IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン
【業界研究】就活生が業界を絞る方法・業界の選び方

就活の業界・企業研究 | Mayonez - 4ページ目

「業界・企業研究」に関する記事一覧です。業界研究や企業研究に役立つ記事が勢揃い。業界・企業研究の進め方がわからないときや、業界について詳しく知りたいときにご覧ください。

    Pickup就活の業界・企業研究のピックアップ

    【業界研究】就活生が業界を絞る方法・業界の選び方

    就活する時には、まず考えなければならないことがあります。それは就職する業界の選び方です。就活を始めるとなると自己分析は誰もが取り組むことですが、この業界の選び方は自己分析と同じくらい重要です。仮に就職したいと思う会社があったとしても、業界選びは慎重になる必要があります。

    作者名 | GG Media編集部

    就職前に知りたい「携帯電話業界」の現状・動向・課題

    携帯電話業界の市場規模は10兆9,710億円となり、他の業界と比較すると大規模な市場になります。 2017年3月時点の日本企業の時価総額ランキングを見ると、携帯電話業界の3キャリアであるDocomo、KDDI、SoftBankは、いずれもトップ10位に入り込んでいます。 そのことからも、携帯電話業界は今後の期待度や注目度が高い業界と言えます。

    作者名 | GG Media編集部

    やりたい仕事が見つからない!やりたい仕事を見つける・選ぶ方法

    就活においてやりたい仕事が分からない、見つからない場合は自分の趣味や興味のあるものに関する仕事について考えてみましょう。 やりたい仕事が分からない、見つからない人は「仕事」に対して詳しく知らない場合が多いです。また、仕事に興味がない場合も多くあります。そういった人がいきなりやりたい仕事について考えようとしてもうまくいきません。

    作者名 | GG Media編集部

    【業界研究】サービス業界の現状・動向・課題について

    もともと携帯音楽プレーヤーといえばソニーのウォークマンが元祖であり、1979年の発売以来、市場では圧倒的な強さを誇っていました。画期的だったのは野外に音楽を持ち出すというスタイルで、ソニーは製品の製造・販売で利益を上げるというビジネスモデルを構築し、より高性能・高機能な製品の開発に力を注ぐことで、世界をリードする王者として君臨したのです。

    作者名 | GG Media編集部

    【業界研究】玩具/おもちゃ業界の現状・動向・課題について

    玩具業界の推移をみると、平成17年から平成19年までは業界規模は着実に増加していました。しかし、平成19年以降になると、各社ともに業績が減少する傾向を見せ始めていきました。特に家庭用ゲームについては、世の中の人たちのゲーム離れが進むと同時に、スマートフォンゲームの台頭などが影響して、玩具業界全体にも大きな影響を及ぼすようになりました。中でも有名なのが、任天堂の業績不振です。任天堂は平成19年ごろまでは「Wii」の売り上げが好調でしたが、人気が一巡したことで業績が伸び悩むようになりました。他の会社も同様で、現状を打破するために新たなゲーム機を立て続けに発売したのですが、苦戦を強いられています。

    作者名 | GG Media編集部

    【業界研究】建設機械業界の現状・動向・課題について

    平成19年までは順調に市場の拡大を続けてきた建設機械業界。しかし、平成19年から21日にかけて、大幅に、各社ともに業績が落ち込んでしまいます。その背景にあるのは平成20年後半に起きたリーマンショック。ヨーロッパやアメリカにおいての住宅着工件数が激減して、日本の建設機械が活躍する場がどんどんなくなっていったのです。また、中国やロシアをはじめとした新興国でインフラ需要の急減が起きたために、中近東では不動産開発が相次いで中止になりました。

    作者名 | GG Media編集部