IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

仕事が見つからない人がまずやるべきこと・仕事の探し方・ハローワークやサイトの活用方法

マネジメント

こんなにも一生懸命に職を探しているのに自分にぴったりの求人が見つからない!もしくはいくつか面接は受けているのになかなか採用されない!など仕事が見つからず不安になる人もいるかと思います。仕事が見つからない人がまずやるべきことを紹介します。

更新日時:

なぜ仕事が見つからないのか?

なかなか仕事が見つからない原因は、行動が起こせていない、やりたいと思う仕事が見つからない、スキルがない、求める条件が高すぎる、などいろいろなケースが考えられます。まずは、仕事が見つからない理由を考えましょう。仕事が見つからない原因がわかれば、改善方法が見え、仕事が見つかるはずです。

仕事が見つからない人がまずやるべきこと

仕事が見つからずどうしていいのか分からない、という人は仕事が見つからない理由を明らかにして、実際に行動に移す必要があります。とりあえず何をすれば良いのか紹介します。

①転職サイトを活用する

仕事が見つからない場合の職の探し方として転職サイトに登録することも、仕事を探す有効な手段のひとつです。転職サイトに登録すると、自分のスキルに合った会社を紹介してもらうことができます。前職までのスキルや経験と資格の有無によって、自分の希望に近い会社をピックアップしてくれます。 しかも採用できるまでバックアップ体制も整っていることが多いので、何度でも挑戦することができます。面接のテクニックや履歴書の書き方まで、サポートしてくれる会社もあります。仕事が見つからない人や自分のスキルを活かすために転職したいと考えている人は、転職サイトを利用して希望の会社への転職を成功させましょう。

②ハローワークに相談する

仕事を探す時に重宝するのはハローワークです。ハローワークはどんな条件でも、仕事を探すことができます。自分はスキルや資格が全くないという人は、自分で会社にアピールすることは難しいでしょう。 しかしハローワークならば自分のスキルや経験を入力することで、その条件に合った仕事を紹介してもらうことができます。特に年齢が高くなるにつれて仕事の求人は減ってくるものですが、ハローワークならば年齢も気にすることなく仕事が探せます。 相談できる職員の人も常時待機しているので、自分のやりたい仕事を伝えて、条件に合った仕事を紹介してもらうことができます。ハローワークは誰でも気軽に相談できる場所なので、自分の条件に合った仕事を紹介してもらいましょう。

職業訓練校での勉強を検討する

ハローワークの活用方法として、職業訓練校で勉強することも考えてみましょう。 条件によって職業訓練校に入ることができますが、いろいろな資格を取得するための勉強が受けられます。 就活では資格がある方が有利に働くことが多いので、資格を持っていない人や、やりたい仕事が資格が必要ならば、職業訓練校での勉強を考えてみましょう。 ハローワークを活用して資格を取得できれば、なかなか仕事がみつからないからといって妥協せず、自分の希望に近い仕事に就く可能性も高くなるでしょう。

仕事が見つからない人が心がけるべきこと

転職サイトに登録したから、ハローワークに行ったからといって、仕事が見つかるわけではありません。転職サイトに登録し、いざ就活を進めるという時に心がけるべきことを、 やるべきことを以下に示します。

[1] 行動範囲を広げて視野を広く持つ

仕事が見つからない時には、自分の行動範囲を広げてみることが大切です。人間は毎日同じことを繰り返しがちで、いつの間にか習慣化してしまいます。その結果、自分の思考力が固まってしまったり、新たな刺激を受けることも少なくなってしまいます。 安定した生活を望む人は習慣化することは良いことですが、普段の生活を一変させたい人にとっては、新たな刺激が必要になります。そこで普段はしないような行動をすることで、新たな刺激と体験をしてみましょう。今までやりたい仕事が見つからない、見つけられない人にとって、初め体験することはすべてが新鮮に映るはずです。行動範囲を広げることによって、今まで思わなかったことを感じることができるかもしれません。 仕事が見つからない人はだんだんとネガティブになりがちなので、負のオーラが出てしまうと余計採用されにくくなってしまいます。新たな思考力と体験によって新鮮な気持ちでいることによって、ネガティブ思考も無くなります。相手に好印象を与えられれば、採用される確率も上がるかもしれません。

[2] どんな仕事がやりたいのか具体的に決める

仕事が見つからない人は、具体的に自分だどんな仕事をしたいのか、明確に決まっていない人が多いです。とりあえず働く場所があればいいと中途半端な気持ちでいては、採用する方からも見透かされてしまうでしょう。 自分が本気になってやりたい仕事があれば、必死で採用してほしいとアピールするはず。 企業側もやる気のある人を採用したいと思っているので、いかにやる気をアピールするかが大切です。そのためにも自分がやりたい仕事を具体的に決めることによって、仕事への本気度を高めることができます。 やりたくもない仕事を必死でやりたいとアピールしても、長くは続けられないでしょう。 仕事をするなら自分がやりたいと思える仕事を探すことで、高いモチベーションを維持しながら仕事探しをすることができます。

[3] 資格の勉強をする

仕事が見つからない時は自分のスキルを磨くために、資格の勉強をしましょう。 中途採用では即戦力を求められることが多く、経験や知識は重要な採用基準のひとつです。自分が就職する時に何も知識や経験がなければ、なかなか仕事を見つけることが難しいでしょう。 そのため少しでも自分を良く見せるために、スキルアップのため資格の勉強をすることは有効な手段です。自分がやりたい業界や仕事があれば、それに関係する資格の勉強をしましょう。資格は採用されてから必ず必要とされるので、早めに勉強しておけば就活にも有利に働きます。 資格の勉強は数か月は掛かるものばかりですが、仕事が見つからない人にとっては就活でアピールできるので、資格の勉強をしておきましょう。

[4] 働くための条件を下げることも考える

仕事が見つからない人は、思っているよりも世間は厳しいのかもしれません。 やりたい仕事や条件は人によって違いますが、年齢や経験によっては就職が厳しくなることも多々あります。特に年齢によっては採用自体が厳しくなることも多いのが現実です。 自分ではできると思っていても、採用者からすればできるだけ若い人材が欲しいと思っているかもしれません。 企業によって採用条件は違いますが、仕事が見つからない時にはできるだけ、ハードルを下げてみましょう。自分のハードルを下げることによって、今までは考えていなかったような仕事が見つかるかもしれません。給料や休みなどの労働条件のハードルを下げるだけでも、働ける会社を見つけられる可能性は高くなります。

[5] 積極的に面接を受けに行く

仕事を見つけるには転職情報誌を見て、積極的に行動することが大切です。 企業によって採用条件は違うものです。100社があればそれぞれ採用基準が違うので、どこか1社でも受け入れてくれる会社が見つかるかもしれません。 逆に採用された人が他の会社を受けたとしても、採用されるかどうかは分かりません。それほど採用基準は会社によって違うものです。会社によっては即戦力が欲しいと思っていたり、とにかくやる気のある人を採用したいと思っているかもしれません。 企業側の状況やタイミングによって、採用か不採用の基準が変わることがあります。そのためできるだけ数多く面接を受けることで、採用条件に合った会社を見つけることができるかもしれません。仕事が見つからないと悩んでいるなら、タイミングが悪かっただけだと頭を切り替えて、できるだけ多くの会社に面接しに行くようにしましょう。

[6] 初心に帰って仕事への情熱を前面にアピールする

仕事が見つからないとだんだんとネガティブになってしまい、仕事に対しての情熱もだんだんと薄れてしまう可能性もあります。だんだんと働ければどこでもいいという考えになり、仕事へのやる気よりも、給料がもらえればいいと思ってしまいます。 そんな考え方では企業側も雇いたくはないですよね。企業としては少しでもやる気のある人を採用したいと考えていますし、そのための採用試験をしているのです。やる気がない人が受ければ、すぐに相手に見透かされてしまいます。 採用されるためには初心に戻って、仕事への情熱を積極的にアピールしましょう。スキルや経験が無くても、やる気のある人を採用したいと考えている会社はたくさんあるものです。

[7] 友人やかつての仕事仲間に相談する

仕事を探す方法としては転職情報誌から情報を得るのが一般的ですが、知人などを頼って相談してみるのも考えましょう。知人やかつての仕事仲間ならば相談はしやすいはず。友人ならば採用条件が厳しくても、とりあえず仕事をさせてくれることもありますし、仕事を紹介してくれるかもしれません。 困った時に助けてくれる知人がいれば、頼ってみるのもひとつの方法です。仕事を探す方法に正解はありません。仕事が無くて困っている時は、どんな方法でも試してみましょう。

関連タグ

アクセスランキング