IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

機嫌が悪い人との接し方5例|機嫌が悪い人の原因4つ・見分け方

更新日:2020年06月04日

マネジメント

職場やプライベート、さまざまな場所に機嫌が悪い人はいます。機嫌が悪い人と上手に接するにはどのような対応すればいいのか悩んでしまう人も多くいるでしょう。機嫌が悪い人との接し方の5つのポイントや機嫌が悪い人の原因4つとともに機嫌が悪い人の見分け方をご紹介します。

機嫌が悪いとは

職場やプライベートで機嫌が悪そうだったり、見るからにイライラしている人を見かけた経験がある人は、多いのではないでしょうか。機嫌が悪い人に対してどんな風に接するべきか、いやな気分にならずに済むにはどうするべきか悩む人も多くいます。 機嫌が悪い人に間違った対応をしてしまうと今後の付き合いに傷が生じたりすることもあります。機嫌が悪い人のタイプ別にご紹介します。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

顔に出るタイプの人

特に不機嫌なときに顔に出るタイプの人は、自己中心的な考え方をしやすい傾向にあります。不機嫌なときは、周りの人に気を配る余裕がなく自分の事ばかり考えて他人の事は、どうでもよくなっていることが多いです。 他人が何を話してきても自分のイライラが収まらず、自然と顔つきがキツくなって顔の表情に出てしまう特徴があります。

態度に出る人

不機嫌なときに態度に出る人は、感情のコントロールができないことが多い特徴があります。感情コントロールや自己抑制ができないので人や物に激しい物言いをしたり、手を上げてしまうこともあります。 一旦、機嫌が悪くなってしまうと感情がコントロールできないことに対してイライラを募らせてどんどん不機嫌になって周りの人が機嫌が治り落ち着くのを待つということも少なくありません。

機嫌が悪い人との接し方

さまざまな場面で機嫌が悪い人との接し方に戸惑ってしまう人多いのではないでしょうか。機嫌が悪い人の対応を間違ってしまうとトラブルに巻き込まれたり、嫌な思いをすることもあります。機嫌が悪い人との接し方を5つご紹介します。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

接し方1:冷静に対応する

機嫌が悪い人は、感情的に会話をすることが多くなります。常に冷静な人でも機嫌が悪いと言葉遣いが乱暴になったり、感情に任せた話し方をすることがあります。 機嫌が悪い人に対して感情的に会話をしてしまうと相手を刺激することになります。お互いがヒートアップして会話が続かなくなる可能性がありますので機嫌が悪い人に対し冷静に会話することが大事です。

接し方2:相手を刺激しない

機嫌が悪いかどうかは、受け取り方で機嫌が悪いように見えても実際には、さほど機嫌が悪くないこともあります。 しかし、機嫌が悪いかどうかを聞いてしまうことは、しないほうがいいでしょう。機嫌が悪い場合は、火に油を注ぐ形になってしまいます。 相手が機嫌が悪いと自分で察したときは、なるべく相手を刺激する行動はやめて見守りましょう。

接し方3:落ち着くのを待つ

明らかに機嫌が悪い人がいたならば、無理に機嫌を取るという行動は、控えたほうがいいでしょう。 できるだけ機嫌が悪い人と接触することを避けて落ち着くのを待ちます。 機嫌の悪い時に何を言っても意味がありません。まずは、そっとしておいて機嫌が悪い人に冷静になってもらうことが最優先です。

接し方4:相手の話を聞く

もしも機嫌が悪い人が自分に話しかけてきたときは、親身になって話を聞いてあげることがポイントです。 機嫌が悪い人は、話を聞いてもらいたいという心理があり、自分の話を聞いてくれてるということだけで気持ちが落ち着く傾向があります。 また、話の内容に共感できるこがあれば、同意してあげるのがいいでしょう。

接し方5:ほっておく

初回公開日:2017年05月26日

記載されている内容は2017年05月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング