IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【業界研究】トイレタリー業界の現状・動向・課題について

更新日:2020年11月06日

就活の業界・企業研究

トイレタリー業界は、明治時代以降、石鹸や洗剤を中心に形成されました。そして、日本人の生活様式の欧米化とともに人々の生活に浸透し、経済発展による社会の多様化に合わせて商品も多様化・細分化して、今日に至っています。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

業界の現状

トイレタリーとは何か

トイレタリー業界は、明治時代以降、石鹸や洗剤を中心に形成されました。そして、日本人の生活様式の欧米化とともに人々の生活に浸透し、経済発展による社会の多様化に合わせて商品も多様化・細分化して、今日に至っています。

「トイレタリー」とは、英語で化粧や身づくろいを意味するトイレット(toilet)から生まれた言葉です。

日本では、スキンケア化粧品やメイクアップ化粧品などをいわゆる「化粧品」と定義しており、それ以外の石鹸やシャンプーといったヘアケア製品、歯磨き粉等のオーラルケア製品を「トイレタリー」と称し、化粧品と区別しています。

つまり、トイレタリー製品とは、老若男女を問わず、体の衛生・洗浄目的で日常的に利用する商品のことになります。

わたしたちが「清潔で快適な生活」を送ることができるのは、トイレタリー製品のおかげと言うことも可能であり、それだけに毎日の暮らしになくてはならないのがトイレタリー業界なのです。

トイレタリー製品の分類

トイレタリー製品はトイレタリー用品とサニタリー用品に分けることができます。

トイレタリー用品:体の衛生・洗浄目的で使う製品、身だしなみを整えるための製品のこと

  • ヘアケア製品(シャンプー、リンス、トリートメント)
  • ヘアスタイリング剤、染毛剤(白髪染め、ブリーチ等)
  • ヘアトニック、養毛剤
  • ハンド用品、ボディケア用品
  • 皮膚用石鹸(浴用、手洗い用などの固形石鹸)
  • 洗顔料、ボディ用洗浄料(洗顔フォーム、ボディソープ、ボディシャンプー)
  • 入浴剤
  • オーラルケア製品(歯磨き、歯ブラシ、洗口液)
  • 髭剃り関連製品(シェービング剤、使い捨てシェーバー等)

サニタリー用品:生理用品や紙おむつといった紙製品のこと

・生理用品(ナプキン、タンポン) ・紙おむつ(ベビー用、大人用)

主要大手メーカー

トイレタリー業界は、国内メーカー大手7社と外資系メーカー2社に分類できます。

花王、ユニ・チャーム、ライオン、サンスター、小林製薬、クラシエホールディングス、エステー

アクセスランキング