IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

人の上に立つ人の特徴と資質・人の上に立つために必要なスキル

更新日:2020年06月02日

マネジメント

リーダーシップや責任感を持っていないと、人の上に立つ人にはなれませんよね。人の上に立つような役職に就きたいと思っても、具体的に何を身につければいいかわからないという人もおおいのではないでしょうか。人の上に立つためのスキルを知りたい方はぜひ読んでみてください。

会社の組織の長として存在しているのが、実業家です。実業家こそ、事業を作り、ときには社員を率いて長として走り続ける、まさに人の上に立つ人の仕事でしょう。有能な実業家であれば、部下をつけ、その部下に指導をして、人の上に立つ人材を育てていきます。

一般企業でも人の上に立つ人はいる

一般企業に勤めている人でも、人の上に立つという人も存在します。これは、会長や社長でもなく、部長、課長といった立場の人を指します。そういった人は、様々な経験を経てそういう立場になっているのであり、人によってはそのような器でないという人も存在します。 しかし、仮に資質がなかったとしても、その人がつんできたキャリアや経験が人の上に立つスキルになっているケースが多いです。

仕事で共通しているのは?

人の上に立つ仕事は様々ですが、その中でも共通しているというのは、何かを指導するということです。教師にしても実業家にしても、誰かを指導する立場にいるからこそ会社が成り立っているといっても過言ではありません。 一般企業だからこそというわけではなく、会社には指導者がいるからこそ部下が育っていくのです。そして、その指導によって育っていった部下が、人の上に立つ立場になって部下を教育していくというわけです。指導とは、その指導する相手が将来的にどのような人になるかまでの責任がある仕事と言えます。 実業家や一般企業の上司に関しては、部下に会社を支えていくために、正しい方法でキャリアを積み、部下を育成していくことが重要なのです。

人の上に立つために必要なスキル

世渡り上手になることも重要

人の上に立つためには、様々なスキルが必要になってくるわけですが、やはりその中の一つとして、世渡り上手になることがあげられます。世渡り上手=八方美人という認識にするとよいでしょう。八方美人の人は、世間からすると嫌われることもありますが、それは人によって態度を変えるからです。 ここで重要なのは、どの人に対しても同じように接するということが重要になってきます。出世をするには、確かにキャリアやスキルが必要になってきますが、それ以上に周りからの信頼も重要になってきます。いくら仕事ができたとしても、そういった人との付き合いができなければ人の上に立つことができません。

感情に流されないスキル

人の上に立つ仕事をしている以上、感情にすぐに流されないということが重要になってきます。仮にも、誰かを指導するという立場になったときに、思ったことを感情的にぶつけてしまうとそれは指導ではなくなってしまいます。 感情に流されてしまっては、その時点で人の上に立つ資格がないといえるでしょう。感情に流されてしまうと、重要な部分で感情に邪魔され、出世や指導ができなくなってしまうのです。人の上に立つということは、それなりの度量がないといけませんし、上司になるには、弱い姿を見せるのは控えましょう。

周りをやる気にさせることができる

人の上に立つ人は、周りの人をやる気にさせることが重要になってきます。これは、常勝克己という言葉があるように、常に自分自身が高みを目指すことによって、周りに影響を与えなければなりません。周りに影響を与える人材になるには、相当な努力が必要になってきますが、その努力をしている内に自然と人の上に立つようになっているはずです。周りをやる気にさせるということは非常に難しく、チームを組んでいるのであれば尚更難しくなってきます。 しかし、会社のチーム単位で何かのプロジェクトを進めているのであれば、周りをやる気にさせることは非常に重要です。

どの人物も均等な目で見る

人の上に立つなら、どの人物も均等な立場で接して、均等な目で見るということが重要になってきます。均等な目で見るということは、会社という組織で働くシステムの上で必要な態度であると言えます。 しかし、人によってキャリアとスキルに差が出てしまうため、均等な目で見るということは難しくなります。当然会社としても、スキルがある人間を育てたいと考えるので、仕事ができる人物に目を当ててしまうのは仕方のないことです。 しかし、周りから慕われて、人の上に立つという立場の人間は、均等な目線で見ることが重要なのです。会社の長である社長でも、部下のマネジメントをしていることもああって、部下に均等に接していることでしょう。

チャレンジできる環境を作れる

人の上に立つなら、周りをやる気にさせることが重要なスキルですが、それ以上にチャレンジできる環境を作ることも重要です。やる気にさせることは比較的容易ですが、チャレンジできる環境を整えること、チャレンジするような人間を育てることも難しいことです。 チャレンジするにしても、環境が整っていなければチャレンジすることができません。その環境というのは、部下自身が作ることでもありますが、それサポートする上司が環境を作っておくことが重要です。 人の上に立つという人間なら、部下のチャレンジに寛容になり、そのような環境を整えることが望ましいです。ただし、環境を整えたからと言って、やる気を出させることができなければ意味がないということも、頭に入れておくとよいでしょう。

人の上に立つ方法

次のページ:人の上に立つ人としての態度を考えよう
初回公開日:2017年05月31日

記載されている内容は2017年05月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング