IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「引き抜き」での転職とは|引き抜きとヘッドハンティングの違い

初回公開日:2017年09月05日

更新日:2020年05月30日

記載されている内容は2017年09月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

転職ノウハウ

引き抜きという言葉をご存知でしょうか。ビジネスに関わる人であれば誰でも知っている言葉ですが、その詳細の意味はご存知でしょうか。引き抜きとヘッドハンティングなどは意味が混同されがちですが、それぞれに違った意味があります。今回は引き抜きについてご紹介します。

引き抜きの意味や引き抜きでの転職、引き抜きとヘッドハンティングの違いについて紹介しましたが、引き抜きは良くも悪くも様々なところに影響を与えることですので、好条件に目が眩んで安易に転職を決めてしまわないことが大切です。 引き抜きを受けるにしても断るにしてもよく考えてから行うようにしましょう。働く場所によって自分の人生は大きく変わりますので悔いのない選択を心がけましょう。

転職の際に知っておきたいこと

今の仕事を続けていいのか不安に感じる

「仕事は楽だし、楽しいけれど、本当にスキルがついているか不安…」と思われる方も多いのではないでしょうか? じつは、転職の理由として「将来への不安」をあげる人は多く、転職理由としてもポピュラーなものなんです。 「転職すれば解決するのか分からない」「自分に原因があるかも…」 そう考えてしまうあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。 マイナビエージェントなら、あなたの将来のキャリアプランや、習得すべきスキルまで相談にのってくれます。また、あなたのキャリアプランにあった職場の情報やスキルも教えてくれるでしょう。 もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫! まずは無料会員登録してみましょう!

関連タグ

アクセスランキング