IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「引き抜き」での転職とは|引き抜きとヘッドハンティングの違い

転職ノウハウ

引き抜きという言葉をご存知でしょうか。ビジネスに関わる人であれば誰でも知っている言葉ですが、その詳細の意味はご存知でしょうか。引き抜きとヘッドハンティングなどは意味が混同されがちですが、それぞれに違った意味があります。今回は引き抜きについてご紹介します。

更新日時:

引き抜きとは?

引き抜きとは?

ビジネスの世界では日々様々な変動が起こっています。株式市場の変化や消費者市場の変化、新技術の開発など日々変化と進歩を繰り返してビジネスの世界は回っています。 常に多様な変化が起きているビジネスの世界では人材の獲得や成長が難しくもあります。なかなか成長しない人もいればすぐに辞めてしまう人もいて優秀な人材へと成長させていくのは難しいことですが、この問題を解決出来る術が実は存在しています。それが引き抜きです。引き抜きとは一体どのようなものなのでしょうか。

引き抜きの意味は?

そもそも引き抜きにはどのような意味があるのでしょうか。引き抜きとはその言葉の通り、他社から優秀な人材を引き抜く、つまりスカウトして転職させるというものです。 もちろんこれは無理矢理転職させるというわけでは当然なく、その人が現在勤めている企業よりも良い条件などを提示し、お互いに納得した状態で引き抜きが行われます。

「引き抜き」が行われる理由

引き抜きをする側の会社は、会社を発展させる為、即戦力のある優秀な人材を確保したいという理由があります。優秀な人材を他社より見つけることで成長にかかるコストを削減する、あるいは即戦力としてすぐに高い実績を期待して引き抜きが行われることが多いです。

引き抜きでの転職は?メリット・デメリット

引き抜きでの転職は?メリット・デメリット

引き抜きの声がかかるというのはそれだけ能力や実績を他社の人にも認められているということですので嬉しいことでもあります。即戦力として迎え入れられますのでこれまでよりも好条件で働けることも多いですし、責任ある仕事を任される可能性も高いです。 しかし引き抜きによって転職することはそれほど良いことなのでしょうか。実際には引き抜きによる転職にはどのような実態があるのでしょうか。

メリット

キャリアアップした転職ができた

引き抜きによって転職して良かったと思う人は多いです。引き抜きであればより好条件で働くことができ、早くにキャリアアップも可能で若いうちから高い役職に就くということもあります。 能力が認めれているということで満足感もありますし、責任ある仕事を任され仕事に対する充実感も上がりやすいです。そもそも好条件で働くことが出来なければ引き抜きを受ける意味もありませんし、基本的には引き抜きを受けたことで仕事への満足度が増す人は多いです。

デメリット

人間関係が難しい

引き抜きによる転職の難しさとしては人間関係の難しさが考えられます。引き抜きは能力を認められ、即戦力として活躍してほしいから行われるもので、転職後には高い業績が求められます。 しかし誰もがいつでも高い業績を出し続けられるとは限りません。引き抜きで鳴り物入りで転職したにも関わらず、全く鳴かず飛ばずで職場に居づらい思いをする場合もあります。また上手くいった場合でも周囲との温度差があったり、社内の人間関係が上手くいかないこともあります。 また引き抜きは同業界内、業種内で行われることが多く、仕事の場で前会社の人と出くわすこともあります。場合によっては一緒に仕事をすることもあり、そこでも人間関係がギクシャクしやすいです。

引き抜きでなくても、ハイクラスの転職ができる

今の仕事よりもハイレベルな仕事がしたい、キャリアアップしたい、自分の実力をもっと試したい、と思っていても、引き抜きはタイミングよく誰にでも訪れるチャンスではありません。 そんなときには、ハイクラスの求人に特化した転職サービスを使ってみることで、そのチャンスを広げることができます。登録をしておけば、一流の企業からのスカウトがもらえることもあります。

ハイクラスで高収入の仕事がしたい

ハイクラスで高収入の仕事がしたい

今の仕事よりも難しい仕事にチャレンジして高収入を得たい、大手や外資で働いてみたい、という方には「JACリクルートメントの転職コンサルティングサービス」への登録がおすすめです。 プロのキャリアアドバイザーが無料で相談にのってくれて、今のあなたの実力と希望に見合った最適な求人を紹介してくれます。

ハイクラス求人からのスカウトがほしい

ハイクラスでキャリアアップできる求人からのスカウトがほしい、という方には「ハイクラス専門のヘッドハンター|キャリアカーバー」への登録がおすすめです。 登録しておくだけで、非公開求人からのスカウトを受けることもができます。ヘッドハンターに直接相談をすることも可能です。

自分の実力を活かし、即戦力として活躍したい

今すぐ自分の実力を、即戦力としてほかの職場で試してみたい、ベンチャー企業にも興味がある、という方には「即戦力人材のための転職サイト:ビズリーチ」への登録がおすすめです。 とりあえず求人情報だけでも見てみたい、という方におすすめです。

引き抜きとヘッドハンティングの違いは?

引き抜きとヘッドハンティングの違いは?

引き抜きは他社から優秀な人材を文字通り引き抜きことを指します。 ヘッドハンティングも引き抜きと同様に他社から人材を引き抜くという意味がありますが、どのような違いがあるのでしょうか。

役職の違い

引き抜きとヘッドハンティングの大きな違いは引き抜く対象の役職の有無にあります。ヘッドハンティングのヘッドとは企業における上層部や役員、幹部クラスの人のことを指した言葉であり、経営に関わる、あるいは大きな力を及ぼす人材を引き抜くという意味があります。 一方で引き抜きは役職がなく、単に優秀な人材をスカウトするという意味があります。 特別な役職がない場合のスカウトは引き抜き、一定以上の役職に就いていて他社からスカウトがあった場合はヘッドハンティングになります。

「引き抜き」は違法?

「引き抜き」は違法?

引き抜きに違法性はない

結論から言えば引き抜きは違法にはなりません。それは憲法第22条「職業選択の自由」という法律によってどのような職業に就こうとそれを阻まれることがないからです。たとえ自分が転職したことで企業に何らかのダメージがあるとしても職業選択の自由がある以上転職は可能です。 そもそも転職に限らず退職という形で企業を去る場合もありますし、基本的には転職しようが退職しようが問題はありません。ただ当日にいきなり転職、退職を申し出て、そのまま出社しないというのは問題です。きちんと手続きを取った上であれば引き抜きであっても違法となることはありません。

違法になる場合も

基本的には引き抜きによって転職することは違法にはなりませんが、場合によっては違法となってしまうケースがあります。それは個人情報や企業秘密などを持ちだして転職した場合です。 引き抜きであろうとなかろうと個人情報や企業秘密を他社などの外部に持ちだすのはNGです。個人情報保護法などの法律に触れてしまう可能性もありますので注意しましょう。またその企業独自の技術などを持って他社に広めるのもNGです。引き抜き自体に違法性はないもののその後の行動次第によっては違法となってしまう可能性もありますので充分に注意しましょう。

転職の決定は慎重に

引き抜きの意味や引き抜きでの転職、引き抜きとヘッドハンティングの違いや引き抜きの違法性の有無について紹介しましたが、引き抜きは良くも悪くも様々なところに影響を与えることですので、好条件に目が眩んで安易に転職を決めてしまわないことが大切です。 引き抜きを受けるにしても断るにしてもよく考えてから行うようにしましょう。働く場所によって自分の人生は大きく変わりますので悔いのない選択を心がけましょう。

転生の際に知っておきたいこと

関連タグ

アクセスランキング