IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

退職を撤回することはできる?文書/口頭での退職を撤回する方法

初回公開日:2017年04月20日

更新日:2020年03月03日

記載されている内容は2017年04月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

退職ノウハウ

「もうこんな会社いやだ!退職してやる!」と感情的になってしまい退職願を叩きつけてしまったけどしばらく頭を冷やしてみると早まった考えだった。でも撤回ってできるの?基本的には撤回はできませんが、状況によっては可能なんです。今回はそんな退職の撤回についてです。

退職すると宣言していた人が退職意思を撤回して仕事を続けていた

退職すると宣言していた人が退職意思を撤回して仕事を続けていた
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

同じ職場で働いている新人社員がある時、退職の宣言をして退職願を上司に提出していました。しかし彼はその後も仕事を続けていました。話を聞くと退職を撤回してこれからも頑張って働くと言っていました。 よっぽどの覚悟があって退職意思を表明したはずです。しかしそれでも撤回する事ができたのはなぜなのでしょうか。

退職をするためには退職届などの提出をして退職の意思を示す必要がある

退職をするためには「退職したい」という意思を会社の上司に口頭で伝えたり、退職願を提出する必要があります。退職をするためには労働者の退職意思を伝える事が一番に始める事ですよね。これをしないと退職の意思が上司に伝わりませんし、上司も手続きを進める事は始めないでしょう。

基本的に提出した退職願の撤回はできない

退職をするために労働者が会社に提出する退職願ですが、一度提出してしまうと基本的には撤回する事はできません。そのため、退職願を出す時は冷静に考えて提出する必要があるのです。

状況によっては退職を撤回する事は可能

状況によっては退職を撤回する事は可能です。退職を撤回するための条件については以下に解説していきます。

退職を撤回するための条件

退職を撤回するための条件
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

退職を撤回するためにはどのような条件があるのでしょうか。そんな退職を撤回するための条件に付いて解説していきます。

①退職が最終受理される前

退職をするためには会社の中で人を雇ったり、解雇したりする人事決定権のある人によって会社を辞める事を認めてもらう事になります。そんな権限を持った人によって認められてしまうと退職を撤回する事が難しくなるでしょう。 そうなる前であれば上司や人事決定のある人に事情を説明して撤回すれば退職を撤回可能です。

②退職の最終処理がされる前

退職をするには退職の意思を持っている人からの意思表示と人事決定権のある人が退職者予定者が退職する事を認める必要があります。そして認めた事を社長が認める事で最終的には会社が認めた事になります。 社長が退職する事を認めたという事は会社内からも退職予定者が退職する方向で書類を作成したり、健康保険や雇用保険などの手続きもしてしまうでしょう。そうなってしまうと手遅れになってまいます。

③退職の承諾通知をされる前

退職願を提出すると、そこから人事決定権のある人に渡され退職の話が進むでしょう。場合によっては引き止める人もいるかもしれませんが、スムーズに話が進むと受理され、事務処理が行われ、最終的に社長により退職が認められます。 社長が認めたという事は何らかの書類等を渡され退職の意思を承諾した文面の通知がされるはずです。そうした通知が来る前であれば撤回する事が可能なのです。 退職の最終処理が行われる前であれば退職を撤回する事が可能なので、急いで上司に事情を話して撤回をしましょう。

関連タグ

アクセスランキング