IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ハローワークで転職するための手続き・活用方法|補助金制度5つ

転職ノウハウ

転職ではハローワークや転職サイトなどを利用して、専門家の助言を受けることが転職成功への近道です。ハローワークで転職するための手続きの他、ハローワークと転職サイトの利点や相談窓口の活用方法、転職に際して知っておくと良い手当や補助金などについてまとめてみました。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • ハローワーク・転職サイトどちらも今はインターネットで情報が見れる
  • ハローワークは雇用手当など、さまざまな補助金の相談にも乗ってもらえる
  • 転職サイトはアドバイザーがつき、より専門的な案件を紹介してもらうことができる

ハローワーク・転職サイトともにインターネットで募集を探せる・窓口での相談も受け付けているという点で、似ています。しかし、ハローワークは日本全国に数多くあり、より地域に密着した求人も持っています。 転職サイトの場合は転職活動に関するコラムや、適職診断などのコンテンツを持っているところが多くなっています。ほとんどの人は転職活動の際に、「リクナビNEXT」を見て探しているそうなので、転職を考えているのであれば登録しておきましょう。

ハローワークとは

ハローワークとは

利用する前に、まずはハローワークというものについてご紹介します。ハローワークとは、求人を紹介や仕事に関する相談を受けられる窓口があり、その他にも失業保険等の手続きを行っています。 元々は職業安定所と呼ばれており、全国に1箇所以上は必ず支店を設けている大手の行政機関です。今でも求職者や失業者が多く利用しています。

ハローワークで転職するための手続き

ハローワークで転職するための手続き

転職活動をする時に、多くの人がお世話になるのがハローワーク。ハローワークで転職をするためには窓口での求職申込の手続きが必要です。 まずは、最寄りのハローワークへ行き、窓口で「求職申込書」の記入をします。 住所、氏名、連絡先、メールアドレス(メールアドレスはPDFファイル等の添付ファイルを見る事ができるアドレスが良いです。)など基本的な連絡先を記入します。次いで、希望する仕事や業界、希望する収入、勤務時間、学歴や職業訓練などの受講歴、今までの職歴など、残りの欄を記入して提出します。 窓口では「ハローワークカード」と言う名刺サイズのカードを発行してくれます。このカードは、ハローワークでの相談や手続きに際に使用する事ができる物です。

ネットでの仮登録で時間短縮

ハローワークにはネットサービスの「ハローワークインターネットサービス」というサイトがあり、求職申込の手続きはこのサイトから入力を行う事も可能です。 ただし、ネットだけで申し込みが完了する訳ではなく、入力後、1週間以内に窓口へ行き登録の最終確認をする必要があります。 しかし、窓口で手書きの書類を書いて申請するのは意外と時間がかかるので、窓口での時間短縮の意味でも、事前にネットで仮登録をしておく事をおススメします。 「手書きよりもキーボードの方が入力がし易い」…という入力スキルの高い人にも向いていますね。仮登録の完了時に画面に表示される「仮登録番号」を控えるか、PDFファイルなどで保存をして、窓口での手続きを行います。

ハローワークと転職サイトのメリットを知ろう

ハローワークと転職サイトのメリットを知ろう

昔は仕事を探す期間と言えば、ハローワークが有名でしたが、今ではネットでの転職サイトも数多く見かけますね。もちろん、ハローワークでもインターネットでの求人検索をする事ができ、家に居ながらにして、様々な条件で求人を探す事ができます。 では、ハローワークと転職サイトはどちらが良いでしょうか?それぞれ特徴がありますので、見てみましょう。 転職サイト最大手で求人を探す

ハローワークのメリット

ハローワークは全国540か所にあり、それぞれに地元企業の情報が掲載されています。また、母子家庭や父子家庭向けのマザーズハローワークなどもあり、新卒やわかもの向けの転職にも力を入れています。 地元へ帰って就職をしたい場合や子育てや介護などで、家族のケアをしたいなどの理由で近隣での就職を希望する場合などの場合就業場所は重要になりますね。ハローワークはそうした事情にも適した求職方法と言えるでしょう。 求人情報については、ハローワークのネットサービスでも案件を見る事は可能ですが、相談窓口専用の端末では、検索では見つかりずらい仕事や職種の内容をもう少し絞った検索をすることができます。 職業相談で求職カウンセリングを受けながらその場で求人を探し出してもらう事も可能です。また、求人案件ごとに何人の求職があるのか、応募状況や決定状況を問い合わせてくれますので、状況がわかり安心です。 ハローワークは公的な機関ですので、雇用手当などの受給はもちろんの事、さまざまな手当や補助金などの相談にものってもらえます。 他にも、新たなキャリア作成のために都道府県の職業能力開発校、や民間の教育訓練機関での職業訓練などを受ける事が可能です。

転職サイトのメリット

転職サイトの大きな特徴として、様々な職業に特化したサイトが存在することがあります。 業種も医師、看護師、薬剤師、介護職・介護士などの医療関係、保育士、税理士・会計士などの他、WEBデザイナー、エンジニアなど様々です。今の職業の経歴を活かしたい、スキルを活かしたい…などの方向性がはっきりしている方には特におススメです。 各業界の事情や就職状況について知識のあるアドバイサーがついてくれますので、専門的な事も相談することができます。他にも、条件を登録してしまえば、条件にあった求人案件をメールで受け取ることができるなど、在職しながらの転職活動を行うにも便利なサービスが整っています。 転職サイトは「リクナビNEXT」が最大手なので、まずはここから登録すると良いでしょう。

自分の状況に合わせて賢く使い分ける

自分の状況に合わせて賢く使い分ける

ハローワークと転職サイト、それぞれに特徴があるのがお分かり頂けましたか?自分の状況に合わせて使い分ける、というスタンスが良いですね。 育児、出産で仕事から遠ざかっていたけれど、久しぶりに働いてみたい…と言う場合はハローワークで、近隣の企業を探してもいいですし、ITエンジニアで、スキルアップや給料アップを目指して転職をしたい場合に専門転職サイトを使うという事もできます。 リストラでハローワーク雇用保険を受給しつつ、転職サイトで仕事を探すといった使い方もできるでしょう。まずは「リクナビNEXT」の登録から始めましょう。

ハローワーク相談窓口の活用方法

ハローワーク相談窓口の活用方法

ハローワークや転職サイトの相談窓口は積極的に利用しましょう。転職のための場所だから…と利用をためらうのはマイナスです。 リストラされた場合など、辞めるまでの間にハローワークや転職サイトに登録しておくことで転職活動をスムーズに進める事ができます。在職中に転職活動をする事は違法な事ではありません。(仕事に差し支えない、といった配慮はもちろん必要です) ハローワークには、土曜や平日の夜にも開所している所もありますので、仕事が休みの日や有給休暇の消化日などを利用して活動してみましょう。転職サイトからの求人案件メールなどは仕事のスキマ時間に確認する事ができるので便利です。 雇用保険の受給や転職活動中の生活面での不安点、メンタル面での問題など、相談に乗ってもらえるので、転職活動を楽に進める事ができます。 例えば、「雇用保険の手当の受給期間が終わってしまったが、職が決まらない」「新しい職業を目指すために職業訓練を受けたいが生活が困った」などといった悩みも相談できます。

まずは求人検索をしてみるだけでもOK

求人サイトもハローワークもインターネットでの仕事検索は登録をしなくても可能です。 どんな求人があるのか、を見てみるだけでも、転職活動に具体的なイメージが湧いてくると思いますので、年収や働く場所、職種を変えてみるなど、条件を変えて試しに検索してみましょう。 興味がわいたら、まずは「リクナビNEXT」に登録してみてください。適職診断などのコンテンツも充実しています。

知っておくと良い手当や補助金制度5つ

知っておくと良い手当や補助金制度5つ

転職活動の時期には時間とともにお金がかかる事もあります。それは、住居や食費などの生活費であったり、面接の為の交通費であったり、と様々です。 知っておくと良い手当や補助金について調べてみました。

1:再就職手当

雇用保険の給付を受けている人が受け取ることができる日数の1/3以上を残して安定した就職をすることができた場合に受け取ることができる手当です。 早期に就職するほど、もらえる額も大きくなります。

2:就業促進定着手当

再就職手当の支給を受けた人がその再就職先に引き続いて6か月以上雇用された場合に適用される手当です。 6か月間の再就職先の賃金が以前の職場の賃金に比べて低下した場合に支給される手当です

3:就業手当

3:就業手当

失業中に再就職手当の支給対象とはならない職業に就いた場合(1年以内のアルバイトなど)その就業日ごと手当の支給を受けることができます。 またそのアルバイトなどが安定した職業になった場合には再就職手当の支給対象となる場合があります。

4:求職者支援訓練受講手当

雇用保険の支給日数を使い切ってしまった、雇用保険の受給資格がない…元の状態でも受けられる就職訓練に求職者支援訓練というものがあるのですが、その訓練の受講期間中に 通所手当として月10万円の支給を受けることができます。

5:Uターン・Iターン就職奨励金

人口の過疎化などに悩む地方の自治体などで実施されていることがある制度で、故郷に戻り就職する人(U ターン)や他府県の都市部などからあなたに就職する人(Iターン)などの就職をする人に対して支給されます。 就職先の市町村などに確認してみると良いでしょう。

他にも役立つ補助制度

他にも生活費の一時貸付や、国民年金保険料の免除制度、国民健康保険料の軽減などの措置もあります。 転職活動時、生活全般などで何か困ったことがあればハローワークに相談してみるのも良いでしょう。

ハローワークを活用して転職を成功させよう

この記事のまとめ
  • ハローワーク・転職サイトどちらも今はインターネットで情報が見れる
  • ハローワークは雇用手当など、さまざまな補助金の相談にも乗ってもらえる
  • 転職サイトはアドバイザーがつき、より専門的な案件を紹介してもらうことができる

いかがでしたか?ハローワークで転職するための手続きや転職サイト、役立つ手当などについてまとめてみました。転職サイトもハローワークもそれぞれ特徴があり、自分に合った使い方をする事で、良い転職に役立てる事ができます。 転職前の心構えや書類、生活費用などの準備から、職場探しの方向性などのアドバイス、業界の情報まで上手く利用する事でストレスなく次の仕事に就くことができるでしょう。 自分の事を知るために、適正テストを受けてみるのも良いでしょうし、窓口の担当者などへ聞いてみるのも良いでしょう。まずは「リクナビNEXT」に登録し、募集を検索してみましょう。 より積極的に転職活動をする場合は、非公開求人を持っている転職エージェントがおすすめです。エージェントについては、おすすめエージェントランキングなどを参考にしてみてください。

関連タグ

アクセスランキング