IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

財団法人の転職方法|志望動機と転職理由例・エリア別の転職事情

更新日:2022年11月21日

業界・企業研究

財団法人への転職のメリットはホワイト業務といえます。今の財団法人への転職を行い身も心も有意義な生活が期待できます。財団法人に転職したくても転職先の求人情報ってどこにあるのか、さらには転職の為、意外に知られていない財団法人について理解を深めておきましょう。

財団法人の転職方法

自分らしい仕事がしたいので財団法人に努めたい方転職したい方、公益性を追求した活動が自分の思考とマッチしている方は財団法人への転職がです。しかし財団法人の求人を探すことに苦労してはいませんか?働きたいと考える人がいるのに求人広告を見かけないことには理由があります。財団法人の特性から財団法人への転職方法と転職したその後を踏まえ転職を考えていきましょう。

財団法人とはいったい何かを考えてみよう

財団法人とはいったい何か理解することは、財団法人に転職を考えたとき絶対に理解を深めておきたいポイントです。財団法人に転職を考えているということは自分がどんな内容の事柄に関する業務を行うのかわからなくては財団法人に転職する意味すらないからです。 なぜ財団法人に転職したいと考えたのですか?なんて言葉が面接担当者から投げられそうですし面接では自信をもって転職の理由を答えられるように勉強しておかなくてはなりません。 財団法人とは読んで字のごとく、財産、団体、法人を合わせた集合体のことです。つまり財団法人の財産の集合体とは、団体に帰属する経済的価値のある物のことで、これを法人化したものが財団法人といいます。

財団法人は、財産をもって活動する団体+法人格

社団法人は役員は1名で設立もでき、拠出財産0円から可能です。対する財団法人では評議員3名以上、理事3名以上、監事1名以上の計7名の役員が最低必要の上、拠出財産が300万円以上あることが条件です。さらには拠出された財産は返還も一切できません。財産が初めからないことと、用意されてあることが社団法人と財団法人の違いです。 社団法人とは【財産はないが目的を行うため、法人となった人の集まり】で、財団法人とは【財産を利用して目的を行うため、法人となった人の集まり】です。 また、公益法人認定法に基づく公益認定を受けているかいないかで公益目的事業に関する所得について税金がかからないことがメリットでもあり非課税所得で大きな節税の効果が期待できることも一般企業との違いなので知っておくと良いでしょう。

財団法人に転職したい時に見るべきもの

財団法人に転職したいときにはハローワーク求人が検索できるサイトと自社ホームページを見ます。財団法人は公益性がある為に採用に費用を掛けられないことがほとんどです。その為財団法人に就職や転職がしたいと思う人すら少ないことも考えられますので、財団法人に転職を考えることはある意味、狭き門の中に求人を見つけたら転職チャンスゲットで求職活動が一歩前進ということになります。 普段から求人広告を打っている企業の求人は見慣れている為に転職の際にふと思い出したりするものですが、財団法人のような団体求人は上記の理由から見かける機会が少ないために転職の際忘れられがちな求人になります。

求人サイトのチェックはまめに

財団法人に転職したいと考えたときにはその財団法人のホームページか無料で周知しているハローワーク求人しかありません。ハローワーク求人を検索できるサイトを利用してこまめに見ることが一番有効といえます。また、下記にもエリア別でまとめてますが地域別にサイト内で検索することで有効に転職情報が得られます。 登録されている財団法人の活動内容を各ホームページで確認するのは必要なことです。財団法人が取り組んでいる経済に与える影響について知ってみると財団法人がもっと身近な存在になるので求人検索で見つけた気になる財団法人のホームページは是非見ておきましょう。

財団法人に転職するのは難しい?

財団法人に転職は難しいものではありません。なぜなら、財団法人は公益性が必要なので求人に費用が掛けられませんが求人がないわけではないからです。ただ、一般企業よりは空きが出ない為に求人が少ないことは実際にあります。財団法人は立ち上げ時に役員などの配置がある為に中々除籍することはありませんから地域の情報には敏感で居ましょう。

財団法人が求人しない訳と転職チャンスは転がっている話

財団法人が求人しないのではなく求人出来ないというのが本当の理由です。その為、財団法人の求人は実際に転がっている状態にあります。いかに転がっている石を見つけるかが転職のポイントになります。 公益性のある団体の場合は会費を集めて運営費にあてることが収入の一部にあるために古い言い方をすれば、会員数を減らすわけにも”そうそう問屋が卸さない”という訳です。しかも団体の構成人数も多くなく30人ほどで継続する団体がほとんどなので公益性を踏まえると増員するわけにもいかないということです。 財団法人に転職するのはリサーチ力次第です。求人広告に費用を掛けなくても求人できるハローワークと財団法人のホームページを細かくチェックしていれば財団法人に転職求人を見つけることが出来ます。よく記載されているサイトは要チェックです。ハローワーク求人ならindeedなどを確認しましょう。

財団法人に転職することよりその後が大変?

次のページ:財団法人への志望動機
初回公開日:2017年05月20日

記載されている内容は2017年05月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング