IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【業界研究】駐車場業界の現状・動向・課題について

更新日:2020年02月13日

就活の業界・企業研究

駐車場業とは、主として自動車の駐車のための場所を賃貸する事業のことを指します。土地あるいは建物内に自動車を停めるスペースを確保して、利用者とのあいだに賃貸借契約を結んでそのスペースを提供することにより収益を得るというのが、そのビジネスモデルです。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

業界の現状

駐車場業とは何か

駐車場業とは、主として自動車の駐車のための場所を賃貸する事業のことを指します。土地あるいは建物内に自動車を停めるスペースを確保して、利用者とのあいだに賃貸借契約を結んでそのスペースを提供することにより収益を得るというのが、そのビジネスモデルです。

1957年に日本で初めて都市機能の維持増進を目的とした「駐車場法」制定され、これに基づいて各地方公共団体条例が整備されたことにより、駐車場は法的に存在を認められました。

そして、自動車の需要増加にともない市街地を中心とした慢性的な駐車場不足が起こり、自分で所有している土地であるならば比較的短期に投下資本を回収できることもあって、駐車場業界は1つのビジネスモデルとして注目を集めるようになったのです。

駐車場の分類

駐車場業界は、 大手企業のパーク24(タイムズ) ナビパーク(スターツアメニティー) 三井のリパーク(三井不動産リアルティ)

などのほか、中小企業、個人事業主という構図になっています。そして、駐車場そのものも運営形態や構造によって分類が可能です。

  • 月決め駐車場:月単位で賃貸借契約を結び利用される駐車場
  • 時間貸駐車場:駐車時間に応じて料金を支払えば利用できる駐車場
  • 併用駐車場:月決め契約と時間貸契約を併用している駐車場

  • 24時間コイン式時間貸駐車場:パークロック(車止め)付きのパーキングメーター方式によるコイン式の時間貸駐車場
  • プレハブ立体駐車場:二段に別れた簡易的な駐車場。遊休土地の暫定利用に有効的
  • 建物式立体駐車場:車の回転半数や駐車効率から最低190坪の敷地面積が必要とされる駐車場
  • 機械式立体駐車場:狭い土地においても設置が可能な駐車場

仕事内容

駐車場業界は、大手企業や中小企業、そして個人事業主と参入者が多様であり、それぞれのケースに応じて仕事内容は変わりますが、大手企業の場合は主に営業職と開発職に分けることができます。

土地の開拓から、マーケティング、そしてその土地のオーナーへの土地活用提案までを行う仕事です。もちろん受注して終わりではなく、開発した駐車場の運営も行います。また、駐車場に関する情報だけではなく、不動産、金融、投資といった知識も必要になります。

駐車場運営に必要なシステム開発を行う仕事です。駐車場の予約や管理のためのシステムはもちろんのこと、ウェブやアプリの開発も行います。スピードや品質も大切ですが、何よりもお客さま目線で使いやすいシステムを作ることが重要になります。

業界の動向

多様化するサービス

駐車場業界の大手による駐車場サービスが多様化しています。

アクセスランキング