IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

几帳面な性格の長所と短所9つ・自己PRでのアピール方法3つ

初回公開日:2016年12月14日

更新日:2020年05月13日

記載されている内容は2016年12月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

マネジメント

仕事をする上で几帳面と言われる人がいます。いい意味で言われることも多いですが、転職などをする際にはどのように長所、短所として受け止められるのでしょうか。几帳面さを活かして就活を試みる方法をまとめました。几帳面の長所、短所の活かし方を知ってみませんか。

コツ3:「仕事が遅い」と思わせない伝え方を

几帳面なことは、ネガティブなイメージを持たれてしまう可能性もあります。ネガティブなイメージを持たれるのは、几帳面なため丁寧過ぎるあまりに仕事が遅いのではないかということです。 そこで、あえて「几帳面だけど仕事は早いです」と言い切ってしまった方が、相手の懸念を払しょくできると同時に好印象を与えることができます。

几帳面さをアピールして、企業から内定を貰おう

仕事が丁寧なことや資料作りが上手いなど、几帳面な人の長所は社会人にとって必要なもののひとつです。几帳面なことを上手くアピールすることができれば、面接や選考において強みとなります。 短所は長所に変えてしっかり自己PRして、その企業に必要な人材であることをアピールして、内定をもらいましょう。

上司や同僚に苦手意識があるあなたに

「職場の人間関係に悩んでいるが、転職は逃げるようで躊躇してしまう…」と思われる方も多いのではないでしょうか? じつは、転職の理由として「職場の人間関係」をあげる人は多く、転職理由としてもポピュラーなものなんです。 「転職すれば解決するのか分からない」「自分に原因があるかも…」 そう考えてしまうあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。 マイナビエージェントならあなたの悩みが本当にあなたに原因があるのか、それとも環境にあるのかを判断してくれるでしょう。また、あなたの性格にあった職場の情報も教えてくれることもあります。 もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫! まずは無料会員登録してみましょう!

関連タグ

アクセスランキング