IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「引き抜き」での転職とは|引き抜きとヘッドハンティングの違い

初回公開日:2017年09月05日

更新日:2020年05月30日

記載されている内容は2017年09月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

転職ノウハウ

引き抜きという言葉をご存知でしょうか。ビジネスに関わる人であれば誰でも知っている言葉ですが、その詳細の意味はご存知でしょうか。引き抜きとヘッドハンティングなどは意味が混同されがちですが、それぞれに違った意味があります。今回は引き抜きについてご紹介します。

今の仕事よりもハイレベルな仕事がしたい、キャリアアップしたい、自分の実力をもっと試したい、と思っていても、引き抜きはタイミングよく誰にでも訪れるチャンスではありません。 そんなときには、ハイクラスの求人に特化した転職サービスを使ってみることで、そのチャンスを広げることができます。登録をしておけば、一流の企業からのスカウトがもらえることもあります。

ハイクラスで高収入の仕事がしたい

今の仕事よりも難しい仕事にチャレンジして高収入を得たい、大手や外資で働いてみたい、という方には「JACリクルートメントの転職コンサルティングサービス」への登録がおすすめです。 プロのキャリアアドバイザーが無料で相談にのってくれて、今のあなたの実力と希望に見合った最適な求人を紹介してくれます。

ハイクラス求人からのスカウトがほしい

ハイクラスでキャリアアップできる求人からのスカウトがほしい、という方には「ハイクラス専門のヘッドハンター|キャリアカーバー」への登録がおすすめです。 登録しておくだけで、非公開求人からのスカウトを受けることもができます。ヘッドハンターに直接相談をすることも可能です。

自分の実力を活かし、即戦力として活躍したい

今すぐ自分の実力を、即戦力としてほかの職場で試してみたい、ベンチャー企業にも興味がある、という方には「即戦力人材のための転職サイト:ビズリーチ」への登録がおすすめです。 とりあえず求人情報だけでも見てみたい、という方におすすめです。

引き抜きとヘッドハンティングの違いは?

引き抜きは他社から優秀な人材を文字通り引き抜くことを指します。 ヘッドハンティングも引き抜きと同様に他社から人材を引き抜くという意味がありますが、どのような違いがあるのでしょうか。

役職の違い

引き抜きとヘッドハンティングの大きな違いは引き抜く対象の役職の有無にあります。ヘッドハンティングのヘッドとは企業における上層部や役員、幹部クラスの人のことを指した言葉であり、経営に関わる、あるいは大きな力を及ぼす人材を引き抜くという意味があります。 一方で引き抜きは役職がなく、単に優秀な人材をスカウトするという意味があります。 特別な役職がない場合のスカウトは引き抜き、一定以上の役職に就いていて他社からスカウトがあった場合はヘッドハンティングになります。

「引き抜き」は違法?

転職の決定は慎重に

関連タグ

アクセスランキング