。 中学生のレポートでは、「なぜだろう」という課題意識が重要となります。課題意識は、自分で考える力や、問題を解決しようとする意欲にも繋がるでしょう。 また、読書感想文のように主観的な感想を書くだけではなく、自分の考えを客観的にまとめる力も必要です。

高校生から求められる論理的思考力

「論理的思考力」とは、物事の根拠をもとに筋道を立てて考える力のことです。 高校生のレポートでは、論理的に考え、その根拠をもとに筋道を立てて説明しながら、自分の考えを正確に伝えることが求められます。

大学では論理的かつ学術的な文章が求められる

伝えるべき事柄を、理由と根拠で組み立てて論理的に証明する文章構成が「論理的かつ学術的な文章」です。 大学生のレポートでは、集めた情報を戦略的に組み込み、説得力を持った結論で読み手を説得する文章が求められます。

報告書とレポートが使い分けられる社会人

報告書とレポートの違いは、「主観を含むかどうか」です。報告書が主観を入れずに事実のみを記載するのに対し、レポートは自分の考えを入れて記載するという違いがあります。 社会人のレポートには、「現状を把握して問題点を整理すること」「現状や問題点を分析すること」「問題解決への提案をすること」が求められます。その上で、論理的に分かりやすい書き方で作成することが重要になるでしょう。 つまり、社会人のレポートには、知らない人が読んでも物事の背景や経緯が分かる報告書の役割が組み込まれているということです。 一方、報告書は事実のみを記載します。実際に起こったこと、それに対して行ったことなど、必要な情報を主観を交えずにまとめるようにしましょう。

【 高校生のレポートの書き方】手順・流れ

レポートを書く際は、書き始める前に何をすればいいのか、何が必要なのか確認することが大切です。 以下で、高校生のレポートの書き方を詳しく紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

次のページ:【 高校生のレポートの書き方】テーマ選び
初回公開日:2022年07月11日

記載されている内容は2022年07月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング