IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

人の上に立つ人の特徴と資質・人の上に立つために必要なスキル

マネジメント

リーダーシップや責任感を持っていないと、人の上に立つ人にはなれませんよね。人の上に立つような役職に就きたいと思っても、具体的に何を身につければいいかわからないという人もおおいのではないでしょうか。人の上に立つためのスキルを知りたい方はぜひ読んでみてください。

更新日時:

人の上に立つ人の特徴・資質

リーダーシップがある

会社で働いていれば、上司がいるのが当たり前になってきます。起業した人を除けば、新卒で入れば必ず上司がいるという状況ですが、上に立つ人で慕われている人はどのような人なのでしょうか。 人の上に立つ人の特徴として挙げられるのは、まず、リーダーシップがある人でしょう。リーダーシップがなければ、人の上に立つことができませんし、だれかを引っ張っていけるからこそ人の上に立つことができるです。会社では、社長がトップですが、その社長が社員を引っ張っていけるからこそ、会社が成り立っているのです。 また、単純にリーダーシップがあるのではなく、部下に慕われるようなリーダシップを兼ねそなえているというのが、人の上に立つ人の特徴です。

話をまとめることができる

人の上に立つということは、理論的に話せる人でなければいけません。その中でも、人の上に立つ人は話をまとめることができるというのも特徴の一つです。 何かを話すときに、会社であれば会議などを行ってから、話をまとめることが多いでしょう。その話をまとめる時こそ、人の上に立つ人であれば、簡単にわかりやすくまとめることができるのです。 また、人の上に立つ人は、周りの人間が発言しやすい環境を作ることができるというのも特徴の一つです。話をまとめるだけで簡単に人の上に立つことはできませんが、話をまとめることができれば、会議も進めるようになりますし、みんなが発言できる環境ができれば、良い案も浮かぶでしょう。

率先して自分の意見を出す

人の上に立つ人は、当然資質も非常に重要になってくるわけですが、やはり率先して何かをできるということが重要です。率先して自分の意見を出すということができない人は会社や集団の中にはたくさんいます。自分の発言がダメな意見だったらという心理が働いていたり、周りからの評価を気にする人が多いからでしょう。 リーダーシップをとる人は周りの人に忌憚なく意見を出させると良いリーダーと言えるでしょう。また、自分の意見を出すことも確かに重要ですが、時には話をまとめることも重要になってきます。

自分の後輩から慕われる

やはり人の上に立つ人は、周りから慕われている状況が理想です、上司や先輩や同期はもちろんですが、自分の後輩から慕われることも大きいでしょう。なぜなら、自分の後輩から慕われるということは、その後輩が自分の背中を見て育つということです。 自分の背中を見て育つ部下がいるなら、その部下も部下ができたときに自分のように接するようになるでしょう。 人の上に立つ人は、リーダーシップや話をまとめるという特徴があるからこそ、後輩から慕われるということです。慕われるためには、その部下に還元することができるような器を持ち合わせていなければなりません。この器こそが、人の上に立つ人の資質といってもよいでしょう。

ビジネスマンとしてある程度優秀

人の上に立つ人の資質として、最も重要になってくるのは、やはりビジネスマンとしてある優秀ということです。優秀であることには、様々な基準がありますが、一般的な基準として仕事ができ、社内のマネジメントをできる人でしょう。

人の上に立つ仕事とは

中・高教師

人の上に立つ人の仕事として代表的に挙げられるのが教師でしょう。どのような教師かによって様々ではありますが、共通していることはは「指導者」としての立場に立ってるということです。 しかし、中には生徒に対して生徒目線で向き合うという人も存在します。あえて人の上に立たないような形で生徒と接する教師もいるわけですが、生徒からするとそういう教師こそ人の上に立つ人という認識がある場合もあります。生徒のやる気を引き出すのが教師の役目でのため、形式的な立場の上下以上の指導を行うこともできます。

自衛隊及び自衛官

指導者という立場ではありませんが、上下関係という意味では自衛隊及び自衛官も人の上に立つ仕事といえるでしょう。自衛隊に関しては、階級が分けられており、教官レベルになってくると、まさに人を指導する地位になります。

実業家

最も、会社の組織のトップとして存在しているのが、実業家です。実業家こそ、事業を作り、ときには社員を率いてトップとして走り続ける、まさに人の上に立つ人の仕事でしょう。有能な実業家であれば、部下をつけ、その部下に指導をして、人の上に立つ人材を育てていきます。

一般企業でも人の上に立つ人はいる

一般企業に勤めている人でも、人の上に立つという人も存在します。これは、会長や社長でもなく、部長、課長といった立場の人を指します。そういった人は、様々な経験を経てそういう立場になっているのであり、人によってはそのような器でないという人も存在します。 しかし、仮に資質がなかったとしても、その人がつんできたキャリアや経験が人の上に立つスキルになっているケースが多いです。

仕事で共通しているのは?

人の上に立つ仕事は様々ですが、その中でも共通しているというのは、何かを指導するということです。教師にしても実業家にしても、誰かを指導する立場にいるからこそ会社が成り立っているといっても過言ではありません。 一般企業だからこそというわけではなく、会社には指導者がいるからこそ部下が育っていくのです。そして、その指導によって育っていった部下が、人の上に立つ立場になって部下を教育していくというわけです。指導とは、その指導する相手が将来的にどのような人になるかまでの責任がある仕事と言えます。 実業家や一般企業の上司に関しては、部下に会社を支えていくために、正しい方法でキャリアを積み、部下を育成していくことが重要なのです。

人の上に立つために必要なスキル

世渡り上手になることも重要

人の上に立つためには、様々なスキルが必要になってくるわけですが、やはりその中の一つとして、世渡り上手になることがあげられます。世渡り上手=八方美人という認識にするとよいでしょう。八方美人の人は、世間からすると嫌われることもありますが、それは人によって態度を変えるからです。 ここで重要なのは、どの人に対しても同じように接するということが重要になってきます。出世をするには、確かにキャリアやスキルが必要になってきますが、それ以上に周りからの信頼も重要になってきます。いくら仕事ができたとしても、そういった人との付き合いができなければ人の上に立つことができません。

感情に流されないスキル

人の上に立つ仕事をしている以上、感情にすぐに流されないということが重要になってきます。仮にも、誰かを指導するという立場になったときに、思ったことを感情的にぶつけてしまうとそれは指導ではなくなってしまいます。 感情に流されてしまっては、その時点で人の上に立つ資格がないといえるでしょう。感情に流されてしまうと、重要な部分で感情に邪魔され、出世や指導ができなくなってしまうのです。人の上に立つということは、それなりの度量がないといけませんし、上司になるには、弱い姿を見せるのは控えましょう。

周りをやる気にさせることができる

人の上に立つ人は、周りの人をやる気にさせることが重要になってきます。これは、常勝克己という言葉があるように、常に自分自身が高みを目指すことによって、周りに影響を与えなければなりません。周りに影響を与える人材になるには、相当な努力が必要になってきますが、その努力をしている内に自然と人の上に立つようになっているはずです。周りをやる気にさせるということは非常に難しく、チームを組んでいるのであれば尚更難しくなってきます。 しかし、会社のチーム単位で何かのプロジェクトを進めているのであれば、周りをやる気にさせることは非常に重要です。

どの人物も均等な目で見る

人の上に立つなら、どの人物も均等な立場で接して、均等な目で見るということが重要になってきます。均等な目で見るということは、会社という組織で働くシステムの上で必要な態度であると言えます。 しかし、人によってキャリアとスキルに差が出てしまうため、均等な目で見るということは難しくなります。当然会社としても、スキルがある人間を育てたいと考えるので、仕事ができる人物に目を当ててしまうのは仕方のないことです。 しかし、周りから慕われて、人の上に立つという立場の人間は、均等な目線で見ることが重要なのです。会社のトップである社長でも、部下のマネジメントをしていることもああって、部下に均等に接していることでしょう。

チャレンジできる環境を作れる

人の上に立つなら、周りをやる気にさせることが重要なスキルですが、それ以上にチャレンジできる環境を作ることも重要です。やる気にさせることは比較的容易ですが、チャレンジできる環境を整えること、チャレンジするような人間を育てることも難しいことです。 チャレンジするにしても、環境が整っていなければチャレンジすることができません。その環境というのは、部下自身が作ることでもありますが、それサポートする上司が環境を作っておくことが重要です。 人の上に立つという人間なら、部下のチャレンジに寛容になり、そのような環境を整えることが望ましいです。ただし、環境を整えたからと言って、やる気を出させることができなければ意味がないということも、頭に入れておくとよいでしょう。

人の上に立つ方法

「指導=説教」と勘違いしない

人の上に立つ方法は、人によって様々ですが、根底になってくるのは指導と説教を勘違いしないということです。世の中には、指導=説教だと思っている人も多く存在します。 説教をすることも確かに重要ですが、説教だけでは何も実らないということを念頭に置いておくべきです。人の上に立つ人は、指導をすることで部下を育てようとするのです。 指導の方法は人によって変わってきますが、確かに部下を育てたいという意味では、説教も重要です。しかし、言い方と指導の仕方によっては、部下にとって有益にならないことを指導をする前に考えておくとよいでしょう。

失敗をむやみに怒らない

部下の失敗をむやみに咎める上司がいます。確かに、部下のミスは上司のミスというように、部下がミスしてしまえば、上司の責任になってしまいます。 会社にとって大きな問題になるようであれば、それは叱る必要もあります。しかし、些細なミスで説教をしているのであれば、部下の信頼を失ってしまうでしょう。指導することも重要ですが、指導方法によっては部下からの信頼がなくなってしまうことを念頭に置いておくべきです。

部下に弱みは見せないように

人の上に立つという人は、弱みを見せることを極力避けなければなりません。しかし、人間ですから、弱みを見せない状況で生活をしてしまうと、心に闇を抱え、どんどんと苦しくなってしまうことになるでしょう。 自分の弱みは親族であったり恋人であったり、自分のことを知っている人に出すことが重要です。弱みを見せることによって、築き上げてきた信頼を失ってしまう可能性があるからです。自分の背中を見て育っている以上、そういう姿を見せてしまうのは、部下にとっても悪いということを頭に入れておくべきなのです。

部下としての気持ちを忘れない

人の上に立つ人で、信頼されない人も中には存在します。それは、人の上に立つという前に自分が部下の気持ちを理解していないことが原因として挙げられます。 会社のトップになったとしても、学校を卒業してすぐに起業でもしない限りは、誰かの下で働いてきたことになります。確かに、部下を統括しているマネージャーだったとしても、組織に所属している以上誰かの教育を受けて育ってきたはずです。 その時に気持ちを忘れてしまうと、放漫な上司になってしまうわけです。指導の仕方に問題があるとはいっても、やはり自分が部下だった時の事を思い出せば、然るべき指導ができることでしょう。

人の上に立つ人としての態度を考えよう

人の上に立つ方法として、最も重要なのは、自分の悪いことは自分で反省するということです。よく上司で、自分がミスをしてしまったとしても、部下に押し付けてしまう人もいます。 また、上司のできなかった仕事を部下のせいにして、部下に押し付ける人も存在します。そのため、自分の悪いことは自分で反省するべきなのです。それに、自問自答することによって、何が悪いのかを把握することができます。優秀なビジネスマンとして成長したいと思っている人は、そういう下積み時代にしてきたことを改めて考えてみるとよいでしょう。 そうすることによって、ビジネスマンとしての高みを目指すことができますし、自然と部下もついてきているでしょう。部下がついてきたときに初めて、人の上に立つ人間になっていることを自覚できます。

関連タグ

アクセスランキング