IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

退職を撤回することはできる?文書/口頭での退職を撤回する方法

初回公開日:2017年04月20日

更新日:2020年03月03日

記載されている内容は2017年04月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

退職ノウハウ

「もうこんな会社いやだ!退職してやる!」と感情的になってしまい退職願を叩きつけてしまったけどしばらく頭を冷やしてみると早まった考えだった。でも撤回ってできるの?基本的には撤回はできませんが、状況によっては可能なんです。今回はそんな退職の撤回についてです。

退職を撤回するためのポイント

退職を撤回するためのポイント
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

退職を撤回するポイントについて解説していきます。

①最終処理者が誰なのかを把握しておく

会社によっては社長が最終的に退職者の退職の意思を認め、人事部などに書類の作成をお願いしたりなどの最終的な処理をすると思います。 誰が最終的に処理をするのかが分かっていれば先回りして事情を説明して退職の意思を撤回する事が可能です。 会社内で人事決定権のある人がいてその人一人で人を辞めさせる事ができるのならその人に撤回の意思を表明する事で留める事ができるかもしれません。社長に決定権があるのなら社長に退職の撤回を伝えれば退職しなくて済む可能性はあります。

②退職は受理される前に撤回しよう

退職をするという事は最終的に事務的な処理が入ります。健康保険や雇用保険などとも絡んでくるので退職者が出れば会社はそうした処理もしなくてはいけません。 そんな処理が進んでしまうと退職予定者は退職を撤回するどころではなくなってしまいます。そのため退職は最終的に受理され書類を作成される前であれば退職を撤回できるので、急いで退職を撤回しましょう。

③退職を撤回するなら怒られる覚悟で謝る

退職意思が変わったのなら早めに人事決定権のある人や上司に退職の撤回を伝えましょう。その時、迷惑をかけてしまった事をしっかり謝る事です。また怒られる可能性も考え覚悟して謝罪しに行きましょう。退職意思を伝える前と後で事情が変わったならその事をしっかり話しましょう。納得してもらうまで話す事で退職を撤回できる可能性が増えるはずです。

④退職の撤回通知書を作成し提出する

退職の撤回の条件でお話ししたように基本的に受理されてしまうと退職の意思を撤回する事ができなくなってしまいます。受理されるまでであれば撤回は可能だということはお分かり頂けたでしょう。 しかし会社によっては退職の撤回を求めているにもかかわらず頑なに認めず拒否する会社もあります。そのようなトラブルになってしまうのは面倒なはずです。そうならないために退職の撤回が決まった時点で退職の撤回通知書を作成して提出するのです。 こうしておく事でもし退職の撤回をした時に会社側がそれに応じず拒否した場合、撤回通知書を出した時点で退職の撤回の証拠となりますし、退職の承諾を会社側に求める必要がなくなるので後々面倒なトラブルになる事を防ぐことができます。退職の撤回をしたいと思ったらできるだけ早めに退職の撤回通知書を会社に提出しておく事をおすすめします。

退職を撤回するための方法

退職を撤回するための方法
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

退職を撤回するための方法にはどのような物があるのでしょうか。退職を撤回するための方法について解説していきます。

文書での退職撤回方法

退職の撤回には撤回通知書を提出する方法があります。口頭に比べると書類という形に残るので撤回を伝えたはずなのに伝えてないと言われたり等のトラブルに発展する確率を減らす事ができます。また撤回をした時点で会社側に出した退職願や退職願の効力が打ち消されるので会社に退職の承諾を求める必要がなくなりますので、退職を撤回する場合は退職撤回書を提出しましょう。

退職撤回通知書の書き方

退職撤回通知書の書き方
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

関連タグ

アクセスランキング