IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

几帳面な性格の長所と短所9つ・自己PRでのアピール方法3つ

初回公開日:2016年12月14日

更新日:2020年05月13日

記載されている内容は2016年12月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

マネジメント

仕事をする上で几帳面と言われる人がいます。いい意味で言われることも多いですが、転職などをする際にはどのように長所、短所として受け止められるのでしょうか。几帳面さを活かして就活を試みる方法をまとめました。几帳面の長所、短所の活かし方を知ってみませんか。

几帳面な性格には長所と短所がある

几帳面な人は、時間や約束を守ったり、細かいところまで配慮できたり、事前の準備に手を抜かなかったりするので、仕事でも上司から信頼され評判が高く、ミスも少なく優秀な人が多いです。そのため就活をする上では、几帳面な性格は長所としてPRすることができます。 しかし、几帳面なことはネガティブなイメージもあるので、うまくPRできなければ逆効果となってしまいます。 几帳面な性格の長所や短所を理解し、上手に自己PRできる方法を紹介していきます。

几帳面な性格の長所と短所9つ

几帳面な性格には、長所もあれば短所もあります。当てはまるものや思い当たることがあるか、まずはしっかり自己分析し、長所としてアピールできるようにしましょう。 また、短所については、うまくカバーして説明できるように、さらには短所を長所に変えて説明できるように対策を立てておきましょう。

長所1:丁寧に仕事ができる

几帳面な性格の人は、物事を慎重にこなしていくのでミスも少なく、丁寧に仕事をします。「これでいいや」と妥協することもなく、仕事だけでなくさまざまなことに真摯に対応します。 仕事において大切な「報告・連絡・相談」もきちんと行うので、信頼して仕事を任すことができます。大雑把な人のフォローもしてくれるので、上司や同僚、取引先からも信頼が厚く、頼りにされる存在です。

長所2:事前準備を怠らない

特に仕事においては、たとえばプレゼンをする場合、必要なものを用意しておいたり、情報を集めておく事前準備は、プレゼンを成功させるためにはとても大切なことです。この事前準備を怠らない姿勢は、「あのプロジェクトは任せよう」と信頼して仕事を任せてもらうことにもつながります。 プライベートでも、旅行に行くときに旅先やホテルの情報を調べておいてくれたりするので、グループに一人でもいると重宝される存在です。

長所3:細かい所に気づける

几帳面な人は慎重な人が多く、それだけ細かいところに目をくばります。このような人は、自分が決めたことで失敗したり、後悔することを避けようとします。 そこで、リスクを回避するために常に先を読んで行動するので、普通の人が気づかないような細かいところに気がつきます。そのためミスも少なく、常に最善の方法を選んで行動することができます。

関連タグ

アクセスランキング