IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

機嫌が悪い人との接し方5例|機嫌が悪い人の原因4つ・見分け方

マネジメント

職場やプライベート、さまざまな場所に機嫌が悪い人はいます。機嫌が悪い人と上手に接するにはどのような対応すればいいのか悩んでしまう人も多くいるでしょう。機嫌が悪い人との接し方の5つのポイントや機嫌が悪い人の原因4つとともに機嫌が悪い人の見分け方をご紹介します。

更新日時:

機嫌が悪いとは

機嫌が悪いとは

職場やプライベートで機嫌が悪そうだったり、見るからにイライラしている人を見かけた経験がある人は、多いのではないでしょうか。機嫌が悪い人に対してどんな風に接するべきか、いやな気分にならずに済むにはどうするべきか悩む人も多くいます。 機嫌が悪い人に間違った対応をしてしまうと今後の付き合いに傷が生じたりすることもあります。機嫌が悪い人のタイプ別にご紹介します。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

顔に出るタイプの人

特に不機嫌なときに顔に出るタイプの人は、自己中心的な考え方をしやすい傾向にあります。不機嫌なときは、周りの人に気を配る余裕がなく自分の事ばかり考えて他人の事は、どうでもよくなっていることが多いです。 他人が何を話してきても自分のイライラが収まらず、自然と顔つきがキツくなって顔の表情に出てしまう特徴があります。

態度に出る人

不機嫌なときに態度に出る人は、感情のコントロールができないことが多い特徴があります。感情コントロールや自己抑制ができないので人や物に激しい物言いをしたり、手を上げてしまうこともあります。 一旦、機嫌が悪くなってしまうと感情がコントロールできないことに対してイライラを募らせてどんどん不機嫌になって周りの人が機嫌が治り落ち着くのを待つということも少なくありません。

機嫌が悪い人との接し方

機嫌が悪い人との接し方

さまざまな場面で機嫌が悪い人との接し方に戸惑ってしまう人多いのではないでしょうか。機嫌が悪い人の対応を間違ってしまうとトラブルに巻き込まれたり、嫌な思いをすることもあります。機嫌が悪い人との接し方を5つご紹介します。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

接し方1:冷静に対応する

機嫌が悪い人は、感情的に会話をすることが多くなります。常に冷静な人でも機嫌が悪いと言葉使いが乱暴になったり、感情に任せた話し方をすることがあります。 機嫌が悪い人に対して感情的に会話をしてしまうと相手を刺激することになります。お互いがヒートアップして会話が続かなくなる可能性がありますので機嫌が悪い人に対し冷静に会話すことが大事です。

接し方2:相手を刺激しない

機嫌が悪いかどうかは、受け取り方で機嫌が悪いように見えても実際には、さほど機嫌が悪くないこともあります。 しかし、機嫌が悪いかどうかを聞いてしまうことは、しないほうがいいでしょう。機嫌が悪い場合は、火に油を注ぐ形になってしまいます。 相手が機嫌が悪いと自分で察したときは、なるべく相手を刺激する行動はやめて見守りましょう。

接し方3:落ち着くのを待つ

明らかに機嫌が悪い人がいたならば、無理に機嫌を取るという行動は、控えたほうがいいでしょう。 できるだけ機嫌が悪い人との接触することを避けて落ち着くのを待ちます。 機嫌の悪い時に何を言っても意味がありません。まずは、そっとしておいて機嫌が悪い人に冷静になってもらうことが最優先です。

接し方4:相手の話を聞く

もしも機嫌が悪い人が自分に話しかけてきたときは、親身になって話を聞いてあげることがポイントです。 機嫌が悪い人は、話を聞いてもらいたいという心理があり、自分の話を聞いてくれてるということだけで気持ちが落ち着く傾向があります。 また、話の内容に共感できるこがあれば、同意してあげるのがいいでしょう。

接し方5:ほっておく

機嫌が悪い人の心理には、ひとりにさせて欲しいという気持ちがあります。機嫌が悪いときは、話しかけられても気を遣って話す余裕が無いことも多いです。 機嫌が悪い人が話しかけてくるまで放っておくのが無難でしょう。機嫌が悪い人に話しかけなくてはならない場合は、なるべく柔らかく接することを心がけることがポイントです。

職場の機嫌が悪い人

職場でも機嫌が悪い人を見かけることも多いのではないでしょうか。機嫌が悪い相手が同僚や後輩ならまだしも上司や先輩だとしたらとても気を使って厄介でしょう。どう対応していいのか悩むこともあります。 職場で不機嫌な人に理不尽な怒られ方などをしたりして心身ともに疲れてしまうことにもなりかねません。自分のスキルを活かして転職を考えてみるのもいいでしょう。転職エージェント(マイナビエージェント)をご紹介します。

機嫌が悪い人の原因

機嫌が悪い人の原因

人は、些細なことで機嫌が悪くなります。ちょっとした言い方や態度などの複数の原因が積み重なって不機嫌になることもあります。ただ、人によって不機嫌になる原因が違います。 機嫌が悪い原因がわかることで、その人を思いやることができるでしょう。どんな場合に機嫌が悪くなるのか原因を4つ紹介します。

原因1:体調が悪い

体調が悪いときは、自然と気分も落ち込むことが多いでしょう。通常どおり仕事を進めようとし体調が悪いことを我慢していまうことも多い傾向があります。 自分の体調を気にして仕事をしなければならないので他の事に気を配る余裕がありません。体調が悪いうえに仕事での精神的余裕や笑顔が消え、イライラしてきて機嫌が悪くなります。

原因2:悲しいことがあった

機嫌が悪い人の中には、悲しい辛いできごとがあった場合などで気持ちが沈んで機嫌が悪いと受け取られる場合があります。気持ちが癒せていなかったり、不安だったり、引きずってしまうもので気持ちの切り替えがなかなか難しくなります。 どうしても他人に気を配ることができずに優しい態度も取れないことがあります。しかし、人の感情は、悲しいや辛いことがあったら気持ちを整理するのにそれなりの時間がかかることも多いでしょう。

原因3:仕事がうまくいかない

仕事などが思うように物事が進まないときには、イライラして自然と機嫌が悪くなります。仕事がスムーズに進まないことから自分のペースが乱れて焦りが生じて周りの人に不機嫌な態度を取ってしまいます。 特に上司は、部下の管理なども含まれることから余計にイライラが募り不機嫌な態度が強くでてしまう傾向があります。周りで仕事している人から見れば、機嫌が悪い上司は、一目瞭然で関わりたくない心理が働きます。

原因4:家庭がうまくいかない

職場で機嫌が悪い人の中で仕事などが原因でない場合もあります。プライベートでの家族関係や恋人関係などがうまくいっていない場合などに職場で機嫌が悪くなる人もいます。 プライベートなどが原因でイライラしていることを認識していますが、仕事場なので不機嫌になってしまいます。家庭がうまくいってないことのイライラを気持ちを切り替えることができずに職場でいら立ちの原因でもない人にあたってしまうことがあります。

機嫌が悪い人の見分け方

機嫌が悪い人の見分け方

機嫌が悪い人の見分け方としては、普段より笑顔や会話が少ない場合などがあるでしょう。また、そっけない態度やもくもくと仕事をしている場合などもあります。普段と違う言葉や行動がある場合は、機嫌が悪いと判断するといいでしょう。 機嫌の悪い人の見分け方は、難しい場合もありますが、機嫌が悪いと感じたら相手の様子をみながら刺激しないように対応することをおすすめします。

機嫌が悪い人でも適切に対応する

機嫌が悪い人でも適切に対応する

誰にでも何らかの原因で機嫌が悪い日というのはあるのではないでしょうか。機嫌が悪い人の原因と心理状態を考えて相手をよく知ることで機嫌が悪い人への対処方法が見えてきます。 相手のペースに合わせて会話して冷静に刺激しないように返答することが大切です。また、自分が機嫌が悪くなってしまった場合は、一度、その場を離れるか、別のことを考えるなどをして気持ちを落ち着けるようにしてみると良いでしょう。

人のふり見て我がふり直せ

ことわざに「人のふり見て我がふり直せ」という言葉があるように良いことも悪いことも他の人の振る舞いを見て自分を改めるということは大切なことです。相手が機嫌が悪いときもあれば、自分が機嫌が悪いときもあるでしょう。 「機嫌が悪いときの対処方法」と「思いどうりにならない」と感じたときの行動や心の対処法をご紹介します。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

関連タグ

アクセスランキング