IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

几帳面な性格の長所と短所9つ・自己PRでのアピール方法3つ

初回公開日:2016年12月14日

更新日:2020年05月13日

記載されている内容は2016年12月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

マネジメント

仕事をする上で几帳面と言われる人がいます。いい意味で言われることも多いですが、転職などをする際にはどのように長所、短所として受け止められるのでしょうか。几帳面さを活かして就活を試みる方法をまとめました。几帳面の長所、短所の活かし方を知ってみませんか。

几帳面の自己PRのコツ3つ

几帳面な性格が自分の希望する仕事においてどう役に立つのかを明確にし、短所をうまくカバーしてPRすることが、企業に「この人が必要だ」と思ってもらうためのポイントです。他の就活生との競争に勝つためには、アピールの仕方にもコツがあります。

コツ1:「几帳面」+「○○な力」でアピール

自己PRをするなら、ただ「几帳面です」というだけではインパクトに欠けてしまいます。「真面目」「責任感」など、几帳面と組み合わせやすい要素をプラスしてアピールしましょう。

「几帳面」+「真面目」でアピール

几帳面な人は、真面目で礼儀正しいと長所のところでも説明しましたが、これは社会人の資質としては大切な要素です。手を抜かずに与えられた仕事を期日までにきちんと終わらせることができるのが強みなので、信頼して仕事を任せてもらえるということをアピールしましょう。 ルールやマナーを守ることも、コンプライアンスの重要性が問われる昨今では自己PRできるポイントのひとつです。

「几帳面」+「責任感」でアピール

与えられた課題やプロジェクトを完遂させることなど、任せられた仕事には責任感を持って取り組まなければなりません。「達成できませんでした」「うまくできませんでした」では社会人としては認められません。 几帳面な人は、与えられた仕事に責任をもって向き合うことができるので、その点を主張すれば自己PRのポイントになります。

コツ2:几帳面さのエピソードを添える

「几帳面」というのは個人によって程度も違い、あいまいな表現でもあるので、「私は几帳面です」といっても説得力に欠けてしまいます。自己PRをするときは、エピソードを添えて話すと説得力が増します。 「几帳面でなんでも事前に準備をするので、忘れ物をしたことがなくて表彰されました」「待ち合わせに遅刻をしたことがありません」というように、実際の経験を踏まえてアピールしてみましょう。

関連タグ

アクセスランキング