IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

機嫌が悪い人との接し方5例|機嫌が悪い人の原因4つ・見分け方

更新日:2020年06月04日

マネジメント

職場やプライベート、さまざまな場所に機嫌が悪い人はいます。機嫌が悪い人と上手に接するにはどのような対応すればいいのか悩んでしまう人も多くいるでしょう。機嫌が悪い人との接し方の5つのポイントや機嫌が悪い人の原因4つとともに機嫌が悪い人の見分け方をご紹介します。

機嫌が悪い人の心理には、ひとりにさせて欲しいという気持ちがあります。機嫌が悪いときは、話しかけられても気を遣って話す余裕が無いことも多いです。 機嫌が悪い人が話しかけてくるまで放っておくのが無難でしょう。機嫌が悪い人に話しかけなくてはならない場合は、なるべく柔らかく接することを心がけることがポイントです。

職場の機嫌が悪い人

職場でも機嫌が悪い人を見かけることも多いのではないでしょうか。機嫌が悪い相手が同僚や後輩ならまだしも上司や先輩だとしたらとても気を使って厄介でしょう。どう対応していいのか悩むこともあります。 職場で不機嫌な人に理不尽な怒られ方などをしたりして心身ともに疲れてしまうことにもなりかねません。自分のスキルを活かして転職を考えてみるのもいいでしょう。転職エージェント(マイナビエージェント)をご紹介します。

機嫌が悪い人の原因

人は、些細なことで機嫌が悪くなります。ちょっとした言い方や態度などの複数の原因が積み重なって不機嫌になることもあります。ただ、人によって不機嫌になる原因が違います。 機嫌が悪い原因がわかることで、その人を思いやることができるでしょう。どんな場合に機嫌が悪くなるのか原因を4つ紹介します。

原因1:体調が悪い

体調が悪いときは、自然と気分も落ち込むことが多いでしょう。通常どおり仕事を進めようとし体調が悪いことを我慢していまうことも多い傾向があります。 自分の体調を気にして仕事をしなければならないので他の事に気を配る余裕がありません。体調が悪いうえに仕事での精神的余裕や笑顔が消え、イライラしてきて機嫌が悪くなります。

原因2:悲しいことがあった

機嫌が悪い人の中には、悲しい辛いできごとがあった場合などで気持ちが沈んで機嫌が悪いと受け取られる場合があります。気持ちが癒せていなかったり、不安だったり、引きずってしまうもので気持ちの切り替えがなかなか難しくなります。 どうしても他人に気を配ることができずに優しい態度も取れないことがあります。しかし、人の感情は、悲しいや辛いことがあったら気持ちを整理するのにそれなりの時間がかかることも多いでしょう。

原因3:仕事がうまくいかない

仕事などが思うように物事が進まないときには、イライラして自然と機嫌が悪くなります。仕事がスムーズに進まないことから自分のペースが乱れて焦りが生じて周りの人に不機嫌な態度を取ってしまいます。 特に上司は、部下の管理なども含まれることから余計にイライラが募り不機嫌な態度が強くでてしまう傾向があります。周りで仕事している人から見れば、機嫌が悪い上司は、一目瞭然で関わりたくない心理が働きます。

原因4:家庭がうまくいかない

職場で機嫌が悪い人の中で仕事などが原因でない場合もあります。プライベートでの家族関係や恋人関係などがうまくいっていない場合などに職場で機嫌が悪くなる人もいます。 プライベートなどが原因でイライラしていることを認識していますが、仕事場なので不機嫌になってしまいます。家庭がうまくいってないことのイライラを気持ちを切り替えることができずに職場でいら立ちの原因でもない人にあたってしまうことがあります。

機嫌が悪い人の見分け方

機嫌が悪い人の見分け方としては、普段より笑顔や会話が少ない場合などがあるでしょう。また、そっけない態度やもくもくと仕事をしている場合などもあります。普段と違う言葉や行動がある場合は、機嫌が悪いと判断するといいでしょう。 機嫌の悪い人の見分け方は、難しい場合もありますが、機嫌が悪いと感じたら相手の様子をみながら刺激しないように対応することをおすすめします。

機嫌が悪い人でも適切に対応する

次のページ:人のふり見て我がふり直せ
初回公開日:2017年05月26日

記載されている内容は2017年05月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング